掲示板トップページ
メイン
   [03-02. AC電源関連] 出川式MDユニット搭載電源ケーブル POWER SENSUAL-MD
     POWER REFERENCE TripleCからのバージョンUP
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
PAKA
投稿日時: 2018/8/31 14:35
長老
登録日: 2008/2/22
居住地: 兵庫県
投稿: 715
POWER REFERENCE TripleCからのバージョンUP
みなさんこんにちは、PAKAです。

先日、私も電源ケーブルに出川式MDユニットを導入することができました。
私の場合は、現用のPOWER REFERENCE TripleCに出川式MDユニットを装着していただくバージョンUPを考えていたのですが、バージョンUP期間中にオーディオが楽しめないこともあって冬くらいの忙しい時期にお願いしようと考えていました。
しかし、7月の終わりにエアコンが突然故障してしまい古かったこともあり買い替えたのですが、この猛暑でエアコンが売れに売れていたようで、工事まで2週間待ちという事態に陥ってしまいました。
こればっかりは仕方ないのですが、この猛暑の中エアコンなしでオーディオ部屋に滞在するのは修行のようなもので、とても音楽を楽しめる環境ではないため工事が終わるまでオーディオは一休みとなってしまいました。
そこで、タダでは転ばないと思い、この期間を利用して出川式MDユニットを装着していただくバージョンUPをお願いさせていただいた、という感じです。

バージョンUP前の電源ケーブルは、旧POWER REFERENCEから導体をTripleCに交換し、あわせてRAS-14を一体化していただいた物で、CDプレーヤーの給電に使用していました。
今回は、その電源ケーブルに更に出川式MDユニットを追加し、この機会に両端プラグも現行のPOWER REFERENCE TripleCに採用されているフルテック製の物に交換していただくという内容です。


Tad13219さんのご投稿でも触れられていますが、バージョンUPが完了して戻ってきてまず驚いたのが、今までのAcoustic Reviveでは見慣れないデザインの高級感のある箱に入っていたことでした。
今後、高級ケーブルシリーズの箱が代わっていくのかもしれませんね。


バージョンUP後の外観はこんな感じです。
出川式MDユニットはもちろんですが、両端のプラグも今までよりも音に良いフルテック製になったことによって、更に高い効果が期待できそうです。


持ってみると、もともと極太な導体に加えて、フレキシブル銅管やカーボンシールドメッシュチューブなどの構造から、しっかりとした重量のある電源ケーブルでしたが、出川式MDユニットが装着されたことによって更にズッシリとした重さになっています。
電源ケーブルが完全にぶら下がっている状態で機器とつないでいる環境では、どこかで支えて重量を分散できるような工夫をした方がよいかもしれません。

早速接続ですが、アンプかCDプレーヤーのどちらに使おうか管理人Kさんに相談したところ、「まずはパワーアンプがおすすめです」というアドバイスをいただいたので、プリメインアンプに使っていた現行のPOWER REFERENCE TripleC+RAS-14をCDプレーヤーに回し、今回バージョンUPを実施した分をプリメインアンプへ接続してみました。
接続に際しては、上記の電源ケーブルの重量を考慮し、出川式MDユニットの部分に強めに荷重がかかるように取回してユニット自体をRCI-3Hで持ち上げて支えるという感じにすると、コンセントや機器のインレットへの重量的な負担をなくすことができました。


肝心の音質ですが、バージョンUP期間もあってその場で比較したわけではありませんが、一聴して以前よりもエネルギー感が向上して厚みのある音になっていると感じました。
また、プラグ交換の効果もあると思いますが、S/Nの大幅な改善と瑞々しさも感じられて余韻も豊かで美しくなっています。
総合的には、よりナチュラルで生々しい方向に進化されたような印象で満足のいく効果が得られました。

いつかCDプレーヤーの電源ケーブルの方にも出川式MDユニットの装着をしてみたいと思いました。
機会がありましたら、みなさんも是非体験されてみてください。
kanoa
投稿日時: 2018/9/16 0:01
長老
登録日: 2016/3/26
居住地:
投稿: 255
Re: POWER REFERENCE TripleCからのバージョンUP
PAKAさん

こんばんは。

PAKAさんもとうとうバージョンアップされたんですね!
私はまだこの効果を体験できていないので、投稿は参考になります。


>バージョンUP前の電源ケーブルは、旧POWER REFERENCEから導体 をTripleCに交換し、あわせてRAS-14を一体化していただいた物 で、CDプレーヤーの給電に使用していました。
 今回は、その電源ケーブルに更に出川式MDユニットを追加し、こ の機会に両端プラグも現行のPOWER REFERENCE TripleCに採用さ れているフルテック製の物に交換していただくという内容です。

こちらでも十分凄そうですけどね(笑)



>Tad13219さんのご投稿でも触れられていますが、バージョンUPが 完了して戻ってきてまず驚いたのが、今までのAcoustic Revive では見慣れないデザインの高級感のある箱に入っていたことでし た。
 今後、高級ケーブルシリーズの箱が代わっていくのかもしれませ んね。

ほんとにしっかりされた箱ですね!!!




>バージョンUP後の外観はこんな感じです。
 出川式MDユニットはもちろんですが、両端のプラグも今までより も音に良いフルテック製になったことによって、更に高い効果が
 期待できそうです。

プラグがシルバーになって益々高級になりましたね。 




>持ってみると、もともと極太な導体に加えて、フレキシブル銅管 やカーボンシールドメッシュチューブなどの構造から、しっかり とした重量のある電源ケーブルでしたが、出川式MDユニットが装 着されたことによって更にズッシリとした重さになっています。
 電源ケーブルが完全にぶら下がっている状態で機器とつないでい る環境では、どこかで支えて重量を分散できるような工夫をした 方がよいかもしれません。

MDユニットが重そうに見えますよね。。。

>早速接続ですが、アンプかCDプレーヤーのどちらに使おうか管理 人Kさんに相談したところ、「まずはパワーアンプがおすすめで す」というアドバイスをいただいたので、プリメインアンプに  使っていた現行のPOWER REFERENCE TripleC+RAS-14をCDプレー  ヤーに回し、今回バージョンUPを実施した分をプリメインアンプ へ接続してみました。
 接続に際しては、上記の電源ケーブルの重量を考慮し、出川式MD ユニットの部分に強めに荷重がかかるように取回してユニット自 体をRCI-3Hで持ち上げて支えるという感じにすると、コンセント や機器のインレットへの重量的な負担をなくすことができまし  た。

ここもどう負担なくしてあげるかそれぞれの環境によって考える所ですね。



>肝心の音質ですが、バージョンUP期間もあってその場で比較した わけではありませんが、一聴して以前よりもエネルギー感が向上 して厚みのある音になっていると感じました。
 また、プラグ交換の効果もあると思いますが、S/Nの大幅な改善 と瑞々しさも感じられて余韻も豊かで美しくなっています。
 総合的には、よりナチュラルで生々しい方向に進化されたような 印象で満足のいく効果が得られました。

 いつかCDプレーヤーの電源ケーブルの方にも出川式MDユニットの 装着をしてみたいと思いました。
 機会がありましたら、みなさんも是非体験されてみてください。

その場での比較ができれば一番よかったですよね
でもアコリバの方向性としては、出川式電源ユニットを搭載しても変わらないという事ですね!少し安心した気もします。(笑)

PAKA
投稿日時: 2018/9/18 10:26
長老
登録日: 2008/2/22
居住地: 兵庫県
投稿: 715
Re: POWER REFERENCE TripleCからのバージョンUP
kanoaさん

こんにちは、PAKAです。
返信をくださりありがとうございます。

確かに、これまで使っていたPOWER REFERENCE TripleCでも十分のクォリティなのは言うまでもなく、オーディオの青天井さは時にこわくなりますね(苦笑)

MDユニットの重さはその必要性からであるとは思うので仕方ありませんが、どこかで重量を支える何らかの考慮が必要であると思います。
今のところ、クォリティを上げながらも支えることのできるRCI-3Hがベストではないかと思います。

MDユニットを装着してもキャラクターが変わってしまうということはなさそうで、個人的には力強さや押し出しなど、パワー感の向上が印象深いです。
kanoa
投稿日時: 2018/10/9 12:17
長老
登録日: 2016/3/26
居住地:
投稿: 255
Re: POWER REFERENCE TripleCからのバージョンUP
PAKAさん

こんにちは。kanoaです。

>確かに、これまで使っていたPOWER REFERENCE TripleCでも十分 のクォリティなのは言うまでもなく、オーディオの青天井さは時 にこわくなりますね(苦笑)

いつかは限界がくるのでしょうかね?(笑)新しい導体がまた新たにでてくるかもしれないし、終わりなき旅は続きそうです(笑)

>MDユニットの重さはその必要性からであるとは思うので仕方あり ませんが、どこかで重量を支える何らかの考慮が必要であると思 います。
 今のところ、クォリティを上げながらも支えることのできるRCI-
 3Hがベストではないかと思います。

ケーブルを支えるのか、ユニットを支えるのか。。ユニットを支えた方がケーブルに負担かからないのかもしれないですね。


>MDユニットを装着してもキャラクターが変わってしまうというこ とはなさそうで、個人的には力強さや押し出しなど、パワー感の 向上が印象深いです。

これは、MDユニット装着位置によってエネルギー感に差はでるのでしょうか?その辺興味あります。
PAKA
投稿日時: 2018/10/18 10:32
長老
登録日: 2008/2/22
居住地: 兵庫県
投稿: 715
Re: POWER REFERENCE TripleCからのバージョンUP
kanoaさん

こんにちは、PAKAです。
返信をくださりありがとうございます。
いつもお返事が遅くて申し訳ありません。


>>ケーブルを支えるのか、ユニットを支えるのか。。ユニットを支えた方がケーブルに負担かからないのかもしれないですね。

MDユニットを支えている場所ですが、私もRCI-3Hを2個使ってMDユニットを挟むようにケーブル部分を支える方法も比較してみたかったのですが、写真にあるベースのヒッコリーボードのスペースの問題でRCI-3Hを2個設置することができず、現状の1個でMDユニットを支える、という形になりました。
我が家では、ケーブルインシュレーターの設置ベースはかなり音質に影響していますので、絨毯や不安定な場所に設置している方は設置ベースを見直すことで更なる音質向上が期待できると思います。
「ケーブルインシュレーターにインシュレーター」みたいになってしまいますが。(笑)


>>MDユニット装着位置によってエネルギー感に差はでるのでしょうか?その辺興味あります。

製品写真や他の方の様子を拝見してもMDユニットはケーブル長の真ん中付近に配置されているので、それが正規の配置場所なのだと思います。
製品説明ではMDユニット内部には特殊形状のマグネットユニットが使用されているらしいので、何かノウハウがあるのかもしれませんね。

ただ、不思議とMDユニットに磁性体の物を近づけても引き寄せられることがなく、このあたりにも技術的な何かがありそうな感じです。

管理人K
投稿日時: 2018/11/2 1:06
管理人
登録日: 2007/12/10
居住地:
投稿: 1660
Re: POWER REFERENCE TripleCからのバージョンUP
PAKAさん、皆様こんばんは。

›ただ、不思議とMDユニットに磁性体の物を近づけても引き寄せられることがなく、このあたりにも技術的な何かがありそうな感じです。

出川式MDユニットは特殊形状のマグネットを多数組み合わせることで無磁界の状態を作り上げると説明されています。
実際に磁界メーターで計測するとケーブル部分よりもMDユニットの部分の方が確実に低い値が計測されます。
磁界の影響が無くなることで電源供給能力が向上し一種のブースター効果が発揮されるとのことですが実際に数値として証明される訳です。
PAKA
投稿日時: 2018/11/6 23:01
長老
登録日: 2008/2/22
居住地: 兵庫県
投稿: 715
Re: POWER REFERENCE TripleCからのバージョンUP
管理人Kさん

返信をくださりありがとうございます。
出川式MDユニットの技術説明、本当はもっと複雑ものなのでしょうが大変興味深いですね。
オーディオ以外の分野でも、何か有効に使える技術なのではないかと感じます。

音質的にも一種のブースター効果が発揮される、ということですが、確かに力強さが増してエネルギー感の向上が特に顕著に感じていましたので、技術的な内容が音の印象どおりで妙に納得してしまいました。
光ちゃん
投稿日時: 2018/11/11 18:58
常連
登録日: 2015/10/14
居住地:
投稿: 51
Re: POWER REFERENCE TripleCからのバージョンUP


PAKAさん、皆さんへ


PAKAさんの素晴らしい出川式MDユニット電源効果とご報告を拝見している内に矢も楯もたまらず、遂に私も導入しました。しかし、その道のりは試行錯誤の繰り返しでした。
長文にてスミマセンが、その顛末をご報告致します。

現在、電源ケーブルはPOWER REFERENCE Triple-C(出川式MDユニットなし)を4本導入しています。先ずはその内の1本に出川式MDユニット装着を依頼したところ、翌週には出来上がり到着しました。(いつもながら速い…!)
効果は、皆さんがおっしゃる通りの激変です。これは…とばかりにそわそわ、4本全てに導入するのが効果的ではないか…と悩み
だしました。

困ったときのKさん頼み、という訳でメールにてご質問。すると意外にも私のセッティングでは2本で充分というご回答。
「先ずは2本で聴いてみて、それでどうしても必要なら貸出制度で借りてからが良いです。」
えっ、なんということ、ユーザーサイドに立った対応?…でも、普通は4本欲しいって言ったら4本売りつけるんじゃないのぉ?

という訳で、2本目を速攻注文しました(品薄なので在庫が確保出来たところを狙い撃ちです!)

この2本という選択は次の通り、ご参考になれば幸いです。
私の電源ケーブル周りでは、(A)壁コンセントが2穴のアコリバ製、(B)電源BOXが6穴のRTP-6absoluteを導入しています。
これに対して7つの装置がフル稼働です。
(1)プリメインアンプ、(2)CDプレーヤー、(3)ハイレゾ用PC、(4)バッテリーリファレンス電源RBR-1、(5)フォノイコ、(6)電源コンディショナ-RPC-1、(7)アース用iPurifier AC
この内、電源ケーブルのPOWER REFERENCE Triple-Cは(1)、(2)、(3)、(A)と(B)を繋ぐケーブルの4本です。




Kさんのご指導による出川式MDユニット着装の選択肢としては、
(ア)2本がベストの場合…壁コンセントがアコリバ製なら(1)を壁コンから出川式MDユニット電源ケーブルでダイレクトに繋ぎ、
  その他(2)〜(7)は電源BOXのRTP-6absoluteから給電する((A)と(B)を繋ぐケーブルを出川式MDユニット着装にする)
(イ)3本がベストの場合…壁コンセントをアコリバ製に替えることが出来ない場合は各装置(1)〜(3)に着装する
  (但し、1本だけでも十分その効果を発揮できる、とのことでした)

今回私は(ア)を選択し、2本の出川式MDユニット着装ケーブルを可能な限りの組合せで試行錯誤を繰返しました。が、結局はKさんのおっしゃる通り、プリメインのみ壁コンセントダイレクト、その他は電源BOXからの給電がベストでした。













次に出川式MDユニットの効果はというと
(1) 突然音量が増えた
(2) 弦楽器バイオリン、チェロの音が木綿から絹に変わった
(3) 余りに音がクリアーになったので、高音がキンキンするような気がして、スピーカー(accordo)の高音を抑えに走った…というものでした。

(1)はその通り、雑味が消えて音像がクリアーアップされたようです。
(2)は凄い効果、コンサートでしか聴けないと思っていた艶やかで嫌な(?)音が聴こえます。
(3)これは今までのスピーカーセッティングが何だったのだろうという事件でした。
  これまた試行錯誤の末、QR8をスピーカー前面の上部と下部に貼ることによりベストポジションが探り当てられました。
恐るべしQR8。
・追って、Kさんからご指導あり!「このスピーカーは、内振りを強めにしてリスニングポジションの少し前で交差するようにすると高音のきつさが抑えられるかもしれません。」
…これは大当たり!さすがとしか言いようがありませんでした。

斯様な訳で、出川式MDユニットは超効果的でした。その反面、本当に効果的な方法(今まで気付かなかったセッティングの欠点
まで)を探り出すことが出来た超優れものでした。

以上、ありがとうございました。
kanoa
投稿日時: 2018/11/16 9:21
長老
登録日: 2016/3/26
居住地:
投稿: 255
Re: POWER REFERENCE TripleCからのバージョンUP
PAKAさん

おはようございます。kanoaです。
返信は遅くても気になさらないでください。私も、掲示板は毎日覗けないので返信が遅くなることがありますし、自分のペースで大丈夫ですよ。

>MDユニットを支えている場所ですが、私もRCI-3Hを2個使ってMDユニットを挟むようにケーブル部分を支える方法も比較してみたかったのですが、写真にあるベースのヒッコリーボードのスペースの問題でRCI-3Hを2個設置することができず、現状の1個でMDユニットを支える、という形になりました。
我が家では、ケーブルインシュレーターの設置ベースはかなり音質に影響していますので、絨毯や不安定な場所に設置している方は設置ベースを見直すことで更なる音質向上が期待できると思います。
「ケーブルインシュレーターにインシュレーター」みたいになってしまいますが。(笑)

という事は、本当であればケーブルで両サイドを支えた方が効果覿面という事になるのでしょうか。確実にインシュレーターはないよりあった方がいいのはわかりますけどね


>製品写真や他の方の様子を拝見してもMDユニットはケーブル長の真ん中付近に配置されているので、それが正規の配置場所なのだと思います。
製品説明ではMDユニット内部には特殊形状のマグネットユニットが使用されているらしいので、何かノウハウがあるのかもしれませんね。

そうですか。部屋の環境によってMDユニットの位置も考えないといけないのかなと思ったので実際に使ってみてKさんに相談するのが良さそうですね!

>ただ、不思議とMDユニットに磁性体の物を近づけても引き寄せられることがなく、このあたりにも技術的な何かがありそうな感じです。

それは不思議ですね。RMF-1のインシュレーターもマグネット使っていてそちらは、反発したりくっついたりしますもんね 笑
磁力の違いなのか、外には漏れないユニットなのか。。興味深いですね。

kanoa
投稿日時: 2018/11/16 9:36
長老
登録日: 2016/3/26
居住地:
投稿: 255
Re: POWER REFERENCE TripleCからのバージョンUP
管理人Kさん

こんにちは。kanoaです。

>出川式MDユニットは特殊形状のマグネットを多数組み合わせることで無磁界の状態を作り上げると説明されています。
実際に磁界メーターで計測するとケーブル部分よりもMDユニットの部分の方が確実に低い値が計測されます。
磁界の影響が無くなることで電源供給能力が向上し一種のブースター効果が発揮されるとのことですが実際に数値として証明される訳です。

磁界メーターで計測された数値はどこで確認できますか?HPを探してみたのですが、見当たらなかったので教えてください。
磁界の影響が及ぼす伝送ロスを回避できるのであれば、他にも使えたりしますか?
(1) 2 »
スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 

新しい登録ユーザ

うめたろう 2018/11/16
うんばぼ 2018/11/12
土佐ジロー 2018/11/7
ququ 2018/11/7
shosan 2018/11/6
Genk502I 2018/11/6
ほねうま 2018/11/5
hid. 2018/11/3
awp9999 2018/10/30
うーれべ 2018/10/30

ログイン


ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

オンライン状況

29 人のユーザが現在オンラインです。 (24 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 29

もっと...