掲示板トップページ
メイン
   [01-01 absoluteシリーズ] ラインケーブルRCA&XLR-absolute-FM デジタルケーブルCOX&AES-absolute-FM
     PC-TripleC/EXへ線材交換バージョンアップ
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
Harry
投稿日時: 2020/11/5 22:44
一人前
登録日: 2012/8/6
居住地: 大阪
投稿: 100
PC-TripleC/EXへ線材交換バージョンアップ
こんばんは、Harryです。

Kさんに相談し、PHONOケーブルをPC-TripleC からPC-TripleC/EXへ線材交換バージョンアップをしていただきました。

この3週間土日祝日に集中して視聴しましたので、所感を投稿します。

・今まで聴いていたレコードの音とかなり違う、別のレコードを聞いているよう。こんな音がレコードに入っていたのか、拙宅のシステムでもこの音が出せるのかと驚嘆

・PC-TripleCとPC-TripleC/EXはやはり別物

・艶、響きがケタ違い、奥行き感も増した

・低音から中音、高音、全てに余裕があり、キャパが上がった

・楽々と低音が沈み、高音が伸びる。特に、中低音の厚みが増した

・それなのにとても柔らかく、心地よい、とにかく自然である

ザ・シンフォニーホールに無伴奏のヴァイオリンやヴァイオリン ソナタを時折り聴きに行きますが、目を閉じれば、そこにいるように錯覚する。まさしく生音のよう。
倍音の響きがとにかく美しく、痺れます。

エージングがまだ不十分なのに、この音に驚愕してます。

拙宅のシステムはフォノイコ からプリメインアンプまではRCA-1.0PAです。それでこの音なので、いずれ、RCAもPC-TripleC/EXへバージョンアップをお願いしようと思っています。

バージョンアップに対応して貰えるので、ユーザーとしてこんなにありがたいことはありません。
過去の投資が無駄にならず、新しく生まれ変わるのですから。

また、今回、5PINプラグのカーボン模様部分を外していただき、テフロンチューブと熱収縮チューブで仕上げていただきました。

5PINプラグのカーボン模様部分がROKSAN RADIUS本体のアームピラーホルダーに当たるため、ROKSAN NIMAのアームピラーの奥までPHONOケーブルを挿し込むことができず、また、それでも、ある長さ以上、NIMAアームを引き上げられず、アームをターンテーブルに並行にできない悩みを、Kさんに相談したところ、解決して頂きました。

これで、ROKSAN NIMAのアームピラーの奥までPHONOケーブルを挿し込むことができ、且つ、アームをターンテーブルに並行にできるようになりました。

カスタマイズしていただけるのも、ユーザーとしてこんなにありがたいことはありません。

線材交換バージョンアップはもちろん安価ではありませんが、Absoluteを直接購入するより安価で済みます。この価格でこの音が手に入るなら、CDPやレコードプレーヤーを高価な後継機に買い替える必要はないと断言できます。

PC-TripleC/EXへの線材交換バージョンアップで至高の音が手に入ります。

皆さま、是非、PC-TripleC/EXへの線材交換バージョンアップも選択肢に。
スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 

新しい登録ユーザ

イワッキー 2020/11/27
SHGKWG 2020/11/26
kgwn 2020/11/25
カルボナーラ 2020/11/20
こまつ 2020/11/4
yukioto 2020/11/2
わたなべゆう 2020/10/26
usbl 2020/10/20
den 2020/10/20
ハム-chan 2020/10/14

ログイン


ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

オンライン状況

31 人のユーザが現在オンラインです。 (24 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 31

もっと...