LANケーブル

LAN-1.0 Triple C

オーディオ用 LAN ケーブルは、従来の LANケーブルに特殊素材のシールドを追加したものが主流でしたが、LAN-1.0 TripleCは導体にPC-TripleCを新たに導入。

LANプラグは現在最高峰の品質とクオリティのテレガードナー製を採用、絶縁材には比誘電率に優れ超高速伝送スピードを実現するフッ素樹脂、シールドはオーディオ帯域のシールド特性に最も優れ、音質的なキャラクターの発生がない銅箔を採用。

更に最外周には静電気の発生を防ぎ、ダブルシールド効果をもたらすカーボン CSFチューブを装着するなど、真のオーディオグレードと呼べる LANケーブルになります。

1m  38,000円(税抜)
50cm 33,000円(税別)
※10cm単位(1,000円)で長さの特注ができます。

  • SHARE:
LANケーブル

R-AL1

LAN-1.0 Triple Cのノウハウはそのままに価格をおさえたバージョン

・テフロン絶縁
・PC-TripleC 単線導体

1m 18,500円(税抜)
5m 58,500円(税別)
※長さ特注承ります。0.5mあたり¥5,000(税別)

  • SHARE:

全ての技術を注ぎ込んだ、真のオーディオLANケーブル

LAN-1.0 Triple Cは導体にPC-TripleCを新たに導入、LANプラグは現在最高峰の品質とクオリティのテレガードナー製を 採用、 絶縁材には比誘電率に優れ超高速伝送スピードを実現するフッ素樹脂、シールドはオーディオ帯域のシールド特性に最も優れ、音質的な キャラクターの発生がない銅箔を採用、更に最外周には静電気の発生を防ぎ、ダブルシールド効果をもたらすカーボンCSFチューブを装 着するなど、真のオーディオグレードと呼べるLANケーブルになります。

LANケーブルの高音質は、導通特性に優れたケーブル導体素材と絶縁素材に加え、導体同士の緩衝の防 止、高いシールド特性、接点ロスがなくシールド特性にも優れたプラグなど、全ての要素が高い次元で融合して実現します。 現在、これら全ての要素を有しているのはLAN-1.0 Triple C以外にないといっても過言ではありません。

PC-TripleCを採用

世界初のオーディオ専用導体として開発された鍛造製法による夢の新導体PC-TripleCを採用。> PC-TripleC詳細

R-AL1は絶縁材にテフロンを採用

ケーブルの絶縁材は導体以上に伝送特性に影響します。絶縁材の性能は比誘電率で決まります。 比誘電率とは電気の流れを妨げる力を表す値で、この値が小さくなるほど電気の流れを妨げる力が弱まり、伝送スピードが向上すことになります

L一般的なLANケーブルは絶縁材にPVC(塩ビ)やPE(ポリエチレン)などを採用していますが、ACOUSTIC REVIVEではテフロン(フッ素樹脂)を絶縁材に採用しています。比誘電率はPVCで5.6、PEで2.4という値になりますが、テフロンは2.1となり圧倒的な伝送スピードを実現します。

R-AL1では、シールドやシースにも音質的、伝送特性的に有利なものを採用

一般的なLANケーブルではシールドにアルミ箔、シースにはPVC(塩ビ)を採用したものが殆どです。アルミ箔は高周波ノイズの飛び込みには強いもののオーディオ帯域である比較的低い周波数帯のノイズには弱い面があり、音質的な癖が乗りやすい欠点があります。

また、シースに塩ビを採用した場合、比誘電率の悪さから伝送スピードが落ちてしまうばかりでなく、帯電率が悪いため静電気の発生により伝送特性や音質を劣化させてしまいます。ACOUSTIC REVIVEではシールドに銅箔を採用し、オーディオ帯域に影響のあるノイズの飛び込みを防止して癖のない音質を実現します。更にシースには比誘電率に優れたトルマリン含浸のPE(ポリエチレン)を採用し、高い伝送スピードを確保しながら帯電防止効果も実現します。

 

〜実験内容〜
既存ケーブルとACOUSTIC REVIVE製品を使用してダウンロードした際の比較実験

〜内容〜
①既存のケーブルをモデムから直でパソコンに差しダウンロード
②モデム→(入)RLT-1+LAN1.0PA+RLT-1(出)→パソコン 空きポートにRLT-1でダウンロード
※旧LAN-1.0PA、RLI-1使用