掲示板トップページ
メイン
   [00-07]リスニングルーム&システム紹介
     高い天井が貢献!!
投稿するにはまず登録を

| 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
管理人K
投稿日時: 2016/3/4 1:52
管理人
登録日: 2007/12/10
居住地:
投稿: 1831
Re: リスニングルームの響きに 注視 !!














































































































































RANZAN
投稿日時: 2016/3/4 16:49
長老
登録日: 2008/2/16
居住地:
投稿: 2487
リスニングルームに 802 D3の圧倒的な響き !!

管理人K 様
   こんにちは。

いつもありがとうございます。

待望するの実際のリスニングルームでの、詳細なプレビュー写真掲載
ありがとうございました。

見るからにNew Series Diamond 802 D3 の性能の高さが感じられるようです。

できることなら、各写真での説明が欲しいところです。

ですが、写真を見ていても管理人Kさんの言いたいところが、直に伝わり(正面、裏面等々)
理解しやすいスピーカー背面内部から見てもエンクロージュアのの強度、剛性がかなり高い
(重量も増しています)ことが読み取れます。

大きく変わったのは、長い間黄色いケヴラ振動板から新開発のコンティニュアム・
コーンを用いた色もシルバーでのミッドレンジでしょう。
802 D3、803 D3、804 D3、805 D3と、 まさにニュー800シリーズ揃い踏みと
いったところ。

ですが、ここに最上級機800 D3のないのが、ファンとして寂しいですね。
なお、聞くところでは発売が少し遅れるという情報ですが!

また、キャビネットの足元にあるキャスターとスパイク両方どちらかを好みに応じて、
切り替えができるというところも、独創的で新しいアイデアが生かされていて、
かなりの力の入れようといい、造りのクオリティが素晴らしいことがよく理解できるのです。
今回のフルモデルチェンジで圧倒的に性能が高いということから言って、凄くその気合が
感じられ、よりいっそう新鮮な感じがしてくることからして、その再現性は素晴らしいことで
しょう。

なお、オーディオ誌「ステレオサウンド」の最新号 198 では、巻頭企画として
「9種のアンプで探るB&W 802 D3の実力」で、内外メーカーのアンプ、ESOTERIC、
Accuphase、TAD、KRELL、CONSTELLATION AUDIO 等々を使って、 802 D3の
能力を引き出す試聴会での対話が掲載されています。

これからの試聴が楽しみでになってくるのです。

P,S
管理人Kさんは 既にこの802 D3を試聴されたのでしょうか?
もし試聴されたようであれば、後に試聴感想記述も欲しいところです。

よろしくお願い致します。



リモコン二刀流
投稿日時: 2016/3/19 22:48
長老
登録日: 2015/5/19
居住地:
投稿: 347
Re: リスニングルームに 802 D3の圧倒的な響き !!
RANZANさん

こんばんは、リモコン二刀流です。

D3シリーズは、外観も結構リファインされています。
フロア方は特にスリムになっていて置きやすくなったように思います。

私は、イベントで試聴していますが、805Dの音が805D3になると見違えるようです。
音像がよりクッキリと蘇り、空間も深く透明度が上がります。
805Dも相当なものでしたが、一度でも805D3を聴くと旧モデルがとても残念な音に聞こえますね。
もう、店頭にも置いてあるし、ぜひRANZANさんも試聴なさって下さい。

値段が高すぎるのが難点だけれど、あれはもう一生モノですよ!
僕らはオーディオ機器の結線にアコリバを選ぶという幸福な選択をした人間なので、D3シリーズをきっと生かし切ることでしょう。
RANZAN
投稿日時: 2016/3/21 13:24
長老
登録日: 2008/2/16
居住地:
投稿: 2487
Re: リスニングルームに 802 D3の圧倒的な響き !!

リモコン二刀流さん
    こんにちは。

>私は、イベントで試聴していますが、805Dの音が805D3になると見違えるようです。

805D3 もう試聴されたのですね! 
「旧モデルが残念な音に聴こえる!」ということも、805D3の能力の高さを伺わせるようで、
その凄さが垣間見られるようです。

その再現力は相当なものだということに驚き、早く試聴してみたいと思っています。

一生ものであれだけのクオリティを実現しているから、802 D3での高価な値段には
了解しないといけないでしょうが、何分高値の華になってしまったのが少々残念です。

しかし、これから進化するオーディオの方向性を示してくれたものだと思います。



RANZAN
投稿日時: 2016/3/26 12:55
長老
登録日: 2008/2/16
居住地:
投稿: 2487
Re: リスニングルームに 802 D3の圧倒的な響き !!

にゃー君さん
    こんにちは。

返信が遅くなりました。

>私も802 Diamondをつかっておりますので以前からRANZANさんの投稿はよく読んで
>参考にさせて頂いております。

掲示板での愛読と参考にして頂いていることに感謝します。

何と! にゃー君さんは802 Diamondを使いこなされているのですね!  “ 羨ましい〜!!”
きっと、アコリバアイテムとの相性も抜群で、そこから再現される究極なサウンドは、さぞかし
魅力的で素晴らしいことでしょう。

ニューシリーズ 802 D3が発表されるまでは、802 Diamond PB には凄く羨望感が強かったのです。
だが、802 D3が登場した現在に至っては、前述のリモコン二刀流さんの試聴感想からも伺えるように、
やはりこちらの方にどうしても惹かれるようです。

そこで、ハイエンド機800 Diamond については、先日幸いにも偶然試聴する機会を得ました。

試聴した瞬間に感じたのは、その解像度の良さと低域感において802 よりは、やはり重心が下がり
さすが弩級クラスといえる究極で威風堂々としたサウンドはさすがです。
骨太感だけではなく躍動感が増し全帯域わたって繊細感のある艶といい、その滑らかさにも驚く
ばかりです。
ジャズではSPの奥に無限の力感をもつ音像が浮かび上がり、実に胸のすくような豪快なプレイを
演出してくれたのです。ヴォーカルにおいて、どんなに音量を上げていっても不明瞭になることなく、
逆に音量を絞っても満足感が得られ、どこまでも音が伸びていくような好印象を持ったのです。

New Series Diamond 802 D3についても、試聴する機会が得られると思いますので、
その時にはNew 802 D3のハイクオリティサウンドの効能についても報告したいと思います。

いまだ小生は802 Nautilus で根強く頑張っています。

にゃー君さんは、これより高性能な802 Diamondを愛用されているということ、これからも大切にされ
より高音質な再現力を目指し進化させていってください。

802を愛好する同士として、オーディオに対して向上心をいっそう高めていきましょう。

今後ともよろしくお願いします。



にゃー君
投稿日時: 2016/4/18 21:38
一人前
登録日: 2014/12/16
居住地:
投稿: 80
Re: リスニングルームに 802 D3の圧倒的な響き !!
こんばんはRANZANさん、返信して頂けているのに気が付いておりませんで失礼いたしました。

実は先週に東京に出かけた折に、802D3の試聴をする機会がありました。
SACD・プリ・パワーともすべてエソテリックでした、以前にも802diamondの試聴をしたことのある部屋でしたので、ある程度は音の傾向は掴んでいる場所です。

結果は音場の深さ広さと透明度・音像の実在感など素晴らしいと感じました、また中域から高域にかけての繊細感やウルトラスムーズな音に驚きました、ツイーターは同じでもまるで別物

ただ低域の量感に関してはもう少しあってもいいな〜というのが素直な感想でした、分解能に関しては文句なしでしたが。

私の802diamondはまだまだ鳴らし切っていないので当分は現役続行です。今後もRANZANさんの投稿を参考にさせて頂き、より良い音を目指しますのでよろしくお願いいたします
RANZAN
投稿日時: 2016/4/21 13:00
長老
登録日: 2008/2/16
居住地:
投稿: 2487
Re: リスニングルームに 802 D3の圧倒的な響き !!

にゃー君さん
    こんにちは。

早速802D3の試聴をされたのですね。

音場の深さと広さ及び透明度・音像の実在感、分解能等々素晴らしいということで、にゃー君さんは
既に802 Diamond を所有されていることこら、新しい802D3との音質の差が明確に判断できたことと
思います。

しかも、同じダイヤモンド・ツイーターを使っていても、まるで別物ということは、802D3ではかなりの
チューンUPが施されているといっていいでしょうね。

ただし低域の量感がもう少し欲しいということは、駆動するアンプでかなりの変化はあると思われます。
試聴されたエソテリックのアンプは、どちらかというとカチッとした音質の傾向なので、量感が余り感じられ
なかったのではないでしょうか。(短時間の試聴では中々判断の難しい面があるのも確かです)
その点、今お使いの802 Diamondは低域の量感が豊かであるというところにも、もしかして両者のサウンド
の差があるのではないかとも思われるのです。

新しいものが全て気に入った音質とは限らないので、にゃー君さんの802 Diamondもまだまだ鳴らし切れて
いないということからして、これからがますます挑戦のし甲斐あるSPであると思うのです。

最良で至高なガッツ溢れるサウンドに向かってチャレンジしていってください。



にゃー君
投稿日時: 2016/4/21 23:19
一人前
登録日: 2014/12/16
居住地:
投稿: 80
Re: リスニングルームに 802 D3の圧倒的な響き !!
RANZANさんこんにちは、

>その点、今お使いの802 Diamondは低域の量感が豊かであるというところにも、
>もしかして両者のサウンドの差があるのではないかとも思われるのです。

すみません、言葉が足りませんでした。
現状で802 Diamondの低域に満足しているわけではなくて、もうワンランク上の低域が欲しいと思っています。
今回は802 D3の低域に例えば1つ前のトップモデルの800 Diamond並のスケール感を期待していたのですが、
低域のスケール感に関しては802 Diamondと比べ同等以上だと思いましたが、飛び抜けて上という程ではなかったという事です。

説明不足でしたすみません。

802 Diamondはまだ良くなりそうなので頑張ってみます。
まずはスパイク受けを今使っているクリプトンのIS-HR3から代えてみようと思っています、
あとスピーカーケーブルも今はアクロリンクの物なのでどうしょうかと・・・

これからもよろしくお願いします。
RANZAN
投稿日時: 2016/4/25 12:07
長老
登録日: 2008/2/16
居住地:
投稿: 2487
Re: リスニングルームに 802 D3の圧倒的な響き !!

にゃー君さん
    こんにちは。

>説明不足でした すみません。

いやいや! こちらこそ理解が足りなかったようです。

>今回は802 D3に、例えば800 Diamond並みのスケール感を期待していたのですが、

800 Diamondについては既に試聴していますが、なるほど!あの大きい800 Diamond
のゴツイ低域には断然魅せられますね。
骨太感のある低域感と全帯域においても繊細で、艶のある滑らかな音像が浮かび上がる
シーンにおいて満足感があります。

>802 Diamondはまだよくなりそうなので頑張ってみます。

802 Diamondには専用の「フロア・スパイク・キット」が付属されていますが、
そのスパイク受けにマッチするであろう、B&W「コーンコースター」SACONEは試され
ましたか?

また、802 Diamond のSPケーブルなら、ここは迷わずアコリバ製「SPC-Triple C」
ダブルバイワイヤーでの、分母が大きい線材(高域1,4×1,8 低域2,4×2,8) が最適となるで
しょう。
これなら文句なく音質的に妥協のない選択となり、800 Diamond並みの躍動感溢れる低音を
再現してくれること間違いなしです。

それでもここはじっくり腰を据えて、向上心を邁進していきましょう。



RANZAN
投稿日時: 2016/5/3 10:30
長老
登録日: 2008/2/16
居住地:
投稿: 2487
SACD機も7年経つと!

皆さん
  こんにちは。

爽やかな皐月になり、木々の薄緑の若葉と澄んだ空気の新鮮さが、目に清々しく映るのです。

オーディオにおいても、くっきりと澄みわたる新鮮な音が甦り、音楽への情熱が心を満たすとき、
そこに素晴しく豊かなサウンドが出現するのです。

『心地よい音楽の感動のステージをリスニングルームに再現したい!』と、そのチャレンジ心は何時も
欠かせないでいるのです。その長年抱いていたオーディオ理想への再現性で、リスニングルームに伝わる
サウンドが一変したのです。
いつも好意にしているオーディオショップから、ESOTERIC最新SACDプレーヤーK-03X の試聴機を、
我がリスニングルームに持ち込み、試聴させてもらったのです。

その一音が発せられた瞬間、ジャズは当たりが柔らかいが、ESOTERIC独特のカチッとしてよく引き締まり
筋肉質ながらも硬さがなく、程よいメリハリがあってむしろしなやかな再生となり、アタックはハイスピード
且つ豊かな量感を聴かせながら、少しも緩くなったり膨らんだりしないのは、その一つの要因での効果もある
ようです。
音楽表現が積極的で、ヴォーカルは幾分緊張しているかのような表情の硬さを感じさせるが、演奏の熱気や
パワーをダイレクトに伝えることが大きな魅力であり、圧倒的に音の品位が高まり、思わずオーディオ
ファイルの背中を押してくれるような、活気あふれる力強い原動力となるのです。

ボリューム感が大幅に上がり、大変な迫力でアナログ時代の名録音などは、現在でもフレッシュに覚醍する
CDの真価を聴くために、ホットなジャズ、ロックビートも余裕をもって再現するのです。
それもジャズのビッグバンドの躍動感がダイナミックで、そのスイング感も瑞々しくフレッシュな感覚
でしっかりした骨格を保ちながら、音楽の構成を揺るぎなく描くカラフルな色彩感が際立ち、エッジが
たって彫が深く鮮度の高い音を堪能させてくれるのです。

ジャズ・ブラシは鮮やかで、ピアノやハイハットは鮮やかで粒たちがよく、余分な付帯音も全く感じ
させない、この上ない繊細感をも醸し出し、トランペットのミュートも刺激がなく実にクリアに奏で
られ、バスドラも力感がありドスッとくるこの音がたまらないのです。
音が音楽として鳴りだし楽器が歌い出すように、奏者の鼻息までも細かく聴こえてくるような解像度、
そのハーモニーは実に美しいのです。
まして静寂感や空気感まで余すことなく忠実に再現することで、奥行き方向の深さも感じさせる
広大な音場空間と、ベース、ドラムス、パーカッション等での低域は量感の豊かさと、締りのよさが
うまく噛み合い、その強烈で「ガツン!」とくるサウンドには、思わず身体がビートに合わせて揺れ、
それには我が耳を高音質化させてくれる瞬間でもあったのです。

クラシックの管弦楽では、コンサートホールの良い席で聴いているようで、そのS/Nが格段に向上した
こともあり、静寂感を際立たせ楽器どうしの位置感が鮮やかに感じられ、爽快なスピード感での管弦楽の
ぶ厚いフォルテや、骨格の安定感したスケールの大きいノスタルジックな雰囲気だけでなく、ピアノや
ヴァィオリンでのグラデーションの豊かで、その繊細さとニュアンスの透明さに加え、豊かな味わいと
音楽性に満ちた艶やかさなど、音像を立体的に構築された音場が包み込んでいくのです。
なおもって、グランカッサでの芯が太く骨太の大音響が地を這うような、堂々たる表現の重低音が、
身体全体に伝わってくるシーンには、聴けば聴くほどその良さがわかるという印象で、耳の肥えた
本物志向のリスナーには、痺れるくらいの歓びが満ち溢れてくるのです。

さすが、SACD機も7年経つと、こうした最新機器の進化したサウンドとの違いを、改めて垣間見た感を
強くするのです。



« 1 ... 11 12 13 (14) 15 16 17 18 »
| 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 

新しい登録ユーザ

電気は謎 2020/9/16
LGR 2020/9/15
spen-dor 2020/9/15
hiro62 2020/9/15
Iris 2020/9/10
reflex 2020/9/8
樫村 2020/9/3
hi2020 2020/9/2
元将棋初段 2020/8/28
アート805 2020/8/24

ログイン


ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

オンライン状況

48 人のユーザが現在オンラインです。 (40 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 1
ゲスト: 47

hi2020 もっと...