掲示板トップページ
メイン
   [00-06]アナログレコード
     アナログレコード 再燃
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
RANZAN
投稿日時: 2018/6/10 12:30
長老
登録日: 2008/2/16
居住地:
投稿: 2167
アナログレコード 再燃

皆さん
  こんにちは。

地元新聞報道で、またまたアナログレコード人気を伝える記事が下記のように載ったのです。

「レコード人気は本物に!」“16年ぶり100万枚超生産”として、“アナログの音 若者に
支持“と、大きな見出しで掲載されたのです。

CDの普及で一時は衰退したレコードの人気が本格的に回復している。
昨年の生産量は16年ぶりに100万枚を突破、生産額もこの7年で10倍以上となり、
関連業界も盛り上がる。インターネット配信など音楽を楽しむスタイルが多様化知る中、
アナログの温かな音色が人々を引きつける。

4月下旬。、横浜市鶴見区の東洋化成のレコード製造工場。静まり返った構内で、1970年から
受け継がれる機械が黒い原盤に溝を彫る。別の区画では、ずらりと並ぶ緑色のプレス機が
次々とレコード盤を作り出し、職人が丹念に検査していた。
「本当に忙しいが、レコード好きの一人としてうれしい」とこの道30年以上のベテラン
職人は円満の笑みを浮かべる。
東洋化成は全行程を自社で行う世界でも珍しい企業だ。90年代には事業廃止論もあったが、
レコード人気の再燃とともに、ここ5年間は生産量が増え、人員は2倍以上に。
中止されていた新規採用も再開され、ベテラン職人も「若い人に技術を教えていける」と、
後進育成にも力が入る。

日本レコード協会によると、ピークの76年には約2億枚が生産されたが、82年に発売された
CDが手軽さや持ち運びやすさから広がると、主流を奪われ、012009年には約10万枚にも
落ち込んだ。
だが、近年はネット配信などでCDの生産が減少する一方、レコードは増加傾向で、昨年は
約106万3千枚と、01年以来の100万枚超えに。生産額も約10億2千億円と、最低だった
10年の10倍以上にふくらんだ。
「アナログな音やジャケットのデザイン性を新鮮に感じる若者に支持が広がっている」と
協会の担当者。

「アイドルやJポップ歌手がレコードを出し始めたことも要因」と分析する。
この流れに関連業界も攻勢をかける。ソニーミュージックグループは今年、約30年ぶりに
東京と静岡県の拠点でレコードの自社生産を再開。パナソニックも16年、生産中止となって
いた音を響機器ブランド「テクニクス」のレコードプレーヤーを復活させた。宇都宮市の
工場で生産し、売れ行きは好調だという。
東洋化成も毎年4月、世界各地で開催されるイベント「レコード・ストア・デイ」を日本で
運営し、盛り上げに一役買っている。
「聴く人が増えると、レコードを出したいというアーティストも増える。選択肢がたくさん
あることで、表現の幅も広がる」と力を込めた。

上記のニュースを見ると、途端オーディオファンには喜ばしく勇気付けられるのです。



RANZAN
投稿日時: 2018/7/12 15:43
長老
登録日: 2008/2/16
居住地:
投稿: 2167
Re: アナログレコード 再燃

皆さん
  こんにちは。

アナログを再評価する欧米の流れを受け、ここ2〜3年アナログレコードが静かなブームで、
その人気が再燃しているのです。
レコード店の売り場の拡張やイベント開催の動きがあり、アナログ愛好家の需要を掘り起こして
いるのです。

レコード店でもコピーがしにくいアナログは付加価値がつけさすく、幅広い世代のユーザー層、
音楽ファンに認知されるようになったのです。
あるレコード店でもジャズ盤を中心に揃え、レコード市場の盛り上がりに対応しているというのです。

また、関連製品のレコードプレーヤーなども、そのブームに敏感に反応していて、市場動向などを
踏まえ復活させるメーカーもあり、世界中にアナログ音楽の感動を届けたいと、意気込んでいるという
のです。



bird
投稿日時: 2018/7/12 20:55
一人前
登録日: 2015/11/25
居住地:
投稿: 118
Re: アナログレコード 再燃

RANZANさん、こんにちは。

アナログレコード、懐かしいですね。初めて買ったレコードは、ドーナツ盤の泳げたい焼きくんだったかと思います。

本当は、アナログレコードで音楽を聴きたいのですが、置く場所が無く、機材を揃える予算も無いので、CDで我慢しています。

レコードの暖かみのある音は、魅力的ですよね。子供の頃に聴いたビートルズのレコードの音は、今もはっきりと覚えています。

いつか、もっと広い部屋に引っ越したら、アナログレコードデビューしたいものです☺️






RANZAN
投稿日時: 2018/7/14 13:33
長老
登録日: 2008/2/16
居住地:
投稿: 2167
Re: アナログレコード 再燃


bird さん
こんにちは。

>レコードの暖かみのある音は、魅力的ですよね。子供の頃に聴いたビートルズの
>レコードの音は、今もはっきりと覚えています。

そうですよね! アナログはCDにはない温かみがあリ、その音は「まさに血が通っているって!」感じです。

>いつか、もっと広い部屋に引っ越したら、アナログレコードデビューしたいものです。

ここは焦らず 余裕をもってチャレンジしていきましょう。



RANZAN
投稿日時: 2019/1/6 13:28
長老
登録日: 2008/2/16
居住地:
投稿: 2167
Re: アナログレコード 再燃

皆さん
  こんにちは。

近年のアナログレコード熱の再発の勢いには驚かされます。

テクニクス、ヤマハ その他のオーディオメーカーのアナログプレーヤーへの力の入れようが
半端じゃないところ、それは感動的だということがよく判断できるのです。

前出の2社の製品に関し高級志向が強く打ち出されていて、復刻というイメージが強いようですが、
内部の細かな改良点(レコードプレーヤーとしては珍しく、XLRバランス出力端子を装備)と、その
先進技術を取り入れた、妥協のない独自の技術が活かされた製品であるということがよく判断できる
のです。



RANZAN
投稿日時: 2019/2/24 15:24
長老
登録日: 2008/2/16
居住地:
投稿: 2167
Re: アナログレコード 再燃

皆さん
  こんにちは。

次世代ハイレゾ音源がアナログレコードに比べて優位なのは、ノイズのないクリアな音だというだけで、
親密な空間で聴いているかのようなイメージを与えてくれる深い奥行き繊細さの感じられる響きは、
現在のところアナログレコードを超えることは無いだろうと予測するのです。

それには最近レコードの売行き好調なため、カッティング生産量UPに加え、そのアナログ熱の再発で
プレーヤーの売れ行きも好調のようです。
特に台数限定としての高級機となれば、即完売となるくらい人気のようです。

そのことで各社の熱の入れようも真剣そのもので、好調なハイエンドモデルの登場にしても、クオリティ性の高い
高級プレーヤーの売れ行きが順調に伸びているようです。

また最新装備を搭載されるのも、今までにない音質重視のXLRバランス出力端子を装備されたものが登場
することで、ファン層を拡大しそのことは新鮮であり音質を重視した、マニア受けするプレーヤーの登場を
歓迎されるのも無理からぬことです。

アナログプレーヤー復活!  喜ばしいことです。



marchan
投稿日時: 2019/2/25 8:24
一人前
登録日: 2008/5/9
居住地:
投稿: 97
Re: アナログレコード 再燃
RANZANさん、皆様こんにちはmarchanです。
アナログLPが現代の若者に再評価されている記事や、アナログLPの新規発売の記事が見られるようになり大学生の頃より聴き続けているアナログLP愛好家として大変喜ばしい事です。
又、アナログプレアーの新規発売(テク二クス、ヤマハ等より発売or発売告知が話題になっている。)も喜ばしい事と思っています。
私が本格的にオーディオを始めたのが昭和40年位ですので、はや約55年になります。その間CDやSACD等の登場がありましたが、現在でも我が家では、アナログLPがメインソースになって
います。LPレコードも1,000枚を越え、洗浄したり、静電気対策したり大変ですが手をかける事が音質に反映するので苦にはなりません。
CD&SACD盤も600枚位所有していますが、アナログLPに比べてノイズの無いクリアーさでは優れているものの繊細さ、温かみ、澄み切った高域の伸びでは負けていると感じています。
LPプレアー、カートリッジも色々使用してきましたが、現在は、ロートル(昭和45年頃当時のヂィ−ラー河村電気研究所より購入[製造No:15191]の50年生)のEMT #927Dst(Phonoアンプ内臓)と近代プレーアーのLINN KLIMAX LP-12(PhonoアンプA社C-27使用)の2台で聴いています。
CD、SACDの音以上に音楽表現、感動を覚えるのはやはりアナログLPだと個人的には思っています。
アナログレコード再燃! 万歳です。高音質LP盤の今後の登場に期待したいです。




EMT927Dst外観 再掲(除電ブラシ使用)
カートリッジ:TSD-15SFL,JSD-6inJshell
PhonoAmp:#155st/#153st











JSD-6inJ-shell
JSD-6カートリッジをJ-Shellに取付け、高さとオーバーハングをTSD-15に合わせEMTアーム専用に開発されたもの、重量バランスのみ合わせる必要あり。[針圧:2.35g、カートリッジ出力はリード線直出しでJ-Shell端子に直付け]





















LINN KLIMAX LP-12外観 再掲(除電器使用)
カートリッジ:LINN KRYSTAL
Phono AMP:A社 C-27

RANZAN
投稿日時: 2019/2/26 13:24
長老
登録日: 2008/2/16
居住地:
投稿: 2167
Re: アナログレコード 再燃

Marchan さん
  こんにちは。

大学生の頃から55年という長きにわたり愛好しておられ、アナログレコード所有(1000枚)と、そして愛機もまた
EMT927Dst及びKLIMAX LP-12という羨ましい使用状況は、さすがアナログマニアの意思の強いことが判断でき
るようです。

アナログの恐ろしいほどの「空気感」は、マスターテープの音質を限りなく忠実に再現し、ダイナミックレンジの
広いスケール感も断然魅力なのです。
高音質なレコードも登場し、好みの音のカートリッジで聴けるのも魅力ですね。

そして、Marchan さんのソフトの手入れとその行き届いた対策も、マニアのお手本となることでしょう。

おっしゃるようにSACD 以上の細かな音楽表現力は、アナログ以外では困難でしょう。



スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 

新しい登録ユーザ

chibi 2019/3/22
ぼんみか 2019/3/20
みみずく 2019/3/20
ぴょん吉 2019/3/14
TU 2019/3/13
inak 2019/3/7
kt90jp 2019/3/7
urbandoc 2019/3/7
GPP 2019/3/7
nkn 2019/3/7

ログイン


ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

オンライン状況

27 人のユーザが現在オンラインです。 (18 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 27

もっと...