掲示板トップページ
メイン
   [10-05. 吸音材 端子類 切り売りケーブル]Yラグ RYG-1 バナナプラグ RBN-1
     Yラグ RYG-1 その他導入後5ヶ月
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
緑のバナゴン
投稿日時: 2019/7/3 23:02
常連
登録日: 2013/5/8
居住地: 埼玉県
投稿: 60
Yラグ RYG-1 その他導入後5ヶ月
二月始めのオフ会直後、もともと使っていたバナナプラグRIG-1と中間のBWA-4は残して、長年使用のpcocc登場直後発売のオーテク4芯平行ケーブルをやめて、E-550から先をアコリバ製品に一挙交換。以来5ヶ月弱がたちました。


昨年初めはこうだったスピーカー裏

SPC-REFERENCE-triple C+BWA-4+テフロン絶縁PC-Triple-C楕円単線20cm+RYG-1となりました。

PCOCC単線をスピーカ端子に直繋ぎしていた時は緩んでいるのに気づいたら増し締めが恒例でしたが、RYG-1使用後の5ヶ月ビクともせず一切緩みなし。
交換当初、ちょっと低音勝ち気味、高音が細いかなーの感じが、先月後半から全域でバランスよく、大音量でもさほど音像が大きくならず。5月の連休明けくらいからどんどんいい音になってきました。我が家は音量が小さいからエージングにも時間がかかるようです
最近、Audirbana 3を3.5にバージョンアップしたらメリハリが効いて少し派手な音に、小さなプチプチ針音もくっきり、一方で小音量からドスの効いた音に。だいぶ前に録音した音源も新鮮に聞こえています。
このバージョンではiTunes Integrated Modeははっきり音質が落ちるので、オリジナルの見慣れないLIBRARY画面と悪戦苦闘中。Audirbana日本語の解説書出してくれればいいのに。

RBN−1、BWA-4、RYG-1単線の締め付けは付属レンチできっちり止まるとこまで締めてますが、外してみるとこんな具合

これって締め過ぎでしょうか?

アンプ側、RBN−1で何度もケーブルを変えているうちに、一箇所ネジ傾いたまま締めてしまい外せない状態に。差し込んだ後の先端の開きがうまくいかないのがもう一本。

そこで管理人Kさんに質問・・・
昔々アキバ某店でE-550を買った時「アキュフェーズはYラグよりバナナプラグの方がしっかり止まるし緩みがないよ」と言われたけど、今の設置状況ではRYG-1の方が操作しやすく、接触面積も大きくなりそうな気もします。E-550のスピーカー端子用にRBN−1を買い換えるか、従来品より格段に平面性も高いRYG-1を買うか、どっちがいいでしょう。

話は変わって、6月のオーディオユニオンの試聴会行けなくて残念無念。
Kさんお忙しいでしょうからアバウトな質問へのアドバイスのんびり待っています。
ケミ
投稿日時: 2019/10/19 12:12
長老
登録日: 2008/2/17
居住地:
投稿: 842
Re: Yラグ RYG-1 その他導入後5ヶ月
緑のバナゴンさん、こんにちは。ケミといいます。

私もAVルームでは緑のバナゴンと同様に、PCOCC-A線材のスピーカーケーブル+Yラグ RYG-1にBWA-4+TripleC線材を追加しました。

TripleC線材はわずか50cmですが、これだけでもTripleCを用いる意義を感じました。

また、スピーカー端子処理もYラグ・バナナプラグ等の余計なものを避けたほうが良いかと思っていましたが、アコリバ製品に限ってはむしろ用いた方が好結果でした。

そして、Yラグ or バナナプラグ ということですが、アコリバYラグが使用できるのであれば、Yラグをお勧めします。Yラグの方が再生における安定感が勝っているように思うからです。

もしまだ悩まれているようならば、無料レンタルで聴き比べてみるのも良いと思います。

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 

新しい登録ユーザ

パープルファン 2019/11/12
maubon 2019/11/12
Jensen g600 2019/11/12
おてちゃん 2019/11/5
40年ぶりゾンビ 2019/10/8
tada 2019/10/8
serenity 2019/10/8
葦吹酔人 2019/10/8
昆布 2019/10/8
たぐまん 2019/10/8

ログイン


ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

オンライン状況

20 人のユーザが現在オンラインです。 (16 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 20

もっと...