掲示板トップページ
メイン
   [00-03]音楽全般
     この音に 思わず手に汗握る!
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
RANZAN
投稿日時: 2019/6/8 14:18
長老
登録日: 2008/2/16
居住地:
投稿: 2245
朗々と 流れる !

皆さん
  こんにちは。

これは永遠の名曲といっていいでしょう。

モーリス・ラヴェル作曲 交響曲「ボレロ」は、現在まで数多く発盤されています。
その中でも当初フィラデルフィア管弦楽団の常任指揮者、ユージン・オーマンディ指揮の演奏と、
そこから繰り出されるサウンドのダイナミックさの絶妙なところが一番気に入っていたのです。

その音楽の音調は繰り返しが多く覚えやすいリズムのため、ボレロにおいて出だしは朗々として
ゆったりとした流れの中で、滑らかな音質は安定して、ダイナミックな低音もゆったりと深みがあり、
クオリティが高く豊かに繰り出されていくタクト振りは、さすがオーマンディといえるもので、
奥深く重厚な響きは質が高く、鋭く突き刺さる迫力のあるスケール感がワクワクし楽しめるのです。
それは衝撃と感動のフィラデルフィア・サウンドに癒され、ユージ・オーマンディの力強く躍動感
あふれる素早いタクトにも魅せられていたからです。
ホルスト曲「惑星」でも幻想的で素晴らしく魅せられる演奏を重ねる、フィラデルフィア管弦楽団の
音色は当時のオーマンディと現在においても変わることがなく、新生ヤニック・ネゼニセガンが指揮
するサウンドは、比較しても遜色がないともいわれているのです。

そのヤニック・ネゼニセガンが指揮する最新フィラデルフィア管弦楽団の演奏会が
〖 第23回京都の秋 音楽祭 〗と題して、ここ地元京都【 京都コンサートホール 】に 於いて
2019年11月3日(日・祝)に開催されるのです。

Program は ♪ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番ハ短調 Op,18
♪ドヴォルザーク:交響曲第9番ホ短調 Op,95 「新世界より」
なお、ピアノ演奏は ハオチェン・チャンです。

この秋、新鮮なフィラデルフィア・サウンドに触れ、ジャズだけでなくクラシックにも酔いしれることに、
期待がいっそう高まるのです。



« 1 (2)
スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 

新しい登録ユーザ

ゴエモン 2019/6/19
keni 2019/6/3
セバスティアン 2019/5/27
かんぴ 2019/5/22
SHIN 2019/5/22
Shu-Shu-Ayu-Pon 2019/5/22
kontakt 2019/5/22
メリメロ 2019/5/14
タミー 2019/5/11
ケンタロー 2019/5/11

ログイン


ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

オンライン状況

25 人のユーザが現在オンラインです。 (21 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 25

もっと...