バイワイヤーアダプター (特許取得済)

BWA-4

スピーカーシステムの端子に発生する逆起電力を低減し音質を改善する。
バイワイヤリング対応のスピーカーはジャンパーを使うとバイワイヤーの意味がなくなり、逆起電力の影響 とケーブル長の不均等で音質と位相特性が劣化してしまいます。BWA-4 の目的は、ジャンパーを排除し、低 域用と高域用のスピーカー端子に均等分配するもので、逆起電力の影響を排除して正確な位相特性を実現さ せます。歪み感や濁りが劇的に減少し、透明感、解像度が高く正確な音像定位になります。鏡面研磨された 黄銅に銀+ロジウムメッキを施した上に− 196°Cの超低温処理を施し導通性を極限まで高め、更にジュラル ミン製キャップにて制振効果も持たせた画期的な構造です。究極の導通特性と制振効果により、導通劣化が 無いばかりか、逆に積極的に音質を向上させる事に成功しました。入力は Y ラグ付きケーブルも接続可能。 高額なジャンパー線とは異なり、真のクオリティ UP が可能になります。
●入力側ケーブル挿入穴:内径 Φ4.3mm ●出力側ケーブル挿入穴:内径 Φ5.9mm ●入力側はYラグも装着可能(Yラグ内径部分Φ8mm以上)

2個一組 10,800円(税別)

  • SHARE:

2007 オーディオ銘機賞

高価なジャンパー線は無意味!

現在、多くのスピーカーがバイワイヤー対応の入力端子を採用しております。これは、ウーファーの振幅運動により低域側から発生する逆起電力が高域側に流れ込んで音質を劣化させるのを防ぐためのもので、本来は2台のパワーアンプで低域側、高域側を別々に駆動するバイアンプ駆動、もしくはアンプ側から2組のスピーカーケーブルで低域側、高域側に別々に繋ぐバイワイヤ接続をするのが正しい接続法なのですが、案外この事実は知られていない事が多いようです。 この事実を知らないため、専門誌までが高域側と低域側をたすき掛けに接続する事を推奨してしまったり、全く無意味な高額なジャンパー線を発売するケーブルメーカーが出てきたりしている訳です。 バイワイヤー対応スピーカーは、ジャンパーを排除し、低域側、高域側別々に2組のスピーカーケーブルを接続するのが正しく、本来のスピーカーの性能を発揮させるものです。 ですが、近年スピーカーケーブルも高額化しており、2組のスピーカーケーブルを買い揃える余裕がない方や、使用しているアンプ側のスピーカー端子が一組しかなく、太いスピーカーケーブルを2組分接続する事が出来ないという方もおられます。 その問題を解決するのがバイワイヤーアダプターBWA-4です。 現在お使いのスピーカーケーブルの先端を30cmほど切り落とし、BWA-4から二股で低域側、高域側に別々に接続し直す事により、純粋なバイワイヤー接続に極めて近い、逆起電力防止効果が得られます。

「BWA-4」による逆起電力減少データ

■「BWA-4」による逆起電力減少データ
50Hz、100Hz、200Hzのトーンバースト信号を再生し、高域側端子に流れ込む逆起電力を測定しました。AがバイワイヤーアダプターBWA-4使用
Bが付属ジャンパー板使用
Cが高級ジャンパー線使用※付属ジャンパー板と高級ジャンパー線は逆起電力の量がほとんど変わりませんが「BWA-4」では劇的に逆起電力が減少します。

音質劣化を招かない究極の導通性能!

スピーカーケーブル途中にアダプターを挿入する事による音質劣化を発生させないため、 BWA-4は極限まで導通性能を高める処置をしております。 素材は導通性の高い鉛レス黄銅にロジウムメッキ処理、ハンダ付けや圧着のような導通性劣化のない金メッキ処理のダブルネジによる確実なケーブル固定方式、更にはマイナス196℃の超低温処理により導通性をより向上させております。

絶縁用チューブも付属

BWA-4は+-の端子が接触しショートないための絶縁チューブが付属しております。 +-の端子の距離が取れずに接触しそうな場合は必ず絶縁チューブを被せてご使用下さい。

音質を向上させる制振構造!

BWA-4は2017S航空レベルアルミ合金製キャップを組み合わせる事により、本体の黄銅との異種金属組み合わせによる制振効果を発揮します。 この制振構造により、スピーカー端子やスピーカーケーブルから伝わる振動を素早く減衰させ更に音質を向上させる事が可能になりました。