掲示板トップページ
メイン
   [00-01]ACOUSTIC REVIVE全般
     YSS-90HQスピーカースタンド
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
1chisuke
投稿日時: 2020/11/23 15:37
新米
登録日: 2020/9/24
居住地:
投稿: 1
YSS-90HQスピーカースタンド
SOHO作業環境の改善のため、
YSS-90HQスピーカースタンドを導入いたしました。
予想以上の改善効果があり驚いております。
他のスタンドとの比較はできておりませんが、ログも兼ねてレポートさせていただきたいと思います。


・導入前
木材床→カーペット→金属足ガラス天板デスク→ゴム板→コンクリートブロック→インシュレーター→スピーカー
・導入後
木材床→YSS-90HQ→スピーカー

・確認環境
ADAM / A7X
Universal Audio / Apollo FireWire
PC / Win
Steinberg / Cubase Pro

・普段の作業
トラックメイク
アコースティックなレコーディング
ミキシング(マスタリング)
MA・ポストプロダクション


これまでの不満点(主に共振による)
●音質面
・定位と距離感がくっきりしない
・残響の奥行きがみえにくい
・仕上がりがイメージと違ってくる
●環境面(課題点がわかりづらい)
・デスクが共振するためソースを分離して聴きとるのが難しい
・低音の回り込みなど悪影響成分と共振自体を分離して聴きとるのが難しい
・機材配置・角度でねらった部分を改善できない

今回改善された点(第一印象)
●定位性
・センターのフォーカス向上→ボーカルなど「そこにある感じ」向上
・前後の差が明確に→素材の空気感をキャプチャーしやすく
●ローエンド
・音波のゆがみ改善→音程を感じやすく
・リリースがきちんと止まるように→グルーヴをデザインしやすく
●解像度
・小さい音や減衰を抑揚を失わず再生→ゴーストノートや残響が鮮明に
・倍音が整う→アコースティック・アナログサウンドの真価が明解に
●作業空間
・共振・定在波・位相ズレ・過吸音・音溜まり現象などによる悪影響成分の分離判明→防調音・機材配置を総やり替え
・空間的課題点のあぶり出し→補完的投資指標
●作業効率
・各種接続・電源等の違いが紛れなく判るように→サウンドデザイン的機材選択指標の洗練
・音の分離向上→全体に作業効率アップ


「スピーカーの存在」を意識せず音に集中できるようになったのは予想外で感動しました。
リスニング環境の課題点が思った以上の角度からあぶりだされて痛快でおります。新しい目標が展けたようでうれしいです。

ありがとうございました。
管理人K
投稿日時: 2021/1/3 21:59
管理人
登録日: 2007/12/10
居住地:
投稿: 1850
Re: YSS-90HQスピーカースタンド
1chisukeさん、皆様こんばんは。

スピーカースタンドYSS-90HQご購入頂き誠にありがとうございました。
詳細なご投稿感謝申し上げます。

音楽制作の作業効率も飛躍的に向上したようで何よりでございます。

他社製のスピーカースタンドはスタンド自体の癖やキャラクターによってスピーカー本来の持ち味を殺し、音が見え難くなってしまうものが殆どですが、弊社スピーカースタンドはスタンド自体の癖やキャラクターは皆無でスピーカー本来の音色やクオリティをそのまま引き出し、フラットな周波数特性や正確な位相特性を実現します。

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 

新しい登録ユーザ

yoshi44 2021/1/22
swingboy 2021/1/21
nishi 2021/1/21
のんのん 2021/1/14
2021/1/14
EF58 2021/1/14
wat-acousticrevive 2021/1/8
LOVEKAMIROCK 2021/1/7
T 2020/12/25
ali5489 2020/12/24

ログイン


ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

オンライン状況

46 人のユーザが現在オンラインです。 (37 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 46

もっと...