掲示板トップページ
メイン
   [00-01]ACOUSTIC REVIVE全般
     いきものがかりのツアーにACOUSTIC REVIVEさん製品採用!!
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
モリア1
投稿日時: 2019/3/13 21:36
長老
登録日: 2014/10/27
居住地:
投稿: 174
いきものがかりのツアーにACOUSTIC REVIVEさん製品採用!!
いきものがかりのツアーにACOUSTIC REVIVEさんのケーブル等々が使用されているみたいです。ツイッターに載ってました。
電源周りからシールド、低周波発生装置や拡散パネルまで、とことんまで音響に拘った環境となっているそうです。





2017年には、葉加瀬太郎のコンサートをサポート、電源ケーブルや電源BOX、電源コンディショナー、マイクケーブル、ケーブルインシュレーター、低周波発生装置が使用されたそうですが、2018年のコンサートでは更に、新たにライヴPAに採用されたのはルームチューニングWS-1とRWL-3、ギターやベース、キーボード、マニュピレーターなどのシールド(ケーブル)、更にはチェロのためのヒッコリーボードRHB-20の大型版が使用されたそうです。

葉加瀬太郎さんのコンサーPAにACOUSTIC REVIVEが全面採用されました
https://acousticrevive.jp/xoops/modules/newbb/viewtopic.php?viewmode=flat&topic_id=4643&forum=26




著名なミュージシャンンのコンサートにACOUSTIC REVIVEさん製品がどんどん使用されて、素晴らしい音のコンサートが益々増えればいいですよね。
口伝でどんどんミュージシャンに広まっていくといいですよネ。
録音もACOUSTIC REVIVEさん製品が、益々使用されて、オーディオ・ファイルを唸らせて欲しいですよね。

ACOUSTIC REVIVEさんの、益々の発展を祈念しております。
管理人K
投稿日時: 2019/3/18 2:40
管理人
登録日: 2007/12/10
居住地:
投稿: 1701
Re: いきものがかりのツアーにACOUSTIC REVIVEさん製品採用!!
モリア1さん、皆様

いきものがたりのツアーでのACOUSTIC REVIVE使用レポートはツアー開始次第させて頂きます。

今回のいきものがかりのツアーでのACOUSTIC REVIVE採用は2月3日にCOTTON CLUBで行われたTHE BLUE SESSIONS Vol.6における成功がきっかけでした。
https://www.blue-sessions.com/

藤巻亮太さんのヴォーカルマイクにはXLR-TripleC-FM



















藤巻亮太さんのアコギのギターシールドにはGB-TripleC-FM



















エレキギターにもGB-TripleC-FM



















ベースにもGB-TripleC-FM



















ドラムの背後にはRWL-3(黒特注品)



















エレピにはUSBターミネーターRUT-1とLANターミネーターRLT-1でUSBとLAN回路のノイズ対策をして劇的な音色改善!



















PAの主要ラインにはファインメットノイズサプレッサーFNS-XLRでノイズ除去!



















ステージ上の電源経路に電源コンディショナーRPC-1で高周波ノイズを強力にカット!



















メイン卓と中継卓周辺にはRR-777を使用






































藤巻亮太さんを始め全てのミュージシャンに大好評を得ました!



















葉加瀬太郎さんのツアーから始まったACOUSTIC REVIVE製品のライヴでの採用。
通常、時間に追われる大型ライヴにてこのように引き回しの大変なオーディオケーブルやセッティングに手間のかかるオーディオアクセサリーが採用されることはありませんので異例中の異例といっても過言でありません。
では何故そこまでしてACOUSTIC REVIVEがライヴで使用されるのか?
それは歪みやノイズの除去によってリスナーの聴き心地が良くなることはもちろんですが、なによりも大きいのはACOUSTIC REVIVEを使用することで初めてミュージシャンの求める音が出現するからです。
これまでどうしても表現し切れなかった演奏の意図や細かいニュアンスがACOUSTIC REVIVEによって克明に再現されるからです。
これはACOUSTIC REVIVEが音の邪魔になる余計なものだけを取り除き、決して色付けを加えないからこそ実現するものです。
他のオーディオケーブルのような色付けや極端な帯域バランスの変化では一流ミュージシャンの演奏に使われることはありません。

これはオーディオにおいても全く同じことが言えますよね。
そのことをもう一度考えて頂ければ幸いです。
スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 

新しい登録ユーザ

chibi 2019/3/22
ぼんみか 2019/3/20
みみずく 2019/3/20
ぴょん吉 2019/3/14
TU 2019/3/13
inak 2019/3/7
kt90jp 2019/3/7
urbandoc 2019/3/7
GPP 2019/3/7
nkn 2019/3/7

ログイン


ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

オンライン状況

27 人のユーザが現在オンラインです。 (21 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 27

もっと...