掲示板トップページ
メイン
   [10-02]リアリティエンハンサー 入力端子用:RES-RCA・RES-\XLR 出力端子用: RET-RCA・RET-XLR
     貸出及び導入後約1か月の印象
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
roses K
投稿日時: 2021/4/4 22:50
新米
登録日: 2021/2/9
居住地:
投稿: 2
貸出及び導入後約1か月の印象
貸出及び導入後約1か月の印象をまとめました。
あくまでも個人的な感想ですし、機器、システムが変われば、結果は異なると思うので、参考程度で見ていただければと思います。
先ず、貸し出して頂いた各種製品をCDプレイヤー及びプリアンプに装着して、試聴をしました。

その結果、以下の感想を持ちました。
自分の耳に自信はありませんので、見当外れかもしれませんが…
?RESとRETの効果は異なるようだ。
・RESは、ノイズや歪を取り除くことによると思われる質的な改善。SN比の向上、細かな音の再現、分解能の改善、音場感の拡大、透明度の向上など。
・RETは、音自体に積極的に働きかける印象で、音の密度、エネルギーが増大し、明確で力強い生き生きとした音になる。

?装着する端子で微妙に効果が異なるようだ。
・例えば、プリアンプのRCA入力端子にRES-RCAを装着した際、
LINE端子では、音が生き生きとして響きも豊かで好ましかったのに対し、EXT PRE INPUTでは、音が詰まった感じで、響きも死んだ音になった。
この機器の回路が関係しているのだろうが、注意すべき点のように思う。

・また、RCAとXLRでも微妙に違うように感じた。
例えば、プリアンプの出力端子にRETを装着した際、
RCAに比べてXLRの方が響きが多く感じた。

?特に入力端子は、なるべく多くの端子への対策が効果が大きい。
プリアンプの入力端子のRCA及びXLR各1組にRESを装着した状態に、SIP-8Qを4組装着すると、
明らかに変化(余計な付帯音が取り除かれ、純度が向上)したことから、出来れば全ての入力端子への対策が大事なことが推測される。
試聴の結果、最終的に導入を決めたのは、以下のとおりとなりました。
CDプレイヤー
・デジタル出力端子:RET-RCA
・XLR出力端子(左右):RET-XLR
プリアンプ
・XLR入力端子(左右)1組:RES-XLR
・RCA入力端子(左右)4組:SIP-8Q
・XLR出力端子(左右)1組:RET-XLR

この状態で約1か月間いろいろなソースを聴いた感想は以下の通りです。

・様々なオーディオ的要素が改善され、特に副作用のようなものは感じ取れない。
・ノイズや歪が取り除かれたことで、音の純度が明らかに向上。
・音場も拡大し、その透明度が上がることで、音の定位、分解能が良くなる。
・音量を上げてもうるささを感じなくなり、結果として、聴感上のダイナミックレンジが拡大。
・そして最も強く感じたことは、
音の実体感、リアリティーが格段に向上し、力強く生々しい生命力に溢れた音、音楽になったことです。

本製品の名称「リアリティーエンハンサー」の文字通りの結果に、大変、満足しております。
スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 

新しい登録ユーザ

宮おじさん 2021/5/12
hi1ox 2021/4/23
のぶ 2021/4/23
k-itou 2021/4/20
GUNDAM 2021/4/14
shinichi 2021/4/14
まっと 2021/4/12
OYAJIN 2021/4/7
東北人 2021/4/5
AKR17 2021/3/31

ログイン


ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

オンライン状況

28 人のユーザが現在オンラインです。 (17 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 28

もっと...