掲示板トップページ
メイン
   [14-01]その他の話題
     名門 ”YAMAHA” が 再びハイファイオーディオで復活!!
投稿するにはまず登録を

| 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
RANZAN
投稿日時: 2019/2/6 13:29
長老
登録日: 2008/2/16
居住地:
投稿: 2279
おぉ 〜 まさに万人の耳に カンタービレ !!

皆さん
  こんにちは。

前稿において「10000 シリーズ」の、その品位、豪華さを述べてきましたが、またしてもオーディオファンを喜ばせてくれる、
新世代を代表するかのように新登場する、YAMAHAオーディオ集大成のフラッグシップ「5000 シリーズ」にも、鮮烈な印象を
持つのです。
過っての名機「GT-2000」以来、36年ぶりの巨大で重厚なGT-5000は肉厚なキャビネットが目を引きブラックとシルバーの組み合わせ
もYAMAHAらしい雰囲気の高級アナログプレーヤー誕生です。

名機GT-2000Lは自身も長く愛用していたことから、それは途方もない豪華な仕上げの本格マニュアル・プレーヤーで、ヘビーな仕様が
確かな音への原点だったように思うのです。
ブラック仕上げのオートリフタなしの「GT-2000」及びウォールナット木目で精密仕上げでオートリフタも搭載された「GT-2000L」
(28kg)が存在したのです。
その後に発売されたGT-2000X は、更にキャビネットの増強と各所を強化した弩級な34kgという超重量で、ヘビーな仕様能力を秘めて
いたのです。

そして今回発表されたNew「GT-5000」は2019年4月の発売に向け、チューニングが最終追い込みに入っているようです。
注目すべきはレコードプレーヤーとしては珍しく、XLRバランス出力端子の最新装備も搭載され、バランス接続はノイズ低減に
効果を発揮してくれるのです。
フルバランス伝送も可能ということで、それはどこまでも妥協ないYAMAHA製品づくりの先進技術が脈々と生づいていると胸躍らす
のです。

昨年9月の発表会では既に64万8000円(カートリッジ別売)という販売価格も明かされています。
ターンテーブルは、2,1kgの真鍮製インナープラッターの上に、5,2kgのアルミ合金製アウタープラッターを重ねることで、
それぞれの金属が持つ固有振動を打ち消し合う効果が得られたということで、モーターは従来のダイナミックドライブから
ベルトドライブの機種となったのも、この構造によるところが大きいようです。
「5000 シリーズ」の音はオーディオ的な「いい音」という以上の「音がそこにある」ような存在感を実感させてくれるという、その
メーカが力説する言葉が楽しみなところです。

かって、ソース機からスピーカーまで一社で手掛けるオーディオメーカーが数多く存在していましたが、YAMAHAは楽器を手掛け、
音が生まれる瞬間を熟知している唯一のメーカーでもあるのです。そのことから総合楽器メーカーとして音楽性表現を追究し、
豊かな音楽体験や深い感動をオーディオマニアに提供してくれるのです。
YAMAHAのフラッグシップ5000シリーズでは (1) “ 圧倒的な音場感 ”と音楽的な低域に支えられた (2) “ ゆるぎない音像感 ”の
2点を目標に掲げ、Hi Fi機器の醍醐味である低域再現は、YAMAHAならではの音楽的表現に注視していくというのです。
ここは、本格的セパレートアンプによる、システム統一感も充実していて、パワーアンプ「M-5000」プリアンプ「C-5000」を投入し
「GT-5000」とのベストマッチングを目指して開発したという、まさに高級セパレートオーディオシステムといっていいでしょう。

先進技術が多く盛り込まれ、この時代にしてまさにアナログならではの魅力満載といった感がするもので、これはまさにYAMAHAが
次世代へつないでいくための機器群といって決して過言ではないでしょう。



RANZAN
投稿日時: 2019/2/17 14:55
長老
登録日: 2008/2/16
居住地:
投稿: 2279
発売 延期

皆さん
  こんにちは。

YAMAHAのターンテーブル「GT-5000」の発売予定日は、当初の時点では「19年4月」とアナウンスされていたの
ですが、最新情報によると発売を11月に延期すると発表したのです。

延期の理由については「生産の都合」ということだけです。
発売を心待ちにしていたファンには非常に残念なことですが、ピアノブラック(PB)についても発売時期や価格などが
決まり次第発表するということです。

あの音の本質の基本に忠実に追求するその姿勢での独自のGT思想に基づいて開発された、ベルトドライブ方式の
高級ターンテーブルの登場は、少々待たされることとなったのです。

より進化した“ GT-5000 ” に期待しましょう。



RANZAN
投稿日時: 2019/3/13 16:18
長老
登録日: 2008/2/16
居住地:
投稿: 2279
Re: 発売 延期

皆さん
  こんにちは。

YAMAHA 5000シリーズ

消費が低迷する中、YAMAHAは音楽性表現のさらなる高みを目指して、そのフラッグシップに相応しいNewコンポ群が
新発売されるのです。
 
アナログプレーヤーGT-5000 (60万円) ステレオパワーアンプ M-5000(90万円) プリアンプ C-5000 (90万円)スピーカー
NS-5000 (150万円)という、この時代にして高級HI-FI オーディオ登場です。

各オーディオメーカーに刺激を与えるでしょう。




RANZAN
投稿日時: 2019/5/1 12:18
長老
登録日: 2008/2/16
居住地:
投稿: 2279
Re: 発売 延期

皆さん
  こんにちは。

新しい元号に改元され、平成から【 令和 】に代わり、いよいよ「令和元年」スタートです。

近年のアナログブームに支えられ、珠玉のアナログサウンドを求めるファンにはたまらない、高級アナログプレーヤー登場です。

パワーM-5000、プリーC-5000と弩級クラスが次々と発売される中、そこにアナログプレーヤーGT-5000が発売されるということで
期待感も高まっているのです。
そのYAMAHAのハイエンドオーディオへの意気込みが熱く伝わってくるのです。

そのYAMAHAの高級アナログプレヤー(GT-50000)の発売は、当初2019年4月の予定というアナウンスだったのですが、
急遽予定変更となったことで首を永くして期待されていた方もおられたでしょう。
発売日は大きく11月に後退したのは残念なことです。

振り返れば、YAMAHAアナログレコードプレーヤーが頂点を極めていた頃(82年)GT-2000&NS-2000が発売され当時、
どれもが品位ある豪華な作りにおいて、YAMAHAのピュアーオーディオには凄い憧れがあったのです。

GT-2000はNS-1000Mと同じ樺化粧・黒色塗装仕上げで、最も得意とする木工技術を生かしたGT-2000Lは、ウォルナットの
板目化粧仕上げとなっていたのです。
また、GT-2000Lにはオートリフタ(YAL-1)が付属していたのです。
オプションも多く用意され、重量をUPし安定感が増すアンカーブロックYAB-1も使用できたのです。
YAB-1は1セット2個のダンベルウェイトを鉄棒で連結して使用するもので、1セット32kgの重量を誇り、GT-2000の重量を
60kgまで増やすことができる優れものでした。
さらに、高さ調整機構付きスプリング・ラバー複合型フィートが付属しており、GTシリーズ以外のプレーヤーにも使用する
ことができたのです。
また、アウターパワーサプライYOP-1も使用でき、YOP-1はGTプレイヤーに内蔵された電源の約2.5倍の容量を持った
専用外部定電圧電源ユニットで、強力電源によって回転系の安定性を高めるとともに、ストップ時の電子ブレーキとしても
利用できたのです。
当時、これほどまでに数多いオプションを用意していたことが、ファン層を増やした要因でもあったようです。

そして、ディスクスタビライザYDS-3が使用でき、YDS-3は真鍮削りだしの金属部とアフリカンパドックの木部との二重構造に
なっており、両部を使い分けることで音の変化が楽しめるのもマニアには嬉しい逸品でした。
アルミ・真鍮複合型のディスクスタビライザYDS-8も使用でき、ピンポイントブロックYPB-1もGT-2000を支える極品でした。
YPB-1は真鍮削り出しのピンポイントブロックで、GTプレイヤーやスピーカー、アンプを点で支えることができるのでした。
オプションにまで至るまでここまで拘ったアナログプレーヤーは珍しいものでした。
あの頃は時代が良かったのか! 現代において到底真似できない、今もって凄い性能だとオーディオファイルを誘惑させて
くれるYAMAHAの優れたオプション群だったのです。

いずれにしてもGT-5000の発売が遅れるとなると、ファンにとってその期待感は高まるばかりです。



RANZAN
投稿日時: 2019/7/13 14:05
長老
登録日: 2008/2/16
居住地:
投稿: 2279
シンフォニー・サウンド !

皆さん
  こんにちは。

YAMAHAはピアノを始めとする、あらゆる楽器製造からコンサートホールの設計まで、さまざまな分野で
音と音楽に深く関わってきたといっていいでしょう。

そのオーディオにおいて、聴き手に忠実な原音を届けるためYAMAHA 伝統の真骨頂は、オーディオ的に
納得しうるかに対しての開発技術と独創的なノウハウを結集して、失われたオーディオ・ロマンの回帰
であり、それは一つの指標でもあるのです。
次世代シンフォニック・オーディオ、そのフラッグシップ機の新製品を次々と登場させていることからも
判断できるのです。

そのどれもがヤマハらしい冴えた外観デザインが見事で、デジタル化、ハイファイ化、音場化、新たな次元へ
高度に統一する、シンフォニー・サウンドクオリティに相応しいものです。



RANZAN
投稿日時: 2019/8/3 12:14
長老
登録日: 2008/2/16
居住地:
投稿: 2279
その木工技術が生かされた!!

皆さん
  こんにちは。

YAMAHA GF-1 その贅沢ともいえる木工技術が生かされた作りでした。

この時代だったからこそ実現できた、“純粋に音と音楽”を目指したGF-1 !!

オーディオが最も華やいだ1991年頃、YAMAHAは途轍もなく贅沢、且つ大きなハイエンド・スピーカー(GF-1)を
送り出したのです。

本体:幅710×高さ1400×奥行630mm
重量:150kg(1台)

そのGF-1は、YST方式のサブウーファーとマルチチャンネルアンプ3台による3ウェイという構成は、
市販スピーカーでも珍しい構造でした。

低域には30cm、中低域にはコーン型ユニットを搭載し、ヤマハが開発した軽く、強く、高域限界周波数の
高いダイヤフラムの鍛造ベリリウムを採用、中・高域ユニットでは低域との音のつながりのために比較的
大きめのダイアフラムのため、高域特性を大幅に伸ばしているのです。

豊かでハイクオリティな低音再生を実現するため、サブウーファーにはヤマハお得意のYST方式では
ポート内の空気自身が振動板の動きをするエアウーファを実現しており、これによりその再現性や音像定位の
向上に繋がっているのです。
スピーカー片チャンネル4台で500Wのハイパワーを実現しているのです。

エンクロージャーの素材には、その強さと響きの美しいアメリカン・ハードメイプル材を採用し、ピアノ
塗装には絶対的な定評のあるヤマハです。化粧材としてサペリのウレタンと層仕上げを採用した特別仕様でも
あったのです。

当時、それは羨望したもので、その美しい音一度は使ってみたかったスピーカーでもあったのです。



« 1 ... 4 5 6 (7)
| 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 

新しい登録ユーザ

kay5176 2019/7/29
route588 2019/7/29
shinjibass 2019/7/20
マー君 2019/7/10
kyama 2019/7/10
kanako 2019/6/27
ゴエモン 2019/6/19
keni 2019/6/3
セバスティアン 2019/5/27
かんぴ 2019/5/22

ログイン


ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

オンライン状況

21 人のユーザが現在オンラインです。 (18 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 21

もっと...