掲示板トップページ
メイン
   [00-01]ACOUSTIC REVIVE全般
     吉祥寺メグのイベントその2
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
ケミ
投稿日時: 2011/7/24 14:13
長老
登録日: 2008/2/17
居住地:
投稿: 851
吉祥寺メグのイベントその2
前回6/25(土)のAcoustic Revive単独のイベントに続き、吉祥寺メグにて昨夜7/23(土)19:00より メグ・ジャズ・オーディオ愛好会主催で【電源ケーブルの違い 録音時〜再生時】というテーマでイベントが実施されました。


T-TOC RECORDS CD 『The Legend of Cable』に参加された6社?Acoustic Revive、?Aet、?Kaiser Sound、?KOJO TECHNOLOGY、?SAEC、?Zonotoneのうち、?KOJO TECHNOLOGYさんを除く5社が集合しました。

司会はオーディオ評論家林正義氏で、2部構成でイベントが進行しました。システムは前回と同様のようです。寺島さんの文章から想像されるようなきつい音はしていませんでした。ただし、前回のイベント後アコリバアクセサリーが多少導入されているためレベルアップはしていたようです。

◎第1部 19時〜20時25分
・T-TOC RECORDS CD 『The Legend of Cable』にて、録音時に使用した電源ケ−ブル6社の音の違いを味わうということで、1曲ずつ1分半ほどカーブルメーカーごとに試聴後、寺島さんの思いつきでアットランダムにもう一度6曲聴いて各自最もよかったものに挙手をするということになりました。

結果は?Acoustic Reviveが最も多くの票を集めました。

私が聴く限りでは家での試聴と同様に?Acoustic Reviveが飛び抜けており、投票結果は当然とはいえ、参加者の多くの方は正しい判断能力を有しているのだなあと感じました。ほとんどの参加者は『The Legend of Cable』をこの日まで未試聴で本当のブラインド試聴であったため正しい評価ができたのかもしれません。ただ、私は?SAECさんが意外とよかったのが印象的でした。

この結果も踏まえて各社メーカーからケーブルの特徴・狙いを語る予定でしたが、Kさんの発案で他社の音をお互いに評価しましょうということになりました。参加者は熱いバトルを期待しましたが、みなさん大人の対応をされました。特に?Zonotoneさんはさらに大人でさらりとかわされました。

◎第2部 22時40分〜22時30分
・T-TOC RECORDS CD 『The Legend of Cable』に収録されているノンミックスヴァージョンと金野ミックスヴァージョンを比較試聴から始まりました。両ヴァージョンは録音レベルが後者のほうが高いため単純比較ができにくかったのですが、参加者の好みを聞いてみるとノンミックスヴァージョンに軍配が上がりました。ミックス・マスタリングしたT-TOC RECORDS金野氏は複雑だろうと思いましたが、これも現実です。ノンミックスヴァージョンの方がDレンジも広く、自然に聴こえました。特に?Acoustic Reviveの両ヴァージョンを音量をそろえて聴いてより明確な結果となりました。

・最後はもっとも楽しみにしていた6社(5社)の電源ケ−ブルをプレーヤーとプリアンプに順次接続し、再生時での電源ケ−ブルによる音の違いを体感するという比較試聴です。ここで大問題だったのが試聴ソフトです。参加者が誰もCDを持参していなかったため、T-TOC RECORDSから販売されているKANKAWA「ORGANIST」のトラック4.Softly as in a Morning Sunriseが試聴曲となりました。金野氏の気持ちもわからないわけではありませんが、ほとんど聴いたことのないハモンドオルガンはリファレンスとしてはまったく不向きでした。しかも演奏が難しくSoftly as in a Morning Sunriseとは誰もわかりません。ここではアルファベット順にメーカー名を知らせて試聴していき、ある参加者は?Kaiser Soundになって初めてオルガンの存在がわかった=良いケーブルだと評価したらしく、試聴の順番があだとなってしまいました(私たちには最初から聴こえていました)。

結果は最後に試聴した?Zonotoneさんが最も多くの票を集めました。高域が上まで伸びているということだそうです。

《訂正:1位?Kaiser Soundさん、2位?SAECさん、?Zonotoneさん3位でした(申し訳ありません)》

一般の人たちはこのように評価してしまうのだという事実を知らされることとなりました。ただ今回の試聴ソフトでは仕方ないかもしれません。

さまざまな面で勉強になり、オーディオの難しさを再確認させられました。私は今のベクトル線上にある音を目指して、さらにオーディオを、音楽を楽しんでいこうと思いました。


まさこ
投稿日時: 2011/7/24 15:39
長老
登録日: 2011/2/21
居住地:
投稿: 648
Re: 吉祥寺メグのイベントその2
ケミさん、こんにちわ!まさこです。

また、K様、maroさん、昨日のイベントお疲れ様でした。

私も初めてこの様なイベントに参加できて、色々勉強になりました。

個人的には、このイベントの進行具合に少々不満もありましたが、(もっと過激なやり取りを期待してはいましたが! )初めての参加でおとなしく拝見しておりました。

私も当然ながら、アコリバケーブルがダントツで一番だと思っておりましたが、第2部でのあの評価はありえないだろ〜と思っていました。

正直、A?T、ZO?Oが良いと言ってた数名の人たちの耳を疑いましたね!

最後に参加者一人一人に意見を言う機会があったので、皮肉って言ったつもりでしたが、分からない人も沢山いただろうな〜と思いました。

しかし、昨夜のイベント結果が雑誌にどのように掲載されるのか非常に気になります。
ケミ
投稿日時: 2011/7/25 14:43
長老
登録日: 2008/2/17
居住地:
投稿: 851
Re: 吉祥寺メグのイベントその2
まさこさん、先日はお世話になりました。

まさこさんの”自分が良いと思う音と他の人が良いと思う音が違うのだなということがわかりました”という感想はとても印象深く残っています。

メグには寺島さんのようにケーブルで味付けをするというタイプの方もいて、A?T、ZO?Oのようにキラキラする音が上まで伸びるというふうに感じるのだろうなあと思います。実際アコースティックな楽器においてそのような音は出ませんが、残念ながら良い音の基準は共通の認識を得られないようです。

ただし、アコリバ製品を一つでも理解できた人たちは、話は別です。この人たちは同じベクトル上を進んでいけると思います。

もう一方の問題点は、ソフト製作サイドです。悪い録音を良く再生することはできません。こちらも我々サイドが成熟することによって改善を求めていくしかないのでしょうか?当然すばらしい音楽を発信くださる方々のいらっしゃるので、そんなソフトを紹介しあえたらいいのかなあとも思います。

まさこ
投稿日時: 2011/7/25 15:29
長老
登録日: 2011/2/21
居住地:
投稿: 648
Re: 吉祥寺メグのイベントその2
ケミさん、こんにちわ!まさこです。

お忙しい中返信ありがとうございました。

>まさこさんの”自分が良いと思う音と他の人が良いと思う音が違うのだなということがわかりました”という感想はとても印象深く残っています

ありがとうございます。この当たり前かの様な意見もアコリバユーザーならきっと理解してくれるだろうと信じていました。

勿論皆が同じ音を目指している訳ではないので、違う意見も大事ですが、アコリバユーザーの向かっている方向性は共通のものがあると思うので、私の意見に賛同してくれる方が居るだけでうれしくなりますね!

これからも是非色々教えてください。
では、お仕事頑張ってください。
管理人K
投稿日時: 2011/7/26 4:38
管理人
登録日: 2007/12/10
居住地:
投稿: 1831
Re: 吉祥寺メグのイベントその2
ケミさん、まさこさん、先日はMEGのイベント、遠い所わざわざお越し頂きありがとうございました。
イベント中はなんだかんだで忙しく挨拶も出来なくて申し訳ございませんでした。

まず内容に少々誤りがございますので修正させて頂きます。
電源ケーブルの交換で一番多くの票を集めたのはカイザーサウンドさんです。次点がサエクさん、3位がゾノトーンさんです。ちなみにうちは4位です。ビリじゃなくて良かったっす(苦笑)

電源ケーブル交換時にかけたのはオルガンジャズですが、鳴ってた音はオルガンだけじゃなく、最初がヴァイブ(ヴィブラフォン)次にオルガン、そしてサックスでしたね。

電源ケーブル交換での評価の悪さは想定済みですのでご心配なく。
多くの来場マニアが評価しなかったのは、明らかに他社に比べて音量、音圧自体が下がったように感じたためだと思います。
これはノイズや歪み、刺激成分が減ったための当然の変化で、逆にノイズや歪み、刺激成分が取れたために楽器本来の音色や質感、倍音成分などが見えて(聴こえて)来たのですが、そんな高度な(実は全然高度でもなんでもない普通の事なのですが)変化は生音を聴いた事すらないマニアが判る訳がないのです。

増して、ケミさんが指摘する通り、オルガンやヴァイブの音などを生で聴いた事がある人など皆無だったでしょう。
私が思うに、オルガンやヴァイブの生音を聴いた事があるのはT-TOCの社長と社員、最後にコメントをされた世界的エンジニアの方の3名だけだったのではないでしょうか?(ちなみに私は何度となく聴いています)
寺島さんですらもさすがにオルガンとヴァイブの演奏は聴いた事はないと思いますよ。

一度でもヴァイブの音を聴いた事ある人ならば、他社ケーブルによるアタックが潰れた汚らしく刺激的に変質したヴァイブの音を許す事など出来ないでしょう。
ハモンドオルガンの音を一度でも聴いた事ある人ならばレスリースピーカーの風圧音が他社のケーブルによって最低域に延びずに肥大した中低域ではない事が判るでしょう(中低域が膨れないと「低域が居ない」と豪語する糞耳マニアには呆れ返りましたね)

更には暗く沈んだ演奏の比較用ディスクです。
あれだけ躍動感や抑揚がなくノリの悪い演奏ではノイジーだろうが、歪んでいようが、音圧が上がった方が良く聴こえた可能性も高いと思います。

世界的エンジニアの方がコメント時に鬼の形相で、「生音に近いのはアコリバ、次にサエク、他は音楽自体が崩壊している」と言われたのが今回の結果を全て表していると思います。
ちなみにこの世界的エンジニアの方が今回のイベントについて語って頂いてます。
http://www.zukizuki.net/zukizuki_bbs.cgi?book=zuki_bbs

日本を代表するケーブルメーカー設計者、代表者が一同に集まるせっかくのイベントでしたので、盛り上げようと一人悪人を装って喧嘩を吹っかけましたが、ケミさんが仰る通り、他メーカーは誰一人挑発に乗ってくれませんでした。
私の挑発内容は次の通りです。
「AETは只のハイ上がり、立体感ゼロ、カイザーサウンドはナローレンジ、モノラルみたい、光城精工はこじんまり、コンパクト、サエクは中庸、少々ブリリアント、ゾノトーンはずばり厚化粧」というものでしたが、それに反発する方はおらず、議論出来ず終い。
他のメーカーの誰もが抽象的な自社アピールをするばかりで、ゾノトーンの髭おじさんに至っては「皆さん真面目に一生懸命作られた製品を批判する事など私には出来ない」などと善人ぶる始末。

販売現場ではうちのケーブルは特別扱いしてもらわなければ困るなどと圧力かけたり、今回の「REGEND OF CABLE」録音時にも一人だけルール違反で押しかけた悪党が善人ぶってるんじゃねーよ

中には自社の音がどのトラックだったか判らずに間違えて他社に票を入れるお馬鹿なメーカー(音の跳ね馬)もいたりして(笑)
結局のところ、実際に自社のケーブルがどのような音をしているのか?他社のケーブルはどのような音をしているのか?他社製品に対して自社製品はどのような優位性や特徴があるのかなどは一切、聴き取れる耳と感性を持っていないがために反論や議論が出来ないという事なのでしょう。

まあ、それでも高域がキーンとしゃくれ上がるだけで、低域がボワッと膨れるだけで支持してくれるオーディオマニアが沢山います。
そういった方達がオーディオやめない限り、そういった音作りしか出来ないメーカーさんは商売して行けるでしょうし、弊社にとっては今後も棘の道が続きそうです。
PAKA
投稿日時: 2011/7/26 19:58
長老
登録日: 2008/2/22
居住地: 兵庫県
投稿: 746
Re: 吉祥寺メグのイベントその2
みなさんこんばんは、PAKAです。
先日のメグのイベントに参加された方々、お疲れでございました。
このような貴重で有意義なイベントに参加することが出来てとても羨ましく思います。

みなさんのイベントのご感想、大変興味深く拝見させていただきました。
私も以前『The Legend of Cable』のCDは自宅システムで聴き比べをしてみて、今回管理人Kさんが言及している各社ケーブルの音質傾向とほとんど同じ印象を持っていますが、イベントに参加されたClub Acoustic Reviveの会員でない方々の投票結果を見て驚きました。
もちろん、みなさんがおっしゃるように試聴ソースが比較に適していなかったことも大きいのだと思いますが、やはり一連のAcoustic Revive製品の音質的な特徴である、ノイズ成分や荒さを取り除いた結果、一聴した音量感や、荒さや刺激による押し出し感の軽減が、一聴した比較には不利に働いたのかもしれませんね。
音量感を合わせれば、躍動感は損なわれずにそれまで埋もれていた音が明瞭に聴こえてくることに誰もが気付くことが出来ると思うのですが...。

私もずっと以前は、オーディオでどこまでの実在感を引き出すことができるのかを知ることもなく迷走して、自分が投資できる範囲でのオーディオの可能性という面では音質的に諦めて納得してしまっていたところがありました。
今回のイベントに参加されたオーディオマニアの方々にも、きっとそのような方もいらっしゃったのではないかと思います。
今では多くのAcoustic Revive製品を導入し、我が家の音も以前と比較にならないくらい、現在進行形で実在感のある音に近づいてきています。
また、管理人KさんやClub Acoustic Reviveの会員の方々の音を聴かせていただいて、更なるオーディオの可能性も学ばせていただきました。
結果的に何が言いたいのかといいますと、以前の私を含め、現在オーディオを趣味としている方のほとんどは、自分のシステムに秘められた可能性と本当に良い音というのを知らない、またはそのような音を聴いたことがないのだと思います。
そのような方々には、是非Acoustic Revive製品で一本化されたシステムの音を聴いていただき、オーディオにおける正しい方向性の音を体験してほしいなぁと強く思います。
実際に体験すれば、きっと多くの方々がその良さ、正しさに気付くことが出来ると思います。
maro
投稿日時: 2011/7/28 16:02
一人前
登録日: 2008/2/21
居住地: 上州
投稿: 140
Re: 吉祥寺メグのイベントその2
ケミさん
まさこさん
PAKAさん
管理人K殿
アコリバ会員各位

今回のメグのイベントは疲れました。(今週は体調がずっとすぐれません(..;))

前回のアコリバ・アクセサリーだけのイベントは、一つ一つアイテムを追加変更
する度に確実にステップアップして行く行程が実に気持ちよく、
自分自身も楽しめ、最後にアコリバアクセサリーの集大成の音だしは最強無敵。
お客さんもその変貌ぶりに唖然としていたのが手に取るようにわかったものでした。
最後にフルコーラスで聞いたケニー・バロンの「Wanton Spirit」からの一曲目は
本当に凄かったです。メグのアバンギャルドに小生は鳥肌が立っていました。

アコリバと寺島氏、そしてお客さんの立ち位置がしっかりしていて、
管理人K殿と寺島氏の丁々発止のやりとりもバランスが良く、
お客さんの質問や会話も良くかみ合って、あらゆる面で納得のいく会に
なっていたと感じました。

しかし今回は実に複雑でした。

当初は忌憚のない意見や少しはバトルもあることを期待しましたが、
まったくかみ合いませんでした。

評論家H氏・ティートック社長の双頭司会も役割がはっきりしないまま。
アコリバ以外の各ケーブルメーカーは何が言いたいのかさっぱり
わからずじまい。
寺島氏も今回は色々な人に配慮しすぎたせいか、何時もより切れ味悪い。
お客さんも残念ながらオーディオの質感を理解している人は
ほとんどいなかった様。

さらに、第一部の『The Legend of Cable』CDの試聴はともかく、
第二部の比較試聴用のソースがどう考えてもげせないものであったのも
不幸でした。ケニー・バロンの「Wanton Spirit」を持って行けば良かったと、
後悔しています。。

PAKAさん
> 現在オーディオを趣味としている方のほとんどは、自分のシステムに秘められた可能性と
> 本当に良い音というのを知らない、またはそのような音を聴いたことがないのだと思います。
> そのような方々には、是非Acoustic Revive製品で一本化されたシステムの音を聴いていただき、
> オーディオにおける正しい方向性の音を体験してほしいなぁと強く思います。
> 実際に体験すれば、きっと多くの方々がその良さ、正しさに気付くことが出来ると思います。

正にその通りですね。
今回のような電源ケーブルだけの比較ではアコリバの本当の姿は発揮できません。
正しい方向性とその変化を聞いてもらえば分かることは前回のイベントで実証済みですから。

もっとも、今回参加のメーカーはアクセサリのアイテム数では全くアコリバには
及ばないので、トータルでの比較試聴は無理かもしれません。

管理人K殿
> 高域がキーンとしゃくれ上がるだけで、低域がボワッと膨れるだけで支持してくれる
> オーディオマニアが沢山います。
> そういった方達がオーディオやめない限り、そういった音作りしか出来ないメーカーさんは
> 商売して行けるでしょうし、弊社にとっては今後も棘の道が続きそうです。

なんか悲しくなってきますね。。。。

生の音楽もオーディオ質感についても、諦めずに地道に啓蒙活動して行きましょう。
PAKA
投稿日時: 2011/7/29 8:04
長老
登録日: 2008/2/22
居住地: 兵庫県
投稿: 746
Re: 吉祥寺メグのイベントその2
maroさん

おはようございます、PAKAです。
レスありがとうございます。

今週は体調がすぐれないということで、どうぞお大事にされてください。

先日のメグでのイベントは、大成功とはいかなかったようですね。
日本で最も注目されているオーディオケーブルを販売するメーカーの代表が一堂に会するという、滅多にない機会でしたので、実りのあるやりとりをしていただきたかったですね。
確かに今回のような電源ケーブルのみ交換での比較は、各社の音質傾向は比較できても、本当のクォリティ差を比較するのは難しかったかもしれませんね。
オールアコリバアクセサリー状態から、電源ケーブルのみ交換しての比較だと、より如実に変化がわかりやすかったのではないかと思いました。
また次回、もし同じような企画があれば試聴ソースを含め、反省点を活かした良いイベントにできればよいですね。

管理人K
投稿日時: 2011/8/5 3:34
管理人
登録日: 2007/12/10
居住地:
投稿: 1831
Re: 吉祥寺メグのイベントその2
PAKAさん、maroさん、ケミさん、まさこさん、皆様こんばんは。

>先日のメグでのイベントは、大成功とはいかなかったようですね。

最初から成功させようなどという気もありませんでした。

>日本で最も注目されているオーディオケーブルを販売するメーカーの代表が一 >堂に会するという、滅多にない機会でしたので、実りのあるやりとりをしていただき>たかったですね。

残念なのはこの点ですね。
各メーカー積極的に意見を言い合い、議論する事で盛り上げたかったのですが、誰一人議論しようとはぜずに曖昧な自社アピールをするばかりでした。

で、本日、私が先日書いた書き込み=当日メグにて発言した各社の
音質批評に対して広告代理店からクレームが来ました。

他社の誹謗中傷を自社の掲示板にてしてるメーカーがいると

私が言ったのは誹謗中傷ではなく「意見」「感想」「印象」です。
それに文句があるならば裏でクレームつけてないで、あの時メグで直接反論、議論しろよバカヤロー

広告代理店からは削除依頼が来ていますが、以前と同様、事実ですし、誹謗中傷でもありませんので削除は致しません。

文句があるなら直接言って来て下さいね。
陰口叩いてる暇あるなら自信を持って堂々とアピール出来る製品を作ったらいかがですか?
まさこ
投稿日時: 2011/8/5 22:29
長老
登録日: 2011/2/21
居住地:
投稿: 648
Re: 吉祥寺メグのイベントその2
K様、ケミさん、maroさん、PAKAさん、こんばんわ!まさこです。

>他社の誹謗中傷を自社の掲示板にてしてるメーカーがいると

どこが誹謗中傷なのですかね!?

>私が言ったのは誹謗中傷ではなく「意見」「感想」「印象」です。

全くそのとおりですね!

あれ位で誹謗中傷ととられてしまうのでは、あの様なイベント自体、意味があったのか疑問に感じてしまいます。

私も、イベント時はK様と他社の方達との熱い論戦を期待していましたが、それも無く、さらりと大人風な逃げでかわし、後からこんなクレームをつけるなんてひどいと思います!

>影口叩いてる暇あるなら自信を持って堂々とアピール出来る製品を作ったらいかがですか?

あの方達には、私たちをうならせる事の出来るケーブルは絶対に作れませんね!

私たちももっとアコリバの優れている事を、皆さんに伝えなければいけませんね!
(1) 2 »
スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 

新しい登録ユーザ

カルボナーラ 2020/11/20
こまつ 2020/11/4
yukioto 2020/11/2
わたなべゆう 2020/10/26
usbl 2020/10/20
den 2020/10/20
ハム-chan 2020/10/14
peper3 2020/10/13
つじもー 2020/10/12
katsupacino 2020/10/7

ログイン


ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

オンライン状況

31 人のユーザが現在オンラインです。 (23 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 31

もっと...