掲示板トップページ
メイン
   [00-07]リスニングルーム&システム紹介
     高い天井が貢献!!
投稿するにはまず登録を

| 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
RANZAN
投稿日時: 2019/8/8 15:28
長老
登録日: 2008/2/16
居住地:
投稿: 2317
今日も素晴らしいサウンドが響きます!!

皆さん
  こんにちは。

今日は「立秋」、暦の上では秋ということですが、どうしてどうして、ここに来ても35℃以上の猛暑日の連続です。
立秋とは名ばかり、秋はまだまだ程遠いようです。

でも、ここは別天地、リスニングルームに素晴らしいサウンドが広がっていきます。
非常に解像度の高い音で、各ジャンルの音楽を魅力的に聴かせてくれるのです。

この夏の暑さにもめげず、ますますオーディオに情熱を燃やし、愛情を注げるのは何故でしょう!
それは常にオーディオに対する強いチャレンジ心があってのことだと考えます。

B&W ニュー 800シリーズ Diamond (D3)では、究極でハイエンドな800 D3も後発で登場しています。
その800シリーズ Diamond (D3)には、魅了されるところは大いにあります。

こうして長年の愛聴機としてきたSP「B&W Nautilus 802」は、今では当リスニングには欠かすことができない大きく
貴重な存在であり、リスニングルーム環境にもよく馴染み、ジャズのピアノでは、タッチの力強さと瞬発力に切れがあり、
そのきれいな余韻を聴かせてくれるのです。ベースの和音はハーモニーが分厚く、フッとした空気の膨らみのような生々し
さがあり、堂々としたピアノにバランスよく絡み合うのです。
斬新な未来型デザインが奏でる自然な至福の調べは、ジャズを朗々とした音調で聴かせてくれていることが、今もって頼も
しい限りなのです。それは異様なくらい大きい径のボイスコイルと強力な磁器回路を有していることから、ここは駆動力に
長けパワーがあるアンプを用いれば鮮烈な潜在能力を発揮してくれるのも魅力です。
こうして、非常に解像度の高い音質で、各ジャンルの音楽を響きの豊かさで魅力的に聴かせてくれるのです。

前々稿でもJBLサウンドを熱く語っていますが、「ジャズ音楽にはJBL!」という強い思いがあったことから、以来SPは
JBL機ばかりの愛聴でした。
反面その脳裏にはB&Wといえばクラシック音楽一辺倒という、強いイメージ感があったことも確かです。

こうして、ジャズには「JBLが王道!」だという、その硬いイメージを払拭するため、およそ10数年前にふとNautilus 802を
試聴したことが切っ掛けだったのです。
いざ! 聴いてみると、いやいや!決してB&Wはクラシック音楽だけでなく、ジャズも難なくこなすことがよく判断できる
もので、それはオールマイティなSPでもある万能機だとも感じたのです。

そこから飛び出したサウンドは、2本の強力なウーファーから繰り出されるダイナミックにそして躍動するジャズ音楽の
力強い瞬発力ではじき出された時、一瞬目が覚めたかのように、この音はJBLにはない、よく引き締まった低域感の心地よい
快感を味わったのです。それは長年追い求めてきたゴツく重たい低音ではなく、タイトでよく引き締まって低域感の解像度に
富んで、決してベースが団子にならず分解能の良い低音なのです。(長年羨望していたのは これだぁ〜 この音だぁ〜!)と
思った瞬間でした。
各人音の好みもあるでしょうが、ジャズを聴けば、それは逆にJBLよりベース音の低音が良く引き締まり、高域感も繊細な
表情も豊かで、何しろシンバルのリアルに弾け飛ぶ様には驚きを隠せないものでした。

ピアノ・タッチの力強さと、やはり瞬発力が優れていて音楽の奥行きとディテールがハッキリと浮かび上がるのです。
それは実にきれいな余韻を聴かせてくれるようで、ふわっとした空気の膨らみのような生々しさがあり、ベースも伸びやかで
弾みが良く、特にウッドベースの低域感を気持ちよく、その分解能の優秀性を見事再現してくれたことに魅了されたのです。
まして、一音一音の密度が高く、ピアノの響きの重厚感もよく表現されていて、聴いた瞬間「これはスタインウェイの音だ!」と
判断できる繊細でリアルな表現力は、演奏空間の空気が自然に伝わる高い解像度、これ見事といっていいでしょう。

クラシックの交響曲を聴くと、ステージの奥行きが深く明るく、各パートのメロディーラインの重なりが鮮明で、ハーモニーの
密度の高い濃密な表現を呈してくるのです。リズムのノリの良さやスピード感には勢いがあるのです。
全帯域にわたる解像力の高さと、生き生きとした躍動感が高次元にバランスされたSP、それはハイエンドオーディオの証でも
あると実感したのです。

しかし、新しいDiamond 802 (D3) のサウンドの魅力とその良さは十分承知しています。

次々と新しいSPが登場する中、今はこの音に惚れ込み10数年以上も愛聴し続けてきて、なおそのNautilus 802の優れた能力に
惹かれるのです。

リスニングルームに今日も響きます!!

こうして魅力され続けているSP、これからも相応工夫しながら併せてリスニングルームの音場改善にも取り組み、長く大切に
愛聴していきたいものです。



RANZAN
投稿日時: 2019/10/14 16:31
長老
登録日: 2008/2/16
居住地:
投稿: 2317
Re: 今日も素晴らしいサウンドが響きます!!

皆さん
  こんにちは。

台風19号の影響で被害を受けられた皆様には、心からお見舞い申し上げます。

「10月に入ってもこの暑さ!」と感じるくらい、真夏のような蒸し暑い日々が続いていましたが、ここにきて
ようやく爽やかな秋に向かって吹く風も気持ちよく、我がリスニングルームにも豪快なサウンドの鳴りっぷりと、
輝くような音の響きが冴えわたっていくのです。

リスニングルームでの音質改良に取り込み、さまざまなアイテムでの試行錯誤で悪戦苦闘を続けています。
その甲斐あってか、新しい美しさと現代的な色彩感覚を持ったサウンドで、リスニングルームの空間に広がる
音場感は、何とも斬新に映るのです。

そこで一息入れ、ヴォーカルでの「ヒラリー・コール/魅せられし心」を一聴したてみたのです。
その中でも特に14)「風のささやき」での、シーンと静まりかえった音場空間に広がる静寂感を伴って、
哀愁を帯びた独特の歌声は、意外なほど自然な聴こえで穏やかさもあり、どの音も滑らかでエネルギーに
富んでいるのです。
そこに何とも言えぬ艶と潤いが伴い、ニュアンスも実にリアルで愛らしく、まさに圧巻と言いたいくらいの
表現力で迫ってくるのです。
そのヴォーカルの豊かさやバックバンドの音数の多さ、音像定位はより鮮明にフォーカスされる高い音楽表現は、
ワイドレンジで高解像度、特に低域は伸張と低重心で、そこにたくましさが増し、リズムの切れの良さを鮮やかに
聴かせてくれるのです。
それにも増して、解像度が抜群に高く声質といい、静かに、そしてリアリティのある音色が魅力で、フォローする
各楽器のニュアンスも実に美しく浮かび上がってくるのです。

また、ピアノ・トリオの演奏も細部のニュアンスは克明になり、透明度の高い響きでタッチの鮮明さも失われず、
より細やかに表現されるのです。
音のフォーカスの切れと一音一音の純度高さが飛びぬけていることが分るのです。
特に日頃気にしている低域感での響きも、RR-777の設置場所、高さ調整や、RAF-48Hでの空気圧の再調整等、
そして、RWL-3での拡散とWS-1の吸音の調音を正確に整えることで、定在波が減少したように、かなりローエンド
まで安定して引き締まったジャズベースの伸びやかな低音を呈してくるのです。
そのサウンドの質感には思わず惚れ惚れする、それはオーディオ心をくすぐる満足感のいくものでした。

その音が立体的に絡み合う気持ちよさで、次々と聴いていくと特にピアノは明るい響きの心地良さと、
弾みがよい音の質感はなかなかなもので、キックドラムスやウッドベースの低音を力強く聴かせる適度な弾力と、
遠近感のある表現力は解像度が極めて高く、その伸びやかさに満足感が宿るのです。
また、ジャズらしく生々しい鮮明なこの音像は、明るく弾く一音一音のアタック音の力強さと響きの豊かさが
聴きとれる再現性は抜群なのです。

リスニングルームの環境に応じて、今後も積極的に調整してきたいと考査するところであり、まして高音質効果が
得られれば、オーディオへのチャレンジ心はますます旺盛になってくるのです。



« 1 ... 15 16 17 (18)
| 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 

新しい登録ユーザ

40年ぶりゾンビ 2019/10/8
tada 2019/10/8
serenity 2019/10/8
葦吹酔人 2019/10/8
昆布 2019/10/8
たぐまん 2019/10/8
ムック 2019/9/28
shirobako 2019/9/28
くろうど 2019/9/28
麦茶 2019/9/28

ログイン


ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

オンライン状況

15 人のユーザが現在オンラインです。 (10 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 15

もっと...