掲示板トップページ
メイン
   [00-03]音楽全般
     私のJAZZ 名盤 Part 2
投稿するにはまず登録を

| 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
RANZAN
投稿日時: 2019/2/17 15:14
長老
登録日: 2008/2/16
居住地:
投稿: 2242
Re: 私のJAZZ名盤 2(JAZZ編)

皆さん
  こんにちは。

ボッサのリズムも軽快なラテン・ナンバーを中心に、洗練された美しいリズムに乗ってジョエル・フラームらしい
Tsの演奏が繰り広げられるのです。

≪ 愛の十字架 /ジョエル・フラーム・カルテット ≫

ジョエル・フラーム(ts)
サイラス・スェスナット(p)
デズロン・ダグラス(b)
ダデューカ・ダフォンセカ(ds)

1)ボンズ・アミーゴス
2) 愛の十字架
3)カリニョーソ
4)デライラ
5)アーリーオータム
6)ウ・カンタドール
7)フラワーズ・オン・ザ・テラス
8)サンシャワー 
9)煙が目にしみる
10)フライング・オーバー・リオ
11)テレーザ・マイ・ラブ
12)ウエイティング・フォー・アンジュラ

これは往年のテナーサックススの巨匠スタンゲッツを彷彿させるような、朗々としたテナーをロマンティックに奏でる
ジョエル・フラームの名盤といっていいでしょう。

まず、その心地よいリズムにはテナーサックスがよく似合うもので、ふくよかな音色はリアルでメロディアスなフィーリングが
マッチしており、エキゾチックなジャズが持つ本来のサウンドが心地いいのです。それもピアノのサイラス・スェスナットが
美しい旋律でフォローしているところは絶品です。
そのどこかしんみりとした音色といい、明るい雰囲気と気分が満喫できるもので、情感満ち溢れる演奏はやはりセンス豊かな曲を
実に美しく、フラームの繊細なテナーが力強く繰り出す軽やかなボッサのリズムに乗せて、熱いハートが伝わってくるのです。
また、サイドメンがよく盛り立てていることが、今回の素晴らしい演奏に繋がっているものだと感じるのです。

サウンドは透明感が増し、切れがよく分厚いテナーと、ピアノ、ベース、ドラムスが一体となった音色はオーディオ的にも聴きやすく、
楽器一つ一つの粒たちもよく、その美しい響きが功を奏し、分離感のほどよい空間表現が心地よくパワフルに響き渡るのです。



RANZAN
投稿日時: 2019/3/1 16:51
長老
登録日: 2008/2/16
居住地:
投稿: 2242
Re: 私のJAZZ名盤 2(JAZZ編)

皆さん
  こんにちは。

♪ もうすぐ春ですねぇ〜 みんなを楽しい音楽に誘ってみませんか!!

アコースティックなギターのホメロ・ルバンボの上手さと相まって、ジャッキー・ライアンの歌声が春の空に冴えわたっていくのです。

「ジャッキー・ライアン /スピーク・ロウ」

ジャッキー・ライアン(vo)
ジェレミー・ベルト(tp,flh)
エリック・アレキサンダー(ts)
サイライス・チェスナット(p)
ホメロ・ルバンボ(g)
レイ・ドラモンド(b)
カール・アレン(ds)

TOCJ-66470

2)スピーク・ロウ
3)十字路
4)ドゥ・サムシング
5)オポチューニティ・プリーズ・ノック
6)あなたと夜を
7) ブリガス・ヌンカ・マイス〜ア・フェリシダージ
8) テル・ミー・モア・アンド・モア・アンド・ゼン・サム
9) ダット・デア
10)雨の降る夜
11)マイ・ハウ・ザ・タイム・ゴーズ・バイ
12)ソラメンテ・ウナ・ベス

彼女はゆったりとして伸び伸びと唄っていく、最初の1)「ドゥージー」を聴いても往年のサラ・ボーンのイメージに似たボーカル・プレイで
もあるようです。
軽快なノリで、鮮明で若さ溢れんばかりの歌唱力に驚くばかりで、3)「十字路」では一転して細やかで透明感ある表現に癒されるのです。
素晴しい高音の美しい響きはさすがで安心して聴いていられるようで、ギター奏者ホメロ・ルバンボもご機嫌で快調に飛ばしていくのです。
これは何時までも安心して聴いていられるところが実に気持ちいいのいいところです。
ホメロ・ルバンボのギターの音色はご機嫌であり、ジャッキー・ライアンの歌声に乗せられ快調に飛ばしていくところばかりを引き出して
いるようでもあるのです。
実に美しく伸びやかでブルージーなボーカル・サウンドを一段と輝かせているようでもあり、サウンドもピアノのサイライス・チェスナ
ット、テナーのエリック・アレキサンダー、ギターのホメロ・ルバンボの音色のいいリズムと、最もピュアな美しさを情熱的にアプローチしていくリズム隊に支えられ、ジャッキーの歌声と気品がどこまでも輝き続けるのです。



RANZAN
投稿日時: 2019/4/4 16:55
長老
登録日: 2008/2/16
居住地:
投稿: 2242
Re: 私のJAZZ名盤 2(JAZZ編)

皆さん
  こんにちは。

昨日(4月3日)BSテレビの「日本の唄・世界の唄」で久しぶりに小林圭のジャズ・バラードを視聴したのです。
より大人になった感と、凛としたフェースとハスキボーイスは変わらず、ジャズ・ヴォーカルでのラブソングは
なかなかそのセンスが好印象でした。

小林 圭(vo)
小林 洋(p)

PCCY-30201

1)イン・マイ・ワールド
2)ホーム(ホエン・シャドウズ・フォール)
3)マイ・ワン・アンド・オンリー・ラヴ
4)晴れた日に永遠が見える
5)ジェントル・レイン
6) ウェイヴ
7)ニアネス・オブ・ユー
8)イッツ・ア・ピティ・トゥ・セイ・グッドナイト
9)フー・ウッド・イマジン・ア・キング

ジャズ・ボーカル界のプリンスといわれる小林 桂にとって、父洋氏(p)の思いはジャズ・シンガーとして
息子が重ねた精進に、今回はピアノで最高のサポートを務める。それも二人だけでのレコーディングは
今回が初めてという、まさに父に捧げるバラードであり、父子での心温まるアルバムです。

立派に育った息子に最良のサポートを行っていて、また久しぶりに聴く小林桂の歌声には安心感と
落ち着きと余裕があり、貫禄さえ伺えるようです。
最高のラブ・ソングを最高のピアノ・フォローで奏でられ、圭の歌はますます上手くなったように広い
スケール感をも感じ取れるのです。
5)「ジェントル・レイン」6)「ウェイヴ」を聴くと、それは一段と大人になってきた感じさえうけるようで、
高音部だけでなく低音部もふくよかさが見事に表現され、自然なスイング感やビート感があり、ピアノも爽やかな
音場を創り出していて、音に深みがあるところも好ましくジャズ・ボーカルの音作りと、圭の擦れるような
紗かかったプレゼンスのよい、ナチョナルな音色と快い響きの歌声はゆったり感とレイジーなムードもあり、
まさに二人で創り上げたジャズ・ボーカルの核心をつかんだよな感がしたのです。

それは父の好サポートも手伝い、情感豊かなボーカルの表現と濃密な演奏が展開され、全てが見事な響きを
聴かせてくれることもあり、大人の魅力が一杯詰まった圭の歌声は、新たな旅立ちへのスタートともいうべき
ものでしょう。



RANZAN
投稿日時: 2019/6/2 13:15
長老
登録日: 2008/2/16
居住地:
投稿: 2242
Re: 私のJAZZ名盤 2(JAZZ編)

皆さん
  こんにちは。

日本には何度も来日公演しているベテラン・ジャズ・ボーカリスト、ディー・ディー・ブリッジウォーターを
今アルバムの歌声を聴かされると、やはり「いやぁ〜 実にいいものだ!」と思う瞬間です。

≪トゥ・ビリー・ウイズ・ラブ・フロム・ディー/ディー・ディー・ブリッジウォーター ≫

ディー・ディー・ブリッジウォーター(vo)
ジェームス・カーター (ts,ss,bcl,afl)
エドセル・ゴメス(p)
クリスチャン・マクブライト(b)
ルイス・ナッシュ(ds)

UCCM-1185

1) レディー・シングス・ザ・ブルース
2) オール・オブ・ミー
3) グッド・モーニング・ハートエイク
4) ラバー・マン
5) ユーブ・チェンジド
6) ミス・ブラウン・トゥ・ユー
7) ドント・エクスプレイン
8) ファイン・アンド・メロウ
9) マザーズ・サン・イン・ロウ
10)ゴッド・プレス・ザ・チャイルド
11)フォギー・ディ
12)ストレンジ・フルーツ
13)ホワイト・ア・リトル・ムーンライト・キャン・ドゥ

ビリー・ホリディ没後50年の機に作られたこのアルバムは断然魅力的であり、フォローするメンバーも豪華であり、
そのことからしてブリッジウォーター自身にも自然と力が入っているようです。
ダイナミックで力強い迫力あるボーカル・フィーリングとスイング感で、一瞬ビリー・ホリディのイメージが浮か
び上がる圧倒的なパフォーマンスを披露するのです。オーソドックスなジャズを完全に自分のものにしているようで、
ジェームス・カーターのソプラノ・サックスとブリッジウォーターの優しい雰囲気あるスキャットに癒される瞬間です。
そのジェームス・カーターの力強いテナーが先導して、ブリッジウォーターと奏者との間には活気がみなぎり、その迫力が
十分に伝わってくる堂々としたダイナミックで正統的な歌い方は、聴いていくうちに心が和み表現力の素晴らしさに胸を
打たれ、その絶唱には思わず震え感動させられるのです。

往年のビリー・ホリディが得意にしていた曲を、ブリッジウォーターがベテラン奏者と息の合ったアレンジで再現し、
奏者の熱演になぜかキュッと胸が締め付けられるようで、まさにディー・ディー・ブリッジウォーターはエレガントで、
これだけの大ベテランが、改めて才能を開花させた素晴らしいアルバムだと感動を与えてくれるのです。



RANZAN
投稿日時: 2019/6/16 14:32
長老
登録日: 2008/2/16
居住地:
投稿: 2242
Re: 私のJAZZ名盤 2(JAZZ編)

皆さん
  こんにちは。

今回はNew盤であり、イタリア・ジャズ界を代表するトランペッターの一人、フラヴィオ・ボルトロが
ジャズメンの名オリジナルや、スタンダード・ナンバーを美しく演奏していく堂々たるデビューアルバムです。

「クリフォードの思い出/フラヴィオ・ボルトロ・カルテット」

フラヴィオ・ボルトロ(tp)
マッシモ・ファラオ(p)
ニコラ・バルボン(b)
ルーベン・ベラヴィア(ds)

VHCD-1246

1,ウィスパー・ノート
2, セオラ
3, 言い出しかねて  
4, ママシータ
5, ゼア・イズ・ノー・グレイター・ラブ
6, クリフォードの思い出 
7, ナッティ     
8, コン・アルマ
9, ワサビ・ブルース

この次元を超えた金楽器であるトランペットの響きの美しいさと、温かさを前面に打ち出して抒情溢れるメロデアックな
プレイを聴かせてくれるのです。
ここは先にイタリア・ジャズ界をリードしている、トランペッターのファブリツォ・ボッソやピアノのダニーロ・レア、ニコラ・
コンテ等と多くの共演を果たしてきているのです。
聴くとピアノのマッシモ・フォラオ及びベースのニコラ・バルボン、ドラムスのルーベン・ベラヴィアという面々の
好フォローで、魅力溢れるプレイは温かな表現を聴かせてくれるのです。

自身のこのアルバムではマイルス・デイヴィスを彷彿させる美しく見事な演奏で、天才トランペッターだったクリフォード・
ブラウンに捧げる名トランペット演奏ぶりを聴くことができるのです。

オーディオ的に聴くサウンドは、トランペットが繊細でリアルな表現力は魅力でもあり、そこにピアノ、ドラムスも
曇りのない中高域感の素晴らしさが表現されて行く中、ベース音がゴリッと感が過剰過ぎて、分解能が薄れる低域感には
少し残念であり、ガッカリ感が払拭されないのです。

やはり、ここに来ても依然V社の低域感は改善されていないようです。



« 1 ... 12 13 14 (15)
| 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 

新しい登録ユーザ

keni 2019/6/3
セバスティアン 2019/5/27
かんぴ 2019/5/22
SHIN 2019/5/22
Shu-Shu-Ayu-Pon 2019/5/22
kontakt 2019/5/22
メリメロ 2019/5/14
タミー 2019/5/11
ケンタロー 2019/5/11
ヤマ 2019/5/11

ログイン


ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

オンライン状況

26 人のユーザが現在オンラインです。 (21 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 26

もっと...