掲示板トップページ
メイン
   [00-05]ホームシアター
     AV機器関連のクォリティアップを目指して
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
PAKA
投稿日時: 2014/1/5 20:56
長老
登録日: 2008/2/22
居住地: 兵庫県
投稿: 746
Re: 【AVアンプ編】AV機器関連のクォリティアップを目指して
zappa1993さん

明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくおい願い致します。

お返事をいただきありがとうございます。
AVアンプの空き端子は、対策することによって本当に見違える程良くなりました。
新規のAVアンプは最初から空き端子をSIP-8QやIP-2Qで埋めた状態で使い始めましたが、手持ちの物では残り8個だけ足りない状態でしたので、後日追加で残り8個の端子を埋めて比較してみた時でさえ想像以上の改善がありましたので、相当効いているのだと思います。
タイプの違うQR-8にしてみたのは、手持ちのQR-8の関係もありますが、これまでの経験上、水晶の音質傾向が偏ったものにならないように混ぜてみました。
個人的な拘りの領域で、一般的にはあまり気にしなくてもよいと思います(笑)
音楽再生にはあまり使用することはなさそうですが、DSDやマルチチャンネル再生は一度試してみたいと思います。
また遊びにこられた時にでも聴いてみてください。
PAKA
投稿日時: 2014/1/5 21:10
長老
登録日: 2008/2/22
居住地: 兵庫県
投稿: 746
Re: 【AVアンプ編】AV機器関連のクォリティアップを目指して
ケミさん

明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い致します。

お返事をいただきありがとうございます。
ケミさんもDENONのAVアンプを使用されていたのですね。
マイクでの測定による補正イコライジング機能は本当に素晴らしい機能ですよね。
これまで使用していたSONYのAVアンプにも同様の機能が搭載されていましたが、その時は試聴位置の1箇所を測定するものだったのに対して、新規のAVR-X4000は試聴位置だけでなく、その周囲も合わせて8箇所も測定を指示されましたので、恐らくより精度の高い補正ができるように進化しているのかなぁと思いました。

私が今回導入したOPPOのプレーヤーは、ケミさんが一度注文された上級機ではありませんが、ノーマル状態だと個人的には正直とても人にオススメできるクォリティを有しているとは思えませんでした。
それでも、色々な対策によって劇的ともいえる改善を達成することができたので、やはり色々なことの積み重ねが大切なのだと改めて認識することができて良い経験となりました。
Cambridge AudioのAzur752BDが良いプレーヤーだといいですね。
導入された際はまたご感想を聞かせていただけると幸いです。
ケミ
投稿日時: 2014/1/13 11:46
長老
登録日: 2008/2/17
居住地:
投稿: 851
Re: 【AVアンプ編】AV機器関連のクォリティアップを目指して
PAKAさん,こんにちは。

早速,Cambridge AudioのAzur752BDを購入しました(在庫がシルバーしかなかったので,シルバーにしてしまいました)。次の写真はチューンup前のものです。



中央のドライブメカと左側の電源関係の基盤上方の黒い樹脂が高級感を醸し出しています。ただし,役割は理解できません。Kさんによると,OPPOとは基板の配列が異なり,使われているコンデンサーがAzur752BDの方が大きいようです。

チューンupなし・ありの比較もしてみたかったですが,お店に着いたその場でチューンupしてもらいました。

以前使用していた未チューンup(他店での購入のためチューンupのお願いをしづらかったため)国産DVDプレーヤー(定価15万円)とのCDとの比較においてはAzur752BDの勝ちです。

Azur752BDにはエージング不足によるであろう高域のきつさやなめらかさに欠ける部分はありますが,音楽の安定感が全く違いますし,その余裕からくる抑揚が音楽を楽しく聴かせます。ただし,この違いが機材本来のポテンシャルによるものなのか,チューンupによるものなのかは試していないことをご了承ください。

映像はプロジェクターにDVI端子しかないためまだ観れていません。後ほど報告させていただきます。


(その後,HDMI to DVIアダプター+DVIケーブルとHDMIケーブル+HDMI to DVIアダプターという2つの方法で映像出力を試みましたが,どちらとも映像出力できません。HDMIケーブルでTVには映像出力できましたので,プロジェクターとの問題です。もう少し試行錯誤してみます。)

(試行錯誤の結果,安いHDMIケーブルを購入しました。)

PAKA
投稿日時: 2014/1/19 9:36
長老
登録日: 2008/2/22
居住地: 兵庫県
投稿: 746
Re: 【AVアンプ編】AV機器関連のクォリティアップを目指して
ケミさん

おはようございます、PAKAです。
今週はしばらく家を空けており、返信が遅くなってしまい申し訳ありません。
Cambridge Audioの「Azur752BD」ご購入おめでとうございます。
機器内部の写真も、高級感があり整然としていて美しく、音や画も良さそうな印象が伝わってきます。
最初からチューンUP仕様ということで、既に高いポテンシャルを既に発揮されていて何よりでありますが、今後更にこなれて良くなっていくのが楽しみですね。
ケミ
投稿日時: 2015/1/21 17:45
長老
登録日: 2008/2/17
居住地:
投稿: 851
Re: 【AVアンプ編】AV機器関連のクォリティアップを目指して
このスレッドも一年前になってしまったのですね。

メインシステムの高音質化に伴い,何も手を加えていないAVシステムとの差が開く一方であることを,年末年始の休暇にAVシステムで映画やライブビデオを観て,気がついてしまいました。そこで,二つの改善を試みました。


一つ目は,SPにクオーツアンダーボードRST-38Hを導入することでした。これまでは廃盤となったYST-64を敷いていたのですが,特に影響力の大きなSPの足許を以前より試してみたかったヒッコリー+水晶にしてみました。

結果は予想通りの大正解でした。AVシステムのSPはKEFで,どうにもその音の軽さが我慢ならなかったのですが,質量をもった音になってくれました。また,サイズもYST-64よりも小さく,設置もよりコンパクトになりました。


二つ目は,パワーアンプの追加です。展示品のロクサンを譲っていただきました。当然RST-38Hとの合わせ技ではありますが,かなりのレベルアップとなりました。普通にCDも聴けるようになり,音の芯が明確になりました。それに付随した倍音も音楽に厚みを添えます。

メインシステムのバージョンアップに伴うお下がりを駆使しながら,もうちょいAVシステムも楽しんでみたいと思います。

リモコン二刀流
投稿日時: 2015/5/28 20:31
長老
登録日: 2015/5/19
居住地:
投稿: 347
Re: 【AVアンプ編】AV機器関連のクォリティアップを目指して
PAKAさん、ケミさん

ホームシアターのスレをチェックしていたら、私の所有するAVアンプとそっくりな写真があって嬉しくなりました、4100W使いのリモコン二刀流です。
プレイヤーは皆さんと近いですかね、O社のユニバーサルプレイヤーを使っています。

私は、オーディオ用と映画用を分けるスペースも財力も無いので、AVアンプ1台でまかなっています。

AVアンプへの対策はほぼ皆無です。
空き端子はAT社のRCAキャップ(素材はプラ)を使って全部塞いでいるくらいですね。
LAN端子は要らなくなったLANケーブルをちょん切って塞いでいます。
ラックがメタルラックなので、S社のMgを使ったスペンサーを敷いています。

QR-8やSIP-8Qなどで対策されてる皆さんが羨ましいです!
きっとS/Nが良くなったり、音像がクッキリしてくるんだろうなぁ…w

HDMIはS社のHEのXFシリーズです。
これはかなりのコスパで画質もいいですよ。
音楽は同軸デジタルで、BDやBD-AudioはHDMIと使い分けています。

話題に上がったマイク測定と音場補正ですが、アレはとてつもないですよね!
テレビの存在が消えますものw
あんなの体感したらセッティングとか部屋への対策とかやらなくなりそう……(苦笑)
ただ、音楽を聴くときはDSPも映像回路もOFFにしています。
明らかに音の純度は補正時に下がっていますので。
ぜひお試し下さい。
PAKA
投稿日時: 2015/5/30 7:43
長老
登録日: 2008/2/22
居住地: 兵庫県
投稿: 746
Re: 【AVアンプ編】AV機器関連のクォリティアップを目指して
リモコン二刀流さん

おはようございます、PAKAです。
返信をくださりありがとうございます。

リモコン二刀流さんもDENONのAVアンプをお使いなのですね。
最近のAVアンプは、以前の物と比較すると本当にコストパフォーマンスが高く、十分に音楽を楽しめるクォリティを有していますよね。
また、音質向上が考慮された便利な機能も多く、音場補正などはその最たるものと言えると思います。
ただ、短いスパンで進化していく新しい規格の音声フォーマットなどの登場で、数年で型落ち感が大きくなってしまうのが気になってしまいます(苦笑)

AVアンプはステレオアンプよりも複雑で色々な回路なども入っているためか、ノイズ対策や振動対策の効果も大きく感じます。
個人的には、最高のコストパフォーマンスで大きく質感の向上が期待できるQR-8がオススメで、我が家の環境ではAVアンプの電源スイッチやボリューム、HDMI端子、BDプレーヤーのトレイ、電源ケーブルのプラグへの貼り付けなどなど、特に効果が大きかったです。
機会がありましたら、是非試されてみてください。
ケミ
投稿日時: 2015/5/30 16:21
長老
登録日: 2008/2/17
居住地:
投稿: 851
Re: 【AVアンプ編】AV機器関連のクォリティアップを目指して
リモコン二刀流さん,こんにちは。ケミといいます。

私もホームシアターとの兼用でやっていたのですが,オーディオへのウェイトが高まり,別部屋にして両方を楽しんでいます。



さて,AVアンプ対策は本当に効果がありました。RCA入力端子用防振プラグ[SIP-8Q]・RCA出力端子用防振プラグ[IP-2Q]]による制振効果,そしてPAKAさんがおっしゃるようにQR-8の効果は言わずもがなですが,リモコン二刀流さんも体験されているように,LANターミネーター[RLT-1]の効果の大きさに驚かされました。音の締まりが音楽や映画をより心地よく再生してくれるようになりました。

また,プレーヤーに加えたUSBターミネーター[RUT-1]も音に厚みを加えてくれましたが,空きUSB端子が3箇所もあり,どこまで対策すべきか悩みどころです。

HDMIケーブルもいろいろ試してみたいのですが,パワーアンプ追加による満足度が現時点では常々感じられますので,今は線材のPC-Triple化が最優先です。



ちなみに,音楽を同軸デジタルで楽しまれているのでしたら,デジタルケーブルCOX-1.0tripleC-FMやできればDSIX-1.0-tripleCを試されてみてください。笑いが止まらなくなりますよ。

リモコン二刀流
投稿日時: 2015/6/1 19:45
長老
登録日: 2015/5/19
居住地:
投稿: 347
Re: 【AVアンプ編】AV機器関連のクォリティアップを目指して
PAKAさん ケミさん

レスありがとうございます。

>数年で型落ち感が大きくなってしまう
まったくその通りですね。だからこそAVは面白いのかも。
根拠を執拗に求める傾向のあるオーディオと違って、AVの世界はまだ作品(映画など)の感動が最上位に置かれている分、健全じゃないかと思います。

>QR-8がオススメ
なるほど!借りてみようか検討してみます。でも、アコリバ製品借りるとほぼ買いたくなるので、怖いッスww

>LANターミネーター[RLT-1]の効果の大きさに驚かされました。
そうですか!
私、今無線ルータの空き端子にRLT-1を1個使っていて、AVアンプ側は不要LANケーブルのちょん切った奴を挿しているのです。
今回、試しに入れ替えてみたら、無線ルータに適用している方が効果高かったです。
きっとルータそのものノイズの影響や、すぐ隣のNASの影響が強いのでしょうね。

>デジタルケーブルCOX-1.0tripleC-FM
同軸デジタルでずっと昔から聴いているので、メチャクチャ興味ありますが、お財布が………
PAKA
投稿日時: 2016/11/28 11:04
長老
登録日: 2008/2/22
居住地: 兵庫県
投稿: 746
Re: 【AVアンプ編】AV機器関連のクォリティアップを目指して
皆さんこんにちは、PAKAです。

本日は、この数ヶ月で行ったAV関連の施策について投稿してみようと思います。

まず初めに行ったのが、AVアンプにつないでいる映画用のリアスピーカーのスピーカーケーブル交換で、それまで使用していたスピーカーケーブルは、当時雑誌で1,000円/1mクラスのエントリーモデルとしてはなかなか評判の良かったものです。
それを、Acoustic ReviveのSPC-AVというスピーカーケーブルに交換してみました。

片チャンネル8〜9mくらい必要なので、少し余裕をもって20m購入。


SPC-AVはPC-tripleCの単線導体を採用しているにもかかわらず800円/mという価格付けがされていて、コスト的にはこれまで使用していたスピーカーケーブルと同じクラスとなりますが、そのパフォーマンスは驚くべきもので、「クリアでスムーズなしっとりした密度感の高い音」は、PC-tripleCが採用された上級クラスのケーブル類の特徴を確かに有している高品質なものでした。
実際につなげて映画を見てみると、今までよりも効果音がリアルで、音場も自然に広く・濃くなっていてとても楽しむことができました。
今回はリアスピーカーへ使用しましたが、個人的にはミドルクラスのメインシステムでも十分に満足できる品質を備えていると感じ、今後サブシステムなどを組む機会があれば是非メインスピーカーのスピーカーケーブルとして使ってみたいと思いました。



その後、SPC-AVでのクォリティアップで映画も見る機会も増えてきたので、AVアンプとBDプレーヤーにボードを追加して更なるクォリティアップを目指してみました。
今までも、ヒッコリーラック+インシュレーターにRIQ-5010を使って設置していたので、十分に機器の性能を発揮できる状態ではあると思いますが、今回は更にRST-38Hを追加して水晶フローティングによる効果も期待して実施しました。


結果、期待どおりの効果が発揮され、音の方はクリアさや繊細さが増したことにより、音離れやサラウンド感が一層感じられるようになって、かなりのグレードアップにつながりました。
画質の方はあまり敏感ではありませんが、全体的によりスッキリとした印象で、以前よりも奥行き感が出ていたように思いました。

以上2点の施策で、また一段と映画を見るのが楽しくなりました。
特にSPC-AVは、本当に良いのかと思ってしまうくらいの低コストでPC-tripleC導体のメリットを享受できるので、みなさんにも是非オススメしたいと思いました。
« 1 (2) 3 »
スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 

新しい登録ユーザ

わたなべゆう 2020/10/26
usbl 2020/10/20
den 2020/10/20
ハム-chan 2020/10/14
peper3 2020/10/13
つじもー 2020/10/12
katsupacino 2020/10/7
泰一 2020/10/5
ひらバッタ 2020/9/29
ムーチョ 2020/9/29

ログイン


ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

オンライン状況

70 人のユーザが現在オンラインです。 (62 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 70

もっと...