掲示板トップページ
メイン
   [14-01]その他の話題
     究極・ハイエンドオーディオ
投稿するにはまず登録を

| 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
RANZAN
投稿日時: 2020/6/19 13:45
長老
登録日: 2008/2/16
居住地:
投稿: 2514
Re: 究極・ハイエンドオーディオ
皆さん
  こんにちは。

“PHILE WEB AUDIO NEWS”によると、アキュフェーズ創立50周年記念モデル第二弾として
ハイエンド・フラグシップ・プリーアンプ「C-3900」を7月中旬より発売するということです。
その情報によれば、C-3850の内容を一新し、これまでに培ってきたノウハウを結集、最高峰の
性能と音質を誇るというのです。

同社独自のフルバランス式ボリュームコントロール機構「Balanced AAVA(Accuphase Analog
Vari-gain Amplifier)」を2回路並列駆動する「Dual Balanced AAVA」を新開発して搭載。
約30%のノイズ削減に成功したという。なお、Balanced AAVAはAAVAを2回路並列駆動させ
たものであるため、本機は合計4基のAAVAを搭載するかたちとなる。
Dual Balanced AAVAの入力アンプは、高速でローノイズかつ高出力電圧特性を持つという
「MCS +」カレント・フィードバック増幅回路4個で構成されており、さらに入力バッファー部で
信号を大振幅化し、後段で圧縮する手法により低雑音化。加えてI-V変換アンプに主アンプの雑音と
歪みを副アンプで打ち消す「ANCC」を採用することなどにより、定格出力時S/Nが118dB、
入力換算雑音-130dBVを実現している。

アンプ回路は入力バッファー、AAVA、バランス出力、ヘッドホンアンプなど左右合計16のユニットで
構成されており、これらをガラスエポキシ基材のマザーボード上に左右独立構成で配置。それぞれは
8mm厚の硬質アルミフレームに強固に保持され、相互の電気的干渉、物理的振動を抑制する。
電源トランスには、放熱フィン付き鋳造アルミケース入りの高効率トロイダル・トランスを2個採用。
さらに新規開発の10,000µFの大容量・高音質アルミ電解コンデンサーを各6個ずつ、左右chのフィルター
として独立させて搭載することでモノフォニック仕様の電源部を構成。加えて左右チャンネルの配置の分離や、
全ユニットアンプに低インピーダンス電源を搭載することにより、アンプ間の相互干渉を徹底的に防止し、
電気的特性や音質の向上を可能にしたという。
入力端子はRCA×6、XLR×4、レコーダーPLAY×1の計11系統を、出力端子はRCA×2、XLR×2、
レコーダーREC×1の計5系統を装備。加えてRCA/XLRの外部プリアンプ入力を1系統ずつ装備する。

外形寸法は477W×156H×412Dmmで、質量は24.6kg。OFC導体を5芯マルチ構造で採用した
電源ケーブル「APL-1」と、赤外線パルス方式リモコン「RC-250」が付属する。



RANZAN
投稿日時: 2020/11/19 13:16
長老
登録日: 2008/2/16
居住地:
投稿: 2514
Accuphaseの新製品試聴会 (大阪)

皆さん
  こんにちは。

最新Phile Web Audio New’sによると、Accuphaseの新製品試聴会が大阪日本橋 シマムセン別館新試聴室で
下記の通り開催されるということです。

同ブランド50周年記念モデル第2弾のプリアンプ「C-3900」をはじめ、音楽的な質感を求めて開発された、
デジタル・ヴォイシング・イコライザー「DG-68」、フォノイコライザー「C-47」など、今年発表された
トップエンドモデルを中心に構成されたシステムでの試聴会となるいうことです。

日時:11月28日(土) 1)13:00〜14:30、2)15:00〜16:30

使用機材:プリアンプ/C-3900、デジタル・ヴォイシング・イコライザー/DG-68、フォノイコライザー/C-47、
CD/SACDトランスポート/DP-950、DAコンバーター/DC-950、モノラルパワーアンプ/A-250、
スピーカーシステム/DD67000(JBL)、アナログプレーヤー/GT-5000(ヤマハ)。

スピーカーシステムはJBL最高級「DD67000」、アナログプレーヤーはヤマハの「GT-5000」が予定されているという
ことです。



RANZAN
投稿日時: 2020/11/28 14:16
長老
登録日: 2008/2/16
居住地:
投稿: 2514
Re: Accuphaseの新製品試聴会 (大阪)

皆さん
  こんにちは。

その所有する喜びは、まさにハイエンドというに相応しいプリアンプの登場です。

A社が創立50周年記念の第2弾としてC-3900を誕生させたのです。
これはそのノウハウの集大成しての第一弾として登場した、C-3800/3850の後継機として、
その流れを汲むトップモデルといっていいでしょう。

今回はボリューム周囲に上品なゴールドのリングを備えることで、C-3900は歴代モデルと
同様に高品位なウッドケーで更に美しいデザインとなったようです。
肝要な音質については機器の色づけが極めて少なくなり、音の透明度や解像度が更に高まったと
いうことです。

残念ながら前項の試聴会には都合で行けなかったのですが、マニアには関心度がさらに高まる
ようです。



« 1 ... 6 7 8 (9)
| 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 

新しい登録ユーザ

イワッキー 2020/11/27
SHGKWG 2020/11/26
kgwn 2020/11/25
カルボナーラ 2020/11/20
こまつ 2020/11/4
yukioto 2020/11/2
わたなべゆう 2020/10/26
usbl 2020/10/20
den 2020/10/20
ハム-chan 2020/10/14

ログイン


ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

オンライン状況

33 人のユーザが現在オンラインです。 (27 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 33

もっと...