掲示板トップページ
メイン
   [00-01]ACOUSTIC REVIVE全般
     米国High Bleed Musicのライヴ音源の配信権取得!!
投稿するにはまず登録を

フラット表示 前のトピック | 次のトピック
投稿者 スレッド
モリア1
投稿日時: 2020/6/20 19:20
長老
登録日: 2014/10/27
居住地:
投稿: 222
米国High Bleed Musicのライヴ音源の配信権取得!!
Kさん、皆様、こんばんは


米国High Bleed Musicのライヴ音源の配信権をACOUSTIC REVIVEが取得し、
6月17日e-onkyo musicより配信が開始したそうです。

アコリバさんが、また、凄いことをやってくれました。
アコリバ製品で埋め尽くされたスタジオライブ音源!!
Mastering Engineerは、 吉川昭仁さんです。
早速、ダウンロードして、聴いてみたいと思います。
期待に胸がふくらみます。

--------------------------------
https://www.e-onkyo.com/news/2823/



NYブルックリンを拠点に、世界初となる「レコーディング・ラウンジ」というで形態でシーンのリアルを発信する「HighBreedMusic」。ジャンルの垣根を越えアーティストから愛されるアーティストたちが集まる「HighBreedMusic」のハイレゾ音源を、ここe-onkyo musicにて配信開始。第1弾は、ビヨンセ、ディアンジェロ、エリカ・バドゥ、ロバート・グラスパーらメジャー・アーティストとの共演歴も豊富なトランぺッター、キーヨン・ハロルドのHighBreedMusicでのライブ音源。その熱のこもったブルックリンの革新的なシーンの最前線を、是非ハイレゾで体感してみてください。
■Musicians
Keyon Harrold - Trumpet (Vocals in “Her Beauty”)
Marcus Strickland - Bass Clarinet/Sax (depending on the song)
Shedrick Mitchell - Piano
Burniss Earl Travis - Electric Bass
Charles Haynes - Drumset
Nir Felder - Electric Guitar

Recorded at High Breed Music Hall Brooklyn on 2019

Produced by Tariq Khan

Recording Engineer Jacob Zacharia
Mixing Engineer Tariq Khan
Mastering Engineer Akihito Yoshikawa

---------------------------------

Kさんのフェイスブックを転載させて頂きます。

----------------------------------------------
米国High Bleed Musicのライヴ音源の配信権をACOUSTIC REVIVEが取得し本日e-onkyo musicより配信が開始されました♪

https://www.e-onkyo.com/sp/news/2823/

第一弾は現在世界最高峰のトランペッターの一人であるKeyon Harroldのリーダー作で共演にはバスクラリネット&サックス奏者のMarcus Stricklandなど超一流の豪華メンバーが名を連ねています。

High Bleed MusicはNYブルックリンを拠点に世界初の「レコーディングラウンジ」というスタジオライヴ形式をとっており、ジャンルを越えたミュージシャンズミュージシャンの貴重なライヴセッションをレコーディング、配信しています。

High Bleed Musicのミキシングとマスタリングの全てのケーブルにはACOUSTIC REVIVE製が使用されており最高の演奏を最高の音質に仕上げることに貢献していますが、今回その縁から日本国内での配信を任されることになりました。

写真は今回のKeyon Harroldのマスタリング時のショットですが、ご覧の通りXLR-absolute-FMやRTP-6absolute、POWER SENSUAL-MDやabsolute-POWERCORDなどACOUSTIC REVIVEの最高級品を惜しみなく投入してサウンドクオリティを極限まで磨き上げています。

肝心の演奏も現代JAZZシーンの最先端と言える素晴らしいもので、テーマは「Black Lives Matter」
2014年8月にミズーリ州ファーガソンで起きた白人警察に射殺された黒人青年を悼んだ"MB Lament"の後半ではBlack Lives Lamentに関するメッセージを説き、プロテストソングである"We Shall Overcome"で締め括るという大変精神性の高いものとなっています。

このライヴ音源は2019年に録音されましたが、今年5月にミネソタ州ミネアポリスにて同様の悲しい事件が起きてしまったのはとても残念です。
JAZZミュージシャンはかつて作品を通じて人種差別に対する主張や抗議を行い、それらの作品は名盤として今も聴き続けられています。
Max Roachの"We Insist!"やCharles Mingusの"Fables Of Faubus"(Mingus Ah Um収録)がそれに当たりますが、今回の音源はその背景とACOUSTIC REVIVEによる圧倒的高音質を含めてかつての名盤に勝るとも劣らない素晴らしい作品となっていますので、ぜひともご一聴頂けましたら幸いです。


















-------------------------------------
フラット表示 前のトピック | 次のトピック

題名 投稿者 日時
 » 米国High Bleed Musicのライヴ音源の配信権取得!! モリア1 2020/6/20 19:20
     Re: 米国High Bleed Musicのライヴ音源の配信権取得!! スペンサー&ホーク 2020/6/25 14:13
       Re: 米国High Bleed Musicのライヴ音源の配信権取得!! モリア1 2020/6/28 8:29

投稿するにはまず登録を
 

新しい登録ユーザ

イワッキー 2020/11/27
SHGKWG 2020/11/26
kgwn 2020/11/25
カルボナーラ 2020/11/20
こまつ 2020/11/4
yukioto 2020/11/2
わたなべゆう 2020/10/26
usbl 2020/10/20
den 2020/10/20
ハム-chan 2020/10/14

ログイン


ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

オンライン状況

47 人のユーザが現在オンラインです。 (37 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 47

もっと...