掲示板トップページ
メイン
   [00-06]アナログレコード
     これぞ 国産製 往年アナログの銘機!!
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
RANZAN
投稿日時: 2018/5/1 16:25
長老
登録日: 2008/2/16
居住地:
投稿: 2063
Re: 「想い出に残るレコード」 〜その11〜 シャルル・ミンシュのタクト
皆さん
  こんにちは。

常に情熱的なタクト振りにおいて、その独特で特徴ある長い指揮棒をまるで風車のように振り回す
シーンには、我らミンシュ・ファンとして、忘れることができなかったのです。
それは魅力ある演奏で評判の、シャルル・ミンシュ指揮、ボストン交響楽団のベートーヴェン曲 、
交響曲第五番 ハ単調 「運命」、シューベルト曲 交響曲第八番ロ単調 「未完成」2枚組の優秀
モノラル盤でもあったのです。

「運命」「未完成」といえばクラシックの名曲として、誰からもよく知られ親しまれた作品で、
当時としてもあまりにも有名な曲であることは、現在においても同様です。

指揮者のシャルル・ミンシュはクーゼヴィッキーの後任として、ボストン交響楽団の常任指揮者
となったのです。
それは古典から現代まで幅広いレパートリーを持ち、ベートーヴェン、シューベルトの解釈においても
世界的に定評があったと言われています。
また、世紀の奇蹟“生きた伝説”といわれて、それはあまりにも有名な指揮者 アルトゥロー・
トスカニーニの去った後、その後継者はシャルル・ミンシュであると、確信され注目されていたのです。

熱いシャルル・ミンシュ指揮の演奏を聴くと、その迫力のある骨太で雄大に流れるような伸び伸び感と、
朗々とした演奏に魅了されてしまい、以後この盤を聴くたびに元気と勇気を貰ったのです。
ましてレコードがすり減るまで、毎日のように愛聴したオハコの一枚でもあったのです。
オハコでもう一曲といえば「ベルリォーズ幻想交響曲第4楽章」の地の底から突き上げてくる豪快な
響きも独特で好みでした。

その後もミンシュのタクトが目の前に見えるような情感を思い描いていくとき、圧倒的な迫力で
迫ってくるホールの響きが何ともいえないくらい心に残り、当時まさにミンシュにも「魅せられっぱなし
だったなぁ〜」と、懐かしく想い起こしているのです。

〜 つづく 〜


RANZAN
投稿日時: 2018/5/13 13:41
長老
登録日: 2008/2/16
居住地:
投稿: 2063
Re: 「想い出に残るレコード」 〜その12〜 デモンストレーションレコード

皆さん
  こんにちは。

「 PHILIPS DIGITAL & ANALOGUE RECORDING DEMONSTRATIONS 」

アナログレコード全盛期のクラシック音楽において、それは何といっても音がよく、オーディオマニアを
心から喜ばしてくれる、オーディオ的にも興味深いステレオの音像定位に優れた、サウンドを聴くことに
主眼をおいていたのです。

そのことから、このレコードは当時最新録音テクニックを駆使したもので、Side1,「デジタル・レコーディ
ング」Side2,「アナログ・レコーディング」という、オーディオファンには、このデジタル&アナログ・
レコーディングデモンストレーションということから、興味津々でもあったのです。

また、このレコード盤は非売品限定盤であり、オランダ・フィリップス、オリジナル・カッティングメタル
原盤使用というものでした。
前述しましたように非売品限定盤ということもあって、一般的には購入不可能だったのです。
オーディオ人気の盛り上がりで、当時人気店だった地元オーディオショップが開催した「オーディオ試聴会」に
おいて配布されたものです。幸い試聴会に出席したファンのみが手にすることができたのです。

特に下記のように録音のよい(曲)を選んで、オーディオに関心の深いファンのために作られた、
「デジタル・レコーディング」と「アナログ・レコーディング」の聴き比べという、オーディオファンに興味深い、
一種のオーディオ・デモンストレーション・レコードでもあったのです。

収録内容
Side 1,
1, スターウォーズよりメイン・テーマ  ジョン・ウィリアムズ指揮ボストン・ポップス
2, フニクリ・フニクラ  エドアルド・ミューラー指揮イギリス室内管弦楽団(ホセ・カレーラス
/テノール)
3, 屋根の上のヴァイオリン弾きより  ジョン・ウィリアムズ指揮ボストン・ポップス
4, 展覧会の絵よりバーバ・ヤガーの小屋 コリン・デイヴィス指揮アムステルダム・コンセルト
ヘボウ管弦楽団
5, 交響曲第九番「合唱」より ベルナルト・ハイティンク指揮アムステルダム・コンセルトヘボウ
管弦楽団と合唱団
6, マーラー交響曲第八番「千人の交響曲」より 小沢征爾指揮ボストン交響楽団、タングルウッド
祝祭合唱団

「スターウォーズよりメイン・テーマ」の壮大なSF映画にふさわしい豪華なオーケストレイションが聴き
どころであり、金管の輝かしい響きにも、決してマスクされることのない弦楽器群と打楽器群の明快なリズム
が素晴らしいものです。

交響曲第9番「合唱」(ベートーヴェン)よりでは、細部もかなり明瞭にとらえられていて、そのリアリティと
雰囲気が独唱者の距離感も強調されず、自然なスケール感で、バランスも良く物足りなさも全く感じさせない
ところはさすがです。

交響曲第8番「千人の交響曲」より(マーラー)全曲の交響曲第9番「合唱」をはるかに上回る大編成に
よる、システム再生はこれはもう限界といっていい大音響であり、オーディオ的にもカートリッジ関係が
正しく調整されているか、聴き手のリスナー側が試されるのです。

Side 2,
1, ヴィヴァルディ協奏曲集「四季」第一番「春」より、アルパド・ゲレッツ指揮ソリスト・ロマンド
 アルテュール・グリュミオー(ヴァイオリン)
2, シェラザードより キリル・コンドラシン指揮アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団
3, リスト曲 「エステ荘の噴水より」 アルフレッド・ブレンデル(ピアノ)
4, ストラヴィンスキ「火の鳥」より コリン・ディヴィス指揮アムステルダム・コンセルトヘボウ
5, 大序曲「1812年」よりコリン・ディヴィス指揮ボストン交響楽団
6, グリーンスリーヴズ」より 佐藤豊彦(ルナサンス・リュート)


勿論、これだけの楽団及びメンバーを見るだけで、思わずわくわくしてくるのです。
その目的は再生装置の実力を発揮させることであり、また、同時にそれをテストすることでした。
当時も“オーディオ・テスト・レコード”などの名のもとに、実際耳で音をチェックする数多くの
テスト・レコードが発売されました。

「火の鳥」と「春の祭典」は同じ作曲家のオーケストレーションを、異なった楽団とホールで比較視聴する
のも、さすが粋な計らいです。「火の鳥」の、より立体的で、各楽器の音色の美しさ輝かしさはその
ハーモニー、空間の表現力はより現代的な録音がなされていると、感じるのでした。
コンセルトヘボゥはあくまでも自然な響きが持ち味であり、左右の広がりと奥行きがうまく捉えられた
見事な演奏です。

この盤全体の曲で、一番オーディオ的に気に入ったのは、チャイコフスキー大序曲「1812年」よりで、
これはナポレオンのモスクワ敗退を描いた曲で、そのオーケストラと合唱とオルガンの図太い音と、壮絶な
までの大砲の響きが大編成で表現されていて、そのクライマックス・シーンは大音響の収録を効果的に、
自然な響きとしてとらえられていて、人工的な音の部分が全く感じられなく、オーディオ・テスト的に上手
く活かされているところが、我らリスナーには断然魅了的でもあったのです。
「グリーンスリーヴズ」のルネサンス・リュートのデリケートな音質チェックまで、イメージとして十分
リアルで艶のある音のニュアンスが聴き取れるデモに相応しいものです。

それは、各楽器の音色の美しさと、そのハーモニーの再現性をこの録音は「きちっと捉えているか!」自身の
システムで「どのように聴きとれるか!」その内容は当然音楽的に優れているものでなければならないもので、
リスナーたるもの、音楽を聴く耳の力と心で聴かなければ意味が薄れるもので魅力的でした。

これは、オーディオチェックには必要不可欠であり、オーディオへのサウンドへの魅力と音楽の表現の素晴ら
しさにいっそう誘惑されていくのでした。

「想い出に残るレコード」シリーズ (おわり)



RANZAN
投稿日時: 2018/9/15 13:47
長老
登録日: 2008/2/16
居住地:
投稿: 2063
レコードプレーヤー復活!!

皆さん
  こんにちは。

最近CDの売れ行きが減少する中、針を落とせば往年の懐かしい音質が蘇るのです。

あのプロフッェショナルな設計思想が活きづくDENONは、10年ぶりにシンプルなフォルムながら、
濃密な音に浸ることができるレコードプレーヤー「DP-4000」「DP-450USB」を復活させたのです。
誰にでも使えるようにマニアルとオートの長所を兼ね備えた、それは使い勝手の良さです。

刻まれたレコードの原音を忠実に再生する精度の良さは勿論、レコードをジャケットから取り出し、
丁寧に磨き、タンテーブルに乗せ、スイッチを入れ、静かに回りだすレコードにそっとトーンアームを
下す、この儀式にも似た一通りの動作はドキドキするたまらない瞬間でもあるのです。

その近代的デザインはどこにでもフィットするもので、またUSBメモリーを挿入すればレコードの
音楽を専用のPCソフトに録音することで、デジタル化した音源も楽しむことが可能なのです。



« 1 2 3 4 (5)
スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 

新しい登録ユーザ

うめたろう 2018/11/16
うんばぼ 2018/11/12
土佐ジロー 2018/11/7
ququ 2018/11/7
shosan 2018/11/6
Genk502I 2018/11/6
ほねうま 2018/11/5
hid. 2018/11/3
awp9999 2018/10/30
うーれべ 2018/10/30

ログイン


ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

オンライン状況

30 人のユーザが現在オンラインです。 (23 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 30

もっと...