掲示板トップページ
メイン
   [00-02]オーディオ全般
     オーディオの夢、何処までも!
投稿するにはまず登録を

| 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
RANZAN
投稿日時: 2019/8/16 17:35
長老
登録日: 2008/2/16
居住地:
投稿: 2316
Re: オーディオは魂を揺さぶる !

皆さん
  こんにちは。

 ” 記憶しておきたい ” (2) ≪ JBLとの出会い ≫ 

オーディオ店のホームページにアクセスで楽しんでいたとき、偶然、某オーディオ店のホームページに出会ったのです。
「いやぁ〜、これは興味のあるオーディオ製品ばかりだ」と思ったのです。
注目の製品には「商談中」→「売約済み」と、フラグがすぐ掛かり、かなり回転率も高いような感じがしたのです。
「これは信頼できそうだ!」というのが第一印象だったのです。

ある日、そのホームページにダイヤトーンのスピーカーDS-8000Nが載っていのです。まだ「商談中」が掛かってい
ないので、急いで店に電話連絡してみたところ、担当の方が電話に出られ丁寧に対応してもらったので、とりあえず
「商談中」にしてもらったのです。DS-8000Nは当時、国産品の中でも好きなスピーカーの一つだったのです。
そこで早速DS-8000Nを設置している某オーディオショップに、好みのJAZZアルバムを持参して試聴させてもらった
のです。
そこで約2時間程聴いていたのですが、「うぅ〜む!」ここは惜しいかな、やはりもう一つ低域が深く、厚く、太く沈んで
出てこない感がしたのです。
何故ならば、JBL4344のあのベースのズシッンとした、ぶ厚い低音と、ホーンから繰り出されるシンバルの「シャ〜ン」では
なく「ジャ〜ン」と厚く弾けるような音が欲しいと、その瞬間思ったのです。

某オーディオ店の担当者には「やはりJBL4344のあの音が欲しいので、再考して見ます!」と、DS-8000Nの断りの連絡を
入れたのです。
既に私の腹の中では、より強い物欲の虫が暴れ出していたのは確かであり、4344も良いが、「同じ導入するのであれば当然値段
も高いだろうが、より進化した4344Mk2も検討したい!」と、担当者に連絡していたのです。
「もし4344Mk2が入荷するような情報があれば一番に連絡をください」と伝えておいたのです。

約2週間ほどしてから担当者から「JBL4344Mk2が数日後入荷する見込みなので、ホームページには載せないで取り置きして
おきます!」と連絡があったのです。担当者の方がおっしゃるには、この4344Mk2を所有しておられた方は綺麗に使用しておられ、しかも、1年半しか使用されていませんし、エージングも良い頃で状態も良く商品には問題ありません!」ということだったのです。
「いやぁ〜うれしい、あれほど羨望し、待望していた4344Mk2が入ってくるとは!」4344に憧れ恋して、その思いを後押ししより
一層惚れたのは、毎週欠かさず観ていたNHKBS放送の「BSジャズ喫茶」というテレビ番組だったのです。その番組でのマスターと
ゲストがお喋りしている背景に実物のJBL4344 Mk2が設置されている所が何時も映っていたのです。
それはJAZZの代名詞的な思いで、ずっと虜となっていたのです。

この機会を逃したら何時また、これより良質な4344Mk2が入荷するか、定かでなかったこともあり「これに決めた!」と決断したのです。



RANZAN
投稿日時: 2019/9/7 15:27
長老
登録日: 2008/2/16
居住地:
投稿: 2316
Re: オーディオは魂を揺さぶる !

皆さん
  こんにちは。

“ 記憶しておきたい ” (3) ≪ JBL4344Mk2 アッタネター取り換え ≫

圧倒的なダイナムズムミズムズとスムーズなレスポンスのスタジオモニター、4344のリファインモデルが
4344Mk2でもあったのです。

各ユニットの出力と位相のバランスはミッドハイ/ウルトラハイ/ミッドバスの各アッテネーターに
より調整を取っていくのですが、そのアッテネーターの整備により素晴らしい音質の改善に繋がるとは!
まさに信じがたい出来事だったのです。

4344MK2のアッテネーターを交換するかどうかの決断で、どうするか迷っていたのですが、、この
「重量のある4344MK2を何とか輸送せずにアッテネーターを交換できないものだろうか」また
「それには一番良い手立てはないであろうか」ということで連絡してみたのです。
「ハーマンは出張修理サービスも実施している!」という、嬉しいニュースだったのです。
また「大阪サービス部から出張サービスに来てもらえる」ということで、ここは間髪いれずして
早速出張修理サービスを依頼したのです。間もなく大阪サービス部の担当者から電話連絡が入り
「それでは修理にお伺させて頂きます。しかし部品()を東京の方から取り寄せしますので1週間ほど
時間をください」という返事だったのです。

ようやく待ちに待ったアッテネーター交換の日が来たのです。まず、最初に音質の状態がどのようなものか
サービス担当者に試聴してもらったのです。伺うところによると担当者はハーマンが取り扱っている全製品の
修理サービスを行っているということでした。よって当然耳もかなり肥えておられるだろうと思い安心感を
持ったのです。

試聴したのはジャズ・ヴォーカルを聴き終えたあとすぐ!「この音に何か不満はありますか!」とサービス担当者に
尋ねられましたが、即答できず「は・・い・いい音ですよね!」という返事が精一杯でした。
次に担当者がアッテネーターのガリ音の検知を、持参された周波数チェックCDで確認すると「このガリ音はほんの
初期の段階ですね!」再生しながらアッテネーターを回していくと僅かにガリ音は見られるが、止めるとキチッと
音は出ているので「今のところ急いで交換する段階でもないようですが!」ということだったのです。
「アッテネーターの本当の故障はボリュームを回していって、止めたところで音が途切れるか、音が全然出て
こないというのが通常である」ということだったのです。
このように微妙に診断されると、またどう判断してよいか大変迷い、決断に困ってしまったのです。

最終的に決断したのは、ここは思い切ってアッテネーター6個(2台)新品に取り換えることでした。




RANZAN
投稿日時: 2019/10/2 12:38
長老
登録日: 2008/2/16
居住地:
投稿: 2316
Re: オーディオは魂を揺さぶる !

皆さん
  こんにちは。

“記憶しておきたい”   (4) 〜4344が熱く燃えた〜

我がオーディオファイルは「プロ機」への強い憧れがあったのは確かです。
スピーカーにおいてJBL4343の表現の高さを見抜き、1982年ごろ登場した4344は
それを更に磨き上げたものとして、熱烈な支持を得るものとなったのです。

アメリカ人からすると「プロ機を家庭に持ち込む日本人たち」と噂されたのです。
しかし、4343や4344は優れた能力を秘めていたことも事実です。
さすが、設計者さえ気づかなかったその能力を見抜き、日本人特有のキメ細かな神経で
魅力ある再現性を達成していったのです。

特に4344は多くのファイルによって使いこなしが試され、熱心なチャレンジ心に火が付き、
日本のオーディオファイルは4344の優秀さを知り、その期待に応えてくれることで、何処まで
もそのチャレンジ心はとどまることを知らなかったのです。

4344はプロ用モニター機であると同時に、コンシューマー機としての魅力を、日本の
オーディオファイルの熱をより掻き立てる、無類の名器といっていいでしょう。



« 1 ... 4 5 6 (7)
| 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 

新しい登録ユーザ

40年ぶりゾンビ 2019/10/8
tada 2019/10/8
serenity 2019/10/8
葦吹酔人 2019/10/8
昆布 2019/10/8
たぐまん 2019/10/8
ムック 2019/9/28
shirobako 2019/9/28
くろうど 2019/9/28
麦茶 2019/9/28

ログイン


ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

オンライン状況

21 人のユーザが現在オンラインです。 (14 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 21

もっと...