掲示板トップページ
メイン
   [08-01. ルームチューニング]超低周波発生装置 RR-777
     不思議な感覚
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
50T3
投稿日時: 2020/9/1 20:07
新米
登録日: 2018/11/6
居住地:
投稿: 12
不思議な感覚
Power Standard TripleC-FMを購入して以来、アコリバ製品の性能の高さに驚かされて、気付けばケーブルやアクセサリー類の殆どがアコリバの物に置き換わり、また着々と数を増やしてきました。
導入するたびに着実に性能を発揮して、システム全体の音が次から次へと改善されていく様は一種のショーを見ているかのような爽快感があります。

さて、アコリバのラインナップの内、ケーブル類の性能の高さには誰もが認める明瞭さがあるかと思いますが、それ以外にも(申し訳ないですが)何だかよくわからない怪しいオカルトグッズも同じようにラインナップされています。
某g社のように完全に振り切れている感じではないものの、電磁波が…シューマン共鳴波が…マイナスイオンが…等と言われても、「ホントかよw」と一笑に付してしまう自分が居まして、何だかんだと手を出さずに居ました。
しかし、この度なんやかんやあった中で注文しようかという機運が高まり、半信半疑の中RR-888を注文してみました。
先達の皆様のご意見を見ていましたので、どうやら2台以上の使用が良いらしい、電源と足元が重要だ、との教えに従い、本体だけでも結構なお値段ですが、本体の他にこのためのアナログ電源、DCノイズフィルター、アナログ電源用電源ケーブル、、、等一式を2台分揃えましたらそれなりの機材が買える金額になってしまって、最早後戻りが出来ない状況となってしまいました。

一式が揃って、設置して電源を入れ、ちょっと怖いので1日放置してから恐る恐る音を聞いてみました。
すると何とも言葉に出来ない不思議な感覚があります。音が近い感じというか、普段より情報量が多く聞こえる感じというか・・・普段より鼓膜がよく振動しているような感覚を持ちます。
確かに、スピーカーからの音に作用するのではなく、それを聴く人間に対して作用している気がします。
もう少し具体的に言うなら、特に高音域で音の抜けが良くなった感じがしたり、残響が長くなったようにも感じます。
まるで、家の中で聞いていたのがコンサートホールで聞いてる感覚に近くなったというか・・・ホールの前方側から後方側へ移動した感じですね。何とも正確に言葉に言い表せない、不思議な感じです。
また、設置した部屋で楽器を演奏すると、設置前より音が大きく聞こえ、モニターしやすくなりました。

音の変化の仕方は他のアコリバ製品からすると異色なので、もしかしたら好き嫌いが別れる製品かもしれません。ただ、確実に音は変わりました。驚きの製品です。
スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 

新しい登録ユーザ

カルボナーラ 2020/11/20
こまつ 2020/11/4
yukioto 2020/11/2
わたなべゆう 2020/10/26
usbl 2020/10/20
den 2020/10/20
ハム-chan 2020/10/14
peper3 2020/10/13
つじもー 2020/10/12
katsupacino 2020/10/7

ログイン


ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

オンライン状況

33 人のユーザが現在オンラインです。 (26 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 33

もっと...