掲示板トップページ
メイン
   [00-07]リスニングルーム&システム紹介
     高い天井が貢献!!
投稿するにはまず登録を

| 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
RANZAN
投稿日時: 2018/8/2 13:54
長老
登録日: 2008/2/16
居住地:
投稿: 2242
Re: リスニングルームの在り方

皆さん
  こんにちは。

現在のリスニングルームにおいて「スピーカーシステムは音楽と音響の在り方の明確さがその音に明快に表れ、また驚くほどの
正確さで表現できるか!」の立証でした。

今では圧倒的な音の存在感を維持してくれている802(N)ですが、その使用する前評判は「パワーのあるアンプでないと
鳴らしにくい!」と評されていたことを見聞していたからです。
ならば「マニアにとって如何に自分流で鳴らし込むか!」、このSPなかなかチャレンジのし甲斐があるところです。

その802(N)を効率よく性能UPさせるには、まず最初オプションのフロア・スパイク・キットを履かせることで、高いパフォーマ
ンスを発揮させることでした。
またアンプ群も当初はT製ステレオパワーアンプでしたが、ここは新たに音に対するこだわりと魅力溢れる音を目指したという、
A社のAB級ハイパワーモノラルアンプM-6000 (1Ω負荷で1000W) の高い駆動力に魅せられ、同じくプリーアンプも高SN比、
低歪率抜群なC-2820の高い能力を生かし、コントロールすることで、802(N)は開放的にのびのびとした現代的サウンドで鳴り
始めたのです。
それは802(N)の能力が十分に発揮され、荒々しい中にも腰抜けしない安定したジャズの朗々とした鳴りっぷりは、小音量でも
ウッド・ベースの深い沈み込みのある力感と響きが一段とよくなってきたのです。
五感を研ぎ澄ますれば、小音量でもベースの弾けるような力感が体感できるもので、まさにジャズの音源にピッタリな高低域共
に強い押し出し感を発揮し、ベースの胴鳴りは豊かで驚くほどの圧倒的サウンド感で迫ってくることが実感できたのです。

また、802(N)に標準装備されているプラスチック製のフェーズ・プラグからハイブリッド(真鍮+銅)製の高級無垢削り
出し仕様に交換すると、その音の密度の濃さとレンジの広がりのある音質性能に驚くと共に、一度嵌ると抜け出せなくなり、
もう今更プラスチック製の標準仕様には戻れないのです。

ここはジャズにピッタリな豪快な音を求めて、さらなる迫力あるサウンドを魅力的に聴かせてくれる、現在のオーディオシステム
から放たれるサウンドには、特に惹かれる毎日です。
ジャズ・ピアノの音が実に綺麗に再現される、この音質は実に素晴らしという印象を強くするのも確かであり、S/Nが高く、
繊細であって低音には非常にガッツがあり、よく締まり「いやぁ〜 これは凄い!」実に力強く音に命が宿っているような再現性に
惚れ直すのでした。

少しのロスもなく、音色は瑞々しく鮮明で、まさにハイエンドな雰囲気があり、あらゆる音域でS/Nが高く心地よく澄み切り、
ジャズのゴージャスな響きを持ちあわせていて、アタックが鋭く骨太でインパクトのある表現力が素晴らしいのです。
それは極めてハイスピードで切れ味もよく、瞬発力に優れた高解像度でありながら、このよく引き締まった音にビックリです。
ピアノ・タッチの余韻の音も厚く感じられ、低音部までどっしりとして輪郭が明快でクリアに描き出されていくのです。
それは高純度でありながら爽やかで活き活きした密度の濃い分解能を呈してくる現代的な再現性がよく判断できるようです。
まして、その強力なダンピングを効かせた鮮度が高く見通しの良い音は、巧みに調和してリスニングルームを切り裂いていく
そのサウンドに思わずワクワクしてくるのでのす。

これからも、リスニングルームに弾けるような力感や響きと、開放的でのびのびしたサウンドの心地よさを満喫し、効率を
向上させていきたいと、なお意欲が増すようで心解れる瞬間でした。




RANZAN
投稿日時: 2018/10/10 15:32
長老
登録日: 2008/2/16
居住地:
投稿: 2242
近代的で輝くような響き !

皆さん
  こんにちは。

リスニングルームの天井の高さがより聳え立ち、その近代的な音は未来に向かって、そのホールの広さを
十分に出し切り、より新鮮に輝く音にのめり込んでいくようでした。

それはオーディオ的にこの一枚を聴いた途端、今まで体感したことのないリスニングルームの音場空間が
一変するくらいの素晴らしいサウンドに出会えたのです。

これは昨年末発売されたストラヴィンスキー/バレイ音楽 『春の祭典』 アンドレア・パッティストニー
指揮でのUHQCD盤の優秀な一枚でした。

ここはさすが若き天才指揮者のアンドレア・パッティストニーはデジタル時代の冒険ともいえる音作りで、
それはまた見事なバランスでよく整えて演奏していくのです。
解像度が高く響きが明瞭でいて、再生される帯域の広いことこの上ないのです。
金管楽器の響きも美しく、大音量で再生してもクオリティが断然高く、音のつぶれが全くないのです。
音の表情も深く繊細で情報量を十分に活かし切っているところに絶唱するのです。
何と強大でありながら色彩感たっぷりで、それでいて輝くようなオーディオ的快感がちりばめられた
このオーケストラが最高な音でリスニングルームに届けてくれたのです。

その素晴らしい成果は、まさに恐れを知らない若きアンドレア・パッティストニーが思い切りタクトを
振る姿が目に浮かぶようで、東京フィルハーモニー交響楽団のダイナミックレンジの大きさだけでなく、
音響的色彩とテクスチャの豊かさも群を抜き、そのポテンシャルの大きさも引き出しているのです。




RANZAN
投稿日時: 2019/1/1 14:01
長老
登録日: 2008/2/16
居住地:
投稿: 2242
新世代は輝くような響き !

管理人Kさん 皆さん 

明けましておめでとうございます。
どうか本年もよろしくお願い致します。

新しい年を迎えたことで、今年の目標といえば更なる情報量の多い音楽を聴くことは、リスニングルームの
音響環境の構築が必要だと考えるのです
その新世代への研ぎ澄まされた音質の真価を狙い、より一層S/Nの高度化、引き締まりを効かせた低域は
立体感があり、コントラスト豊かに描かれていくことです。

音に切れとスピードが加わり、好きなピアノ・トリオのジャズピアノとベース&ドラムスの濃密な駆動力の
高まりを期待し、極めたいものです。
ジャズ・ヴォーカルにおいてもしかり、リアルですっきり冴えわたり、ニュートラルでニュアンス澄みきる
高効果を発揮させるよう努力したいきたいと念願するところです。

最近、ジャズだけでなくとみに関心の高まるクラシックにおいても、オーケストラの低音楽器のティンパニや
グランカッサのドラマチックで美しい響きを、見事なまでに表現したいものです。



RANZAN
投稿日時: 2019/1/23 15:31
長老
登録日: 2008/2/16
居住地:
投稿: 2242
Re: 新世代は輝くような響き !

皆さん
  こんにちは。

前項の通り、リスニングルームに響く音はジャズだけでなくクラシック音楽にも力が入るのです。

輝くような色彩感でオーディオ的快感を満足させてくれるパルシブな再現能力の体感、
それは「マーラー交響曲第5番」〜エリアフ・インバル指揮 東京交響楽団〜その演奏での
低音の締りの良い音源に惹かれたのです。

天井高く聳え立つ輝かしいトランペットの響きが見事で、力感を際立させた狙いの演奏で速いテンポ
で進む中、第2楽章での激情がほとばしるように、後半のそのトランペットのフレーズが音場空間に
くっきりと浮かび上がってくるのです。第4楽章でも管楽合奏の見事な美しさは、また格別なものです。
第5楽章では金管楽器の華々しい輝くような響きとスケール感に聴きいるばかりだったのです。

オーディオ的にも素晴らしい、まさにSACDハイブリッドの威力を見せてけてくれたのです。



RANZAN
投稿日時: 2019/2/4 14:19
長老
登録日: 2008/2/16
居住地:
投稿: 2242
Re: 新世代は輝くような響き !

皆さん
  こんにちは。

現在、リスニングルームの再構築(進行中)を進める中、以前と違った音の感触は、まず飛び出てくる音のノイズ感が減少したように、
細部の音を緻密に再現してくれる温かみのあるトーンは、クリアでありながら硬さをまったく感じさせないところが断然魅力です。
楽器の配列がすぐ目の前に浮かんでくるようなリアルなその感触がたまらないのです。

ましてジャズ、クラシックなどジャンルを選ばないというところも魅力で、どの音楽もより鮮やかな音で聴感させてくれるバランスの
よい高品位な音場空間を実現したいと願うのです。

〜 続く〜



RANZAN
投稿日時: 2019/3/3 15:22
長老
登録日: 2008/2/16
居住地:
投稿: 2242
Re: 新世代は輝くような響き !

皆さん
  こんにちは。

今年の冬は暖冬だと言われていましたが、はやり予想通りのこの暖かさです。
爽やかで快適な春はもう直ぐそこまでやってきています。

寒さに閉じ込められていたオーディオ心が、何故か開放感に満ちて解き放されていくようです。

オーディオと音楽を愛する精神にいつまでも灯をとも続ける深い愛情は、現代の音の艶と温かみのある音がフレッシュ且つ
みずみずしいロマンティシズムに心がときめくのです。

昨年、夏頃から模索を続けているリスニングルームの更なる高音質効果への再構築は、音楽表現が堪能できる香気と、オーディオの
真髄を高次元のレベルで高品位な要素が、現在において日々その成果の実りが判断できることで大変勇気づけられるのです。
時間をかけた分それなりに進化していくようで、リスニングルームの天井高く“ 広く、深く響く心地よいサウンド!! ”
その音質効果は絶大といっていいものです。

ルーム内はガラス窓が多面に使用されているため、シルキー・カーテン新設及びRWL-3,WS-1等の拡散と音調の再チューニング
においても、RWL-3をSP背後3枚だった枚数を4枚に増やすことで「より滑らかな音質再現性を稼ぎ出してくれる!」という
考案で実施てしてみて、これなかなか今までになかったニュートラルを基調とした生々しい音質再現ができたことでした。
SPボードの底板の振動により、天板も振動すると考え、それを遮断するにはスペーサで浮いた隙間に、適度な厚みのフェルト布
を適当なサイズで挿入することで、クリアな高忠実再生でのS/N感がさらに高まり音の純度や鮮度も向上したのです。

また、RGC-24、REM-8、RIQ-5010等々の各機器への入れ替えは慎重に吟味し、音の実体感や奥行き感がはっきりと表現されて
くるその変化がまた楽しみなものでした。
そして、SPの設置位置の再設定と向きの変更等での懸命な試行錯誤と、その追い込みにもここはゆっくりと時間をかけて試聴の
繰り返しを重ねて、「この音だ!」というところまで地道に努力し、納得のいく音にこぎつけていったのです。

あらゆるジャンルの音楽を聴いても、その音には弾力があり楽器の質感を忠実に表現してくれるところと、例えば
クラシックでは管弦楽の各楽器から弾き出されるハーモニーが豊かで、生気あふれる力強さと繊細感においても、
滑らかで潤いがありニュートラルなトーンで整い、一定した透明性、解像度の高い音質を提供してくれることです。
それは高品位なグレードの高い機器の導入効果の成果は勿論あるでしょう。
特にジャズの表現力はこれまでにない素晴らしく、コントラバスのドライブ感、シンバルの打音、ブラッシングは
鮮明そのもので、その音は非常に魅力的であり、質感のある高音質が生み出されてくるもので、力感と迫力ある響き
といい、この瞬間においてその思いは高揚するばかりです。

そこで、たどり着いた音の再現性は、ひときは際立つようにピアノの一音一音の繊細感は、その粒立ちが湧きたつように
表現され、圧倒的な空間の広がりとそのニュアンスのきめ細かさ、緻密さがひときわ向上しているのです。
音像定位や奥行き感、立体感が劇的に向上してくる表現力の魅力に取りつかれていくようです。
ウッドベースもいきなりガツーンとくる勢いある締まった低音の沈み込みが、グゥーンと重心が低くなり分解能も
非常に高くなったと感じるのです。
あのトランペットのハイノートは断然魅力であり、リアル性とパワフルさを肌で感じるくらいで、それはより新鮮で透明な感触で
聴けるものでした。

ダイナミック感が増して躍動感が溢れ出てくる感じです。ドラムのアタック音は中高域のハリのある音質のバランスが、
絶妙な味を奏でてくるのも魅力です。
こうして、各楽器の再現性は見事であり、今までの音に十分すぎると思っていたものが、更に高い再現性能力を有して
リスニングルームに変身したと、現在思えるようです。

それからも、この至高な音質がいつまでも続いて、ドッシリとして高級感がある独創的な、センスのいいゴージャス
極まりない、ピユアオーディオ一筋に長く情熱を注ぎ込んでいきたいと念願するのです。
オーディオを所有する喜びと飽くなき探求心を高め、ジャズに限らず、クラシック等どの音楽ジャンルをも忠実に
再現してくれる心地よいサウンドを、このリスニングルームの天井高く響かせ続けてくれ喜びで、心を掻き立てくれる
ことが大きいと感じるのです。

オーディオマニアとして音楽を再生する探究を忘れない心、これ! 大切にしたいものです!



RANZAN
投稿日時: 2019/3/6 13:42
長老
登録日: 2008/2/16
居住地:
投稿: 2242
Re: 新世代は輝くような響き !

皆さん
  こんにちは。

再構築しているリスニングルームの再現性は、嬉しいことに現在もなお進化を続けるているのです。

そのことからここにきて、今後ますますオーディオへの意欲が増してくるのです。
リスニングルームのオーディオへの電源環境は、家庭では冷蔵庫、やPC、テレビ等様々な家電製品が
電源ラインに接続されていていることから、S/Nの劣化や歪、ノイズの侵入はアンプの出力にまで影響を
及ぼしているのです。
こうしたことは決して好ましくない状況といえるでしょう。

そうした中、たまたまUSED品でA社のPS-1220をリスニングルーム環境改善に導入したのです。
リスニングルームにはオーディオ機器とPC関連機器の役割は大きなものです。

まず、SACDプレーヤー(DCD-SX)を本機から電源供給して聴いてみると、その試聴感はS/N比が
グゥーンと高まると同時に濁りや歪が確実に減少したことが確認されるものでした。
ジャズ・クラシックの音楽においても、音場が安定しピアノのタッチがより鮮明で明確なビート感と
切れの良いドラムスが素晴らしい再現性を紡ぎ出してくれたのです。
また、オーケストラも各セクション配置に乱れがなく、最低音域まで高い解像度と制動力が確保されたのです。

まさに、最近の電源環境の悪化により、これからのリスニングルームには益々存在価値を高めるクリーン電源
だと好感を持つものでした。



RANZAN
投稿日時: 2019/5/1 12:16
長老
登録日: 2008/2/16
居住地:
投稿: 2242
Re: 新世代は輝くような響き !

皆さん
  こんにちは。

新元号が「平成」から「令和」に代わった今(令和元年)、これからもオーディオと音楽を愛する
心は変わることなく、またより愛着心を持って向き合う姿勢は不変です。

当初のリスニングルームの反響、不透明さは酷なもので、802(N)の明瞭でシャープなSPでも、音の淀み、
ブーミング、つっぱり感、定在波等々、それはどんなに高価で上級の機器を使っていても、肝心の
室内音響効果がチープでは本領を発揮できないのです。
数多く愛用しているアコリバアイテムの一つ一つは、我がリスニングルームの音響環境を快適に
変革させてくれており、その構築での効果は例え微弱であっても一役かってくれているのは確かです。

例え、これがRCI-3Hとしても旧RCI-3と大きさは同じですが、大幅に効果を高めたのがRCI-3Hであり、
メイプル本体に黒檀を装着させ、底部にはマホガニーへと変更されているのです。
そのヒッコリーとマホガニーを組み合わせ、優れた音響素材による優れた制振力と、天然鉱石を
ブレンド封入した電磁波吸収のダブル効果でもあるのです。

更にノイズ吸収効果とS/Nを劇的に向上させることができ、リスニングルームのエネルギー感に
富んだ再現性には、質の高い立体的な音場、音像定位へと激変させてくれたことは間違いないでしょう。
また、淀みをやこもりを無くする室内環境には、WS-1をスピーカー背後のRWL-3(3台)の裏に変更し、
その方向性を変換して試聴を繰り返すことで、最適な位置を見極めて設定したのです。
以来、音場の豊かな広がり瑞々しくすこぶる透明でクリーンなステレオイメージが出現し、ビッグバンド
の余韻も自然なバランスの音場を作り出して、ダイナミックレンジは広大で空間もグゥ〜ンと
広がったのには驚きです。

アコリバアイテムは、全て一つの方向を向いているので、使い方を地道に積み重ねていけば
その相乗効果によって、機器の価値が数倍上がったような印象を抱くもので、各ケーブルはできるだけ
RCI-3Hの中央にセットすることが肝要でもあるのです。
音楽をまたオーディオを楽しく理屈抜きで聴くことができるのが実にいいですね!。

天所が高いリスニングルーム全体の音場空間のフォーカス感が向上し、またRR-777との相乗効果で
音響特性に優れ、左右のセパレーションや空間イメージの生々しさも圧倒的で、ダイナミックで
躍動感みなぎる表現力、これはほんと見事です。



RANZAN
投稿日時: 2019/6/2 13:08
長老
登録日: 2008/2/16
居住地:
投稿: 2242
Re: 新世代は輝くような響き !

皆さん
  こんにちは。

現在、リスニングルームで愛聴しているSPはB&W 802(N)です。
以前に使っていたのは、ジャズの王道ともいうべきマッキンとJBL4348の組み合わせでした。

JBLはその頂点として60周年記念モデルはProject EVEREST 66000という、まさにフラッグシップ・
モデルとしていまだ君臨しているのです。
また、JBLにはスタジオ・モニター・シリーズも存在するのです。

1971年にスタートし、現在では4300シリーズというくくりになるのですが、38cmウーファーと
コンプレッションドライバー&ホーンという2ウェイでスタートし、またここは小型のコントロール・
シリーズとして30cmウーファーの3ウェイとして、4310がプロ市場に参入したこのシリーズの原点と
いえるものです。

4320は4331に引き継がれ、ウルトラハイを追加した4333という流れが4338に繋がっていくのです。

そして4348の直接の源といっていいモデルはミッドバスを加えて4341が1974年に誕生しているのです。
この流れは1976年には4343が空前の大ヒットとなり、今日でもスタジオ・モニターというとジャズファンは
4343をまず脳裏に浮かべる方が多いのです。
実際に使ったことがあり、サイズ的に導入不可能ということで断念したり、と4343が様々な思い出につながって
いるファンも多いと見聞しています。

優秀なアルニコ・マグネット採用の時代からフライトへと移行し、SFGと呼ぶ磁器回路が採用され、1981年
にはバイラジアルホーンが開発され、1982年にはCDがスタートし年に4344がスタートしたのです。

50周年記念ということもあって、MK2化されるのがJBLのスタジオ・モニター・シリーズに引き継がれて
いくのです。
2002年大幅な改訂が加えられ現在の4348や4365はより進化し30年ぶりにグレードUPされていくのです。

リスニングルームに「JBLサウンドでジャズの王道をもう一度!」 という熱い想いは、脳裏の片隅のどこかに
いまだ残っているようですが、それを回帰できるかどうか!!

「王道をもう一度!」といってみたものの、また一からなので惜しいかな! またまたそれだけのエネルギーと
時間を強いられるのです。



« 1 ... 14 15 16 (17)
| 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 

新しい登録ユーザ

keni 2019/6/3
セバスティアン 2019/5/27
かんぴ 2019/5/22
SHIN 2019/5/22
Shu-Shu-Ayu-Pon 2019/5/22
kontakt 2019/5/22
メリメロ 2019/5/14
タミー 2019/5/11
ケンタロー 2019/5/11
ヤマ 2019/5/11

ログイン


ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

オンライン状況

18 人のユーザが現在オンラインです。 (13 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 18

もっと...