掲示板トップページ
メイン
   [02-04. シングルコアケーブルシリーズ]スピーカーケーブル SPC-REFERENCE-TripleC
     SPC−REFERENCEーtriple Cを導入して
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
アート805
投稿日時: 2021/2/26 15:28
新米
登録日: 2020/8/24
居住地:
投稿: 3
SPC−REFERENCEーtriple Cを導入して
みなさん こんにちは。

アート805です

今回このSPケーブルを導入したことでシステムの音質と雰囲気が大きく変化した導入時の感想です。

最初にピアノトリオを聴きましたところ低音がグーンと下がり
シンバルとの空間ができ重量感を感じました。

女性ボーカルではカーテンを剥いで顔を出し歌ったかの如く生々しく聴こえました。

このケーブルの取り回しについては、この固さが記憶形状となり
配線が大変上手く行きました。

今後エージングが進みどう変化してくるのか楽しみです。






RANZAN
投稿日時: 2021/2/27 14:20
長老
登録日: 2008/2/16
居住地:
投稿: 2584
Re: SPC−REFERENCEーtriple Cを導入して

アート805 さん
こんにちは。

>最初にピアノトリオを聴きましたところ低音がグーンと下がり
シンバルとの空間ができ重量感を感じました。
女性ボーカルではカーテンを剥いで顔を出し歌ったかの如く生々しく聴こえました。

おっしゃるように、ピアノ・トリオでのピアノタッチとヴォーカルのニュアンスも正確で、
響きの美しい良さと相まって、その残響の透明度が非常に高く、ダイナミックな躍動感、
ピアノの粒立ちのいい中高域の繊細で空間表現力に長けたものです。

ジャズにおいては、広大でダイナミックレンジを確保しながら、ブラシの一本一本が
見えるような繊細感は、音の輪郭が鮮明で滲みや緩みがなく、視界がグーンと広がるのです。
ウッドベースも素早い立ち上がりで、重低音の引き締めやフォーカス、その躍動感をはっきりと
表現してくれるのです。

まさに、アコリバのこだわりを強く感じさせてくれる逸品であり、ハイコストパフォーマンス
でありながら、高SNとエネルギーは圧倒的なダイナミック感がずば抜けて素晴らしいのです。

そこに、YラグRYG-1/バナナプラグRBN-1等を装着することで、より音質の向上が図られる
でしょう。



スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 

新しい登録ユーザ

まっと 2021/4/12
OYAJIN 2021/4/7
東北人 2021/4/5
AKR17 2021/3/31
ユキムラ 2021/3/29
むなお 2021/3/25
アノニマスDTM編集部 2021/3/23
gak 2021/3/22
mippan 2021/3/18
あじゃりん 2021/3/17

ログイン


ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

オンライン状況

33 人のユーザが現在オンラインです。 (24 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 33

もっと...