掲示板トップページ
メイン
   [04-01. アンダーボード]エアーフローティングボード RAF-48H
     RAF-48H導入記(追記)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
メリメロ
投稿日時: 2019/5/31 9:33
新米
登録日: 2019/5/14
居住地:
投稿: 6
RAF-48H導入記(追記)
導入記を書いてからまだ一週間経過しませんが、改めて新参者、新米であることを思い知らされました。

RAF-48Fにしても、RST-38Hにしても電源ボックスの下に入れたほうが、アンプなどの下に入れるよりも効果が大きいと書かれたブログの記憶があり、試してみました。驚きました。ベテランの方々はそんなことは当たり前と仰るかもしれませんが、自分にとっては、世の中にこんなことがあるのかと思うほど、最大級の驚き(という表現では足りないくらいの驚き)でした。

若き日のバレンボイムがイギリス室内管弦楽団を指揮しみずからピアノを弾いているモーツァルトのピアノ協奏曲全集のLP(1970年代の録音、東芝EMI)を続けて聞いていたのですが、ピアノの音が何とも色気のあるみずみずしい響きに包まれ、弦楽器および木管とのやりとりの息づかいがすぐそこに感じられます。耳をすませて自分のほうから聞きにゆこうと努力する必要などまったくなく、向こうの方から自然にやってきます。音の響きの中に自分が自然とおかれている感じです。ある程度そんなつもりでこれまでも聞いていたのですが、ボードを入れ替えた瞬間にすぐにあたりの空気が、「いったい何なのだ、これは」と思うほどに変化しました。細やかな微細な音の変化、ピアニシモの単音の風情、最終楽章のエネルギーの流動そのものと化した弦楽器、木管、ピアノの絡み合いなど、きれいな絵というよりも、あるときは静寂のなかに、あるときはダイナミックな波動のなかに完全に包み込まれて、LPを聞いているはずなのに、そのことを完全に忘れてしまっている自分がいます。

前回の導入記では、PC Audioの下にRAF-48Hを入れてみて驚いたことをご報告しましたが、今回はこれをアナログ・プレーヤーの下に入れて、電源周りを少し整理し、一番よい位置にRST-38Hを置き、その上にYTP-6Rなどを置いてみたわけです。

前回の導入記にも記したジェルヴェーズ・ペイエのクラリネット(1964年の録音と思われます)がK581とK498では録音のせいなのか、後者が少しきつく聞こえるというのは、やはりその通りで、同時期の録音でもマイクのセッティングなどの条件で違いが出て来るのではないかという印象が強まりました。今回の条件で聞くと、きつさは残るのですが、これはやはりもとのソースにあるものだろうという印象です。

恥ずかしながら制振の問題の大きさを感じ始めたのは最近のことです。それまでは電磁波とか静電気の対策のことを中心にやってきました。他社製の製品ですが、真空管に被せるものとか、ケーブルに巻きつけるものなど試してみて大きな効果が得られ、Acoustic ReviveのボードをRHB-48H、RST-38H、RAF-48Hの順序で無料レンタルお願いし、各一枚を購入ということにつながりました。

使用しているウエスギ真空管アンプもSonus FaberのスピーカーもNotthinghamのアナログプレイヤーもオルトフォンのカートリッジもそれぞれ優れた職人の技を感じさせるものです。RAF-48RおよびRST-38Hもまた、これらに匹敵するような優れた職人の技の追求を感じさせます。オーディオ機器の補助手段としてのアクセサリーではなくて、これ自体が同等の資格をもつものとして扱うべきだと思われます。、繰り返しになりますが、何十年もLPを聞いてきたのに、こんなふうに聞こえるんだと、こんな世界があるのかと不思議な驚きです。

RANZAN
投稿日時: 2019/6/13 15:56
長老
登録日: 2008/2/16
居住地:
投稿: 2332
Re: RAF-48H導入記(追記)

メリメロ さん
   こんにちは。

RAF-48Hを試され、音にスピード感があり素早い立ち上がりと、最新で現代的な
音質を味わっているかのような感触を覚えるのも確かなようです。
それは各楽器の定位感も抜群で明確になり、解像度にも優れた再現性を実現してくれ
でしょう。

当方もRAF-48に交換してからというもの、いくら音量を上げていっても音の崩れはないし、
余裕すら感じられるのです。
ピアノが美しく弾むようにその音楽の流れもスムーズに紡ぎ出されて、解像度が一段と冴え
わたっていくのです。

まさにフローティング効果による透明感や立体感の向上と、朗々とした雄大な低域のダイナミックさに
惚れ込むのです。

これからもRHB-48H、RST-38H、RAF-48Hにおいて、その不思議な音の世界を堪能してください。



メリメロ
投稿日時: 2019/6/16 10:53
新米
登録日: 2019/5/14
居住地:
投稿: 6
Re: RAF-48H導入記(追記)
RANZANさん、フォローありがとうございます。

定位感と解像度、まさしくそのとおりですね。

電源部にRST-38HをアナログプレイヤーにRAF-48Hを使い、土台がしっかり決まった感じです。これに何か加えたときの変化もはっきりと感じられます。昨日は思い立って、手元にあった四個のHQ-4をMC昇圧トランスの足にして使って見たところ、低音のリアル感がさらに増して全体のフォーカスがさらにきまったように思いました。

ジェルヴェーズ・ド・ペイエのクラリネットがものによってはきつく(平板に)聞こえるように思ったわけですが、その印象がだいぶ薄まりました。繰り返しになりますが、長い長い時間LPを聞いてきたのに、とにかく不思議な変化の体験の連続です。機械でなくて、まるで生き物を相手にしているようです。装置の存在を忘れ、LPが回転していることを忘れ、音楽に浸りきっている瞬間があります。
RANZAN
投稿日時: 2019/6/19 14:53
長老
登録日: 2008/2/16
居住地:
投稿: 2332
Re: RAF-48H導入記(追記)

メリメロさん
   こんにちは。

ユニークな構造のRAF-48Hは空気の量によって、音質効能を調節することができる優れもの
アイテムです。

主としてジャズを聴きますが、ベースとドラムスは明るく弾む低域はしっかりと安定した
太く力のある表現力を引き出してくれるところが素晴らしいのです。

おっしゃるようにアナログレコードをよく聴かれるということ、ハウリングマージンが不足する
アナログプレーヤーには、まさにピッタリでその効果を遺憾なく発揮してくれるでしょう。

これからもLPが回転していることを忘れ、音楽に没頭してください。



スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 

新しい登録ユーザ

lucky 2019/12/4
ロク 2019/11/28
シメオン 2019/11/27
かめぞう 2019/11/19
パープルファン 2019/11/12
maubon 2019/11/12
Jensen g600 2019/11/12
おてちゃん 2019/11/5
40年ぶりゾンビ 2019/10/8
tada 2019/10/8

ログイン


ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

オンライン状況

18 人のユーザが現在オンラインです。 (15 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 18

もっと...