掲示板トップページ
メイン
   [02-04. シングルコアケーブルシリーズ]スピーカーケーブル SPC-REFERENCE-TripleC
     SPC-REFERENCE- tripleCを導入しました。
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
ken86
投稿日時: 2018/5/13 1:03
新米
登録日: 2018/2/23
居住地:
投稿: 2
SPC-REFERENCE- tripleCを導入しました。
カナレのケーブルから変更しました。

エージングも進んできましたので投稿します。

まずは低域の沈みこみと解像度の凄さに感心しました。
かなり低いところまで低域が伸びます。

高域もしっかりと伸びきります。
非常にクリアーで澄んだ音色にもかかわらず、芯の太さも素晴らしいです。

アコリバらしく、ストレートでクリア、全帯域にわたって解像度が高く素晴らしいケーブルです。
単線のためケーブルが固く取り回しづらい点
がありますが、非常に良いケーブルだと思います。
ケミ
投稿日時: 2018/5/22 12:11
長老
登録日: 2008/2/17
居住地:
投稿: 819
Re: SPC-REFERENCE- tripleCを導入しました。
ken86さん、こんにちは。ケミといいます。

私はアコリバスピーカーケーブルの線材をOFC → PCOCC-A → PC-Triple Cへと変更してきました。

より線に比べて単線には大きなメリットがあることは経験済みでしたが、その線材による違いも明白で、PCOCC-A < PC-Triple Cです。

そして、絶縁体も大きな影響を及ぼすファクターのひとつです。SPC-REFERENCE- tripleCはフッ素樹脂を採用してますから、他社製品とはひと味もふた味も違うのではないかと推測します。

単線ケーブルは形状を整えるとそのままの状態でいてくれるととらえるといいのかなと思います。

RANZAN
投稿日時: 2018/7/31 16:05
長老
登録日: 2008/2/16
居住地:
投稿: 2049
Re: SPC-REFERENCE- tripleCを導入しました。

ken86 さん
   こんにちは。

>高域もしっかりと伸びきります。
>非常にクリアーで澄んだ音色にもかかわらず、芯の太さも素晴らしいです

“SPC-REFERENCE-triple Cには新素材であるファインメットビーズ(FM)は装備されていませんが、
従来のものに比べ取り回ししやすく、絶縁体にテフロンを採用したことで音質向上は明らかです。
これもアコリバ新技術の賜物だと思うのです。

上級クラスにも劣らない音質向上は見事なものです。



ケミ
投稿日時: 2018/8/1 10:52
長老
登録日: 2008/2/17
居住地:
投稿: 819
Re: SPC-REFERENCE- tripleCを導入しました。
RANZANさん,ken86さん,こんにちは。

RANZANさんより,
“SPC-REFERENCE-triple Cには新素材であるファインメットビーズ(FM)は装備されていませんが、”
とありましたが,以前スピーカーケーブルにファインメットビーズ(FM)を付けてみたらどうなるのかと実験してみましたが,結果は”×”でした。

みなさんのシステムでは効果があるかもしれませんが,何事も試してみないとわかりません。アコリバケーブル類はファインメットビーズ(FM)の装着・脱着が可能ですから,自らで試してみることは楽しいですし,より進化できることにつながるのではないかと思います。

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 

新しい登録ユーザ

隆一 2018/10/16
seiitan 2018/10/11
SDM 2018/10/10
Ikeda 2018/10/10
KMR 2018/10/10
レフュージ 2018/10/2
バカズ 2018/9/28
nuagesm1 2018/9/27
stx 2018/9/20
GNkus 2018/9/4

ログイン


ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

オンライン状況

29 人のユーザが現在オンラインです。 (18 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 29

もっと...