掲示板トップページ
メイン
   [00-04]PC&ネットワークオーディオ
     PC環境を整備してオーディオの音質向上を図る
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
PAKA
投稿日時: 2014/6/16 20:32
長老
登録日: 2008/2/22
居住地: 兵庫県
投稿: 746
Re: PC環境を整備してオーディオの音質向上を図る
zappa1993さん

こんばんは、PAKAです。
返信をいただきありがとうございます。

オラソニックのスピーカーですが、安価なPC用スピーカーにありがちな高低を持ち上げたインパクト重視の、いわゆるドンシャリな音質傾向ではなく、帯域バランスの良い素直でフラットな音は地味に感じる方もいるかもしれませんが、個人的にはとても好感が持てます。
また、これまでのPC関連対策の効果が大きく発揮されているのは間違いがありませんが、PC内臓スピーカーとは比較にならない音の厚みやスケール感は、音楽を楽しむのに十分なクォリティを有していてハイコストパフォーマンスなスピーカーですね。

先日はRUT-1の試聴にご一緒していただきありがとうございました。
私もzappa1993さんと同様に、使用前はクリアでスッキリとした傾向に改善されるのではないかと予想していましたが、滑らかで厚みある、濃密でアナログライクな質感に改善されたのには驚きました。
zappa1993さん宅では、PCのクォリティがリッピング音源の質に直結するので、より効果が期待できそうですね。
また、更にクォリティの上がった音源で音楽を聴かせていただくのを楽しみにしています。
PAKA
投稿日時: 2017/2/2 13:11
長老
登録日: 2008/2/22
居住地: 兵庫県
投稿: 746
Re: PC環境を整備してオーディオの音質向上を図る
皆さんこんにちは、PAKAです。

本日は、久しぶりにPCのネットワーク関連への対策について投稿してみようと思います。

これまでの経験で、モデムやルーターなどのネットワーク機器は大きなノイズを発生させていて、それが電源経路に戻ることで結果的に直接的に関係のあるPCはもちろん、PCと関係のないオーディオの音にまで悪影響を与えているという結論に至り、色々と対策を行ってきました。
今回は、ちょっとしたきっかけから更なる改善を追及してみました。

まず「きっかけ」ですが、我が家のネットワーク環境は光回線で、外から引き込まれている光ファイバーケーブルからまず最初に接続される「回線終端装置」→「モデム」→「ルーター」→「PC」という経路でLANケーブルが接続されています。
年末に回線契約をしている会社から、「回線終端装置」の規定使用年数が経過したため新しい物に交換するという旨の連絡が入り、交換工事が実施されました。
新しい「回線終端装置」は以前の物と少し様子が違い、「回線終端装置」からLAN出力が「モデム用」と「PC用」の2つに増えていました。

上記によって、
1.「回線終端装置」→「モデム」
2.「回線終端装置」→「ルーター」→「PC」
の2つの接続経路に変わったことになります。

以前の写真ですが、今までの接続経路です。「回線終端装置」→「モデム」→「ルーター」→「PC」という1つの経路で接続されています。


こちらが新しい接続経路。「回線終端装置」の出力が2つになっていて、それぞれが「モデム用」と「PC(ルーター)用」となっています。


その状態でいつものように音楽を聴いていると、以前よりもクリアで鮮度の高い音に改善されているように感じました。
長期(10年くらい?)に渡って使用していた「回線終端装置」の部品劣化が解消されたことが原因かもしれませんが、もしかしたら「モデム」と「ルーター」が分離されたため、PCから戻るノイズと、電話回線から流れ込んでくるノイズのお互いの干渉が直接的でなくなったことも要因なのかもしれませんね。
また、「モデム」→「ルーター」をつないでいたLAN端子が空いたので、数年前のルーター交換時に1本余っていたLANターミネーターをそこに挿すことができたことも影響しているのかもしれません。

前置きが長くなってしまいましたが、このような「きっかけ」でネットワーク環境は音質に大きく影響しているのだということを再認識させられ、以前からやってみたかった未実施だった部分に手を付けてみたという感じです。
内容的には、既に「ルーター」→「PC」の経路には実施して大きな効果を確認しているアコリバのLANケーブル+LANアイソレーターを「回線終端装置」→「モデム」と「回線終端装置」→「ルーター」の経路にも導入してみる、というもので、その経路は今まで少し細くて頼りない短いLANケーブルで接続していました。

また、その他にも設置スペースの問題から、今までは回線終端装置・モデム・ルーターを縦置きで設置していて安定感がわるかったので、取り回しを工夫して横置きに変更し、安定感した設置にしてみました。

「回線終端装置」→「ルーター」の部分です。LANケーブルは前モデルのPCOCC-Aのバージョンですが、LANアイソレーターは現行品のRLI-1GB-TripleCを使用。
写真が暗いですが、右側に「回線終端装置」→「モデム」があり、PCOCC-AバージョンのLANケーブル+LANアイソレーターで接続しています。


こちらは「ルーター」→「PC」の部分です。こちらもLANアイソレーターは現行品のRLI-1GB-TripleCを使用。


それぞれの接続・設置が完了して早速音を聴いてみると、期待どおりの音質改善が確認できました。
具体的には、以前の「ルーター」→「PC」での時と同様に、PCからの再生音もオーディオからの再生音も「厚みを伴ったクリアで滑らかな質感」に改善され満足のいく施策となりました。
また、写真にあるようにLANケーブル端子やDC電源の入力プラグへのQR-8の貼り付けも、同様に音の密度感や厚み、S/Nの向上などなど、大きな改善効果があるのでオススメです。
PAKA
投稿日時: 2017/8/1 9:36
長老
登録日: 2008/2/22
居住地: 兵庫県
投稿: 746
Re: PC環境を整備してオーディオの音質向上を図る
みなさんご無沙汰しております、PAKAです。

先日、思い立ってPCでの音楽再生環境を少しグレードアップしてみましたので、その様子を投稿してみようと思います。

経緯は、この2ヶ月程はゆっくりとメインのオーディオで音楽を楽しむ時間がなく、毎日寝る前に1時間程度PCに向かうときに音楽を流し聴きしていることが多かったので、この機会にPCからの再生音も良くしてみたいと思い取り組んでみました。
とは言ってもそこまで本格的なものではなく、これまで使ってきたPC用の外付けスピーカーをグレードアップし、あわせてPC本体にもアコリバアクセサリーを追加して全体的なクォリティの底上げを実施した、といった内容です。

今まで使っていたスピーカーは、外部電源不要でUSBバスパワー接続のオラソニックの卵型スピーカー「TB-S7B」というもので、パワーはそこそこですがバランスが良く十分な質感を備えていて、PCで気軽に音楽を聴く分には全く不満はありませんでした。
そこから新しいスピーカーを選ぶにあたっては、これまでと同様に設置可能なスペースが広くないので「アクティブスピーカーで出来るだけ小型のもの」「ニアフィールドで聴くことになるので音像定位の良さそうなフルレンジ型」ということをポイントに探してみました。
色々と調べてみた結果、条件に当てはまる製品でなかなか評判の良いクリプトンの「KS-3HQM」というスピーカーを選んでみました。

KS-3HQMはTB-S7Bと同様にUSBケーブルでPCと接続できますが、バスパワー型ではなく新たに電源が必要になります。
現在オーディオやPC関連機器で部屋の全てのコンセントが使用されている状態で他にも給電したい機器もあったことから、この機会に電源タップも導入しました。
電源タップは新製品でコストパフォーマンスが高そうなYTP-4Rを使用してみることにしました。

YTP-4Rを開梱してみると、写真で想像していたよりもしっかりとした作りで、仕上げも他のAcoustic Revive製品と同様に廉価版でも手抜きのない高い質感のものでした。


また、上位のRTPシリーズのような立派な脚は付属していませんが、底面の四隅にはフォックの制振シートが貼ってあり、振動対策はもちろん、YTP-4Rが接地面とピタっと固着して、我が家の環境では電源ケーブルの重みに対しても安定した設置ができ、音質にも貢献していると思います。

それでは早速接続です。
YTP-4Rは電源BOXなので壁コンセントからの電源ケーブルが必要になりますが、以前にPCOCC-A導体の旧パワーリファレンスをtripleC導体にバージョンアップを依頼した際に、使いやすい長さに分割し、プラグだけ追加することで本数を増やすという有難い対応をしていただいたことがありました。
https://acousticrevive.jp/xoops/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=3441&forum=11

その時の未使用分で40cm長の電源ケーブルが残っていましたので、壁コンセント→YTP-4Rに使用しました。
おかげさまで、壁コンセントからYTP-4Rを設置したい場所の距離が近かったこともあって、ケーブルの引き回しに無駄がなくスッキリと設置することができました。

YTP-4Rはひとまず3口使用し、空いた1口には更なるクォリティアップを期待してCS-2Qを挿します。


続いてスピーカーのKS-3HQMも設置、接続しました。
そこで私のうっかりミスが発覚です!
KS-3HQMには高さ4.5cm程の立派な設置ベースが付属していて、その上にKS-3HQMを設置することになりますが、実際に設置してみるとベースの高さ分KS-3HQMがPCのディスプレイにかかってしまい、ディスプレイ下部の両端が4cm角程隠れてしまいました(苦笑)

まずは気を落ち着けて、その状態でとりあえず音出ししてみました。
出てきた音は、電源BOXや電源ケーブルに高品質な物を使用していることも大きいと思いますが、スピーカー自体の価格帯も上がったことから以前よりもS/Nが高く余裕のある音で、パンチの効いた躍動感も十分感じられて一安心です。
ただ、価格差を考えるとQR-8などで対策した後のTB-S7Bの音もバランスや質感の良いもので、そのハイコストパフォーマンスさの印象もより強くなりました。

話は戻って画面端隠れの問題です。
この状態では下部のアイコンも隠れてしまい、PCのシャットダウン操作もままなりません(苦笑)
これは即座に改善しないといけないと思い色々と考えみた結果、ベースで高くなった分、画面を持ち上げるといういたってシンプルな結論となりました。
次にどうやって持ち上げるか考えたところ、以前に試作品をPC本体へ使用/未使用の比較をして、劇的な効果を体験したマグネットフローティングインシュレーター、RMF-1を思い出しました。
RMF-1の高さも、ちょうど隠れた画面+αくらいなので、とても贅沢ではありますが、問題解消+音質改善にもつながると期待して追加で試してみることにしました。
結果、画面隠れは解消、音質への効果も圧巻で、一気に音が開けて躍動感の向上が顕著なのはCDプレーヤーで使用した時と同様の印象です。


RMF-1は高価なインシュレーターですが、我が家ではCDプレーヤーとPC本体で使用してみて、代替品が思いつかない素晴らしい効果を発揮していますので、PCオーディオを極められたい方なども一度お試ししてみると大きく世界が広がるかもしれません。
今回は怪我の功名での導入となりましたが、満足の結果が得られました。


その後は、いつもどおり効果を確認しながらQR-8を使っての更なる音質改善の調整を行い、スピーカー筐体背面のバスレフポートの上・USBケーブル端子・LRのスピーカーをつなぐケーブルの端子・写真にはありませんが付属の設置ベース上面(スピーカーの真下)に貼り付けて、更にS/Nや質感を滑らかに改善することができました。




私は本格的なPCオーディオはしていませんが、今回のスピーカー変更〜アクセサリー導入でPCからの音楽再生を大きく改善することができ、今後のPCライフもより豊かなものになりそうです。
この度もありがとうございました。
zappa1993
投稿日時: 2017/10/7 11:25
長老
登録日: 2011/3/17
居住地:
投稿: 1915
Re: PC環境を整備してオーディオの音質向上を図る
PAKAさん
こんにちは

先日久しぶりにPAKAさん宅で音楽を聴かせていただきました。
以前、確かRUT-1を導入された際に、PCへの対策でオーディオにどれだけ影響が出るかを一緒に確認させていただいた事がありますが、PCオーディオをされている訳でもないのにオーディオの音が改善されたのをよく覚えています。
今回はYTP-4RとRMF-1をPC周りに導入されたとのことで、実際にPCでの再生で音楽を聴かせていただきましたが誇張や味付けのないストレートで良い音でした。
小音量で聴くならこちらの方がリラックスして音楽を楽しめるかもしれませんね。

PCオーディオをされている訳でもないのにここまでの拘りにはただただ驚くばかりですが、オーディオと同じブレーカーライン上に複数のネットワーク周辺機器なども繋がっている状態の様ですので、PC周りのノイズ対策も必然と言えるのかも知れません。
実際にはヒッコリーや水晶のインシュレーターを上手く使い、またQR-8を要所に張り付けるなどして実に細やかな対策をされているのが分かります。
今回はPC周りの対策がどれ程オーディオに影響を与えたのかを確認することはできませんでしたが、前回B.M.C.のアンプの導入された際に伺ったときよりも更に帯域バランスが良く、またキレの良い音になっていたように思います。
YTP-4Rの実物をみるのは初めてですが、色が黒になったせいもあるかも知れませんが私が所有しているYTP-6Nよりも精悍な外観でシステムによくマッチしていました。
PAKA
投稿日時: 2017/10/10 0:53
長老
登録日: 2008/2/22
居住地: 兵庫県
投稿: 746
Re: PC環境を整備してオーディオの音質向上を図る
zappa1993さん

こんばんは、PAKAです。
返信をくださりありがとうございます。
先日は久しぶりに交流させていただきありがとうございました。

PC関連のノイズ対策を施すことでメインシステムの音質改善に繋がることが第一で、PCからの音楽再生には大きくこだわっていませんでしたが、今回のクリプトンのアクティブスピーカー導入は、これまでの施策も活かすことができ、想像以上に良い音で鳴ってくれて満足しております。
フルレンジということもあって帯域の上下をあまり欲張っていないので変にピーキーやブーミーに感じることもなく、聴きやすさといった点ではメインシステムより良い部分もあるように感じ、メインシステム調整の参考になります。
密度感やスケール感もあるので、最近はもう少しスピーカー間を広げて設置したい衝動に駆られてしまいます。

YTP-4Rは価格を考えるとそのクォリティには驚きますが、筐体も小ぶりで使いやすいサイズということや、無骨な四角い箱ではなくラウンドしたデザイン性のある筐体、落ち着いたブラックの塗装など、個人的に気に入っている部分の多い電源BOXです。

またお気軽に遊びにいらしてください。
モリア1
投稿日時: 2017/10/15 18:38
長老
登録日: 2014/10/27
居住地:
投稿: 222
Re: PC環境を整備してオーディオの音質向上を図る
PAKA さん
こんばんは

いつもながら、完璧な対策をされていますね。
いつも、投稿を楽しみに拝読させて頂いております。
真似もさせて頂いております。
有難うございます。

マグネットインシュレーター[RMF-1] がPCにも効くんですね。
アップライトなPCの脚でも、効くとは驚きです。
RMF-1を色々なところに導入したくなります。

>YTP-4Rは価格を考えるとそのクォリティには驚きますが、筐体も小ぶりで使いやすいサイズということや、無骨な四角い箱ではなくラウンドしたデザイン性のある筐体、落ち着いたブラックの塗装など、個人的に気に入っている部分の多い電源BOXです。

YTP-4R、気になっていましたが、やはり、効きますか。
私も導入してみたいと思います。
PAKA
投稿日時: 2017/12/4 10:30
長老
登録日: 2008/2/22
居住地: 兵庫県
投稿: 746
Re: PC環境を整備してオーディオの音質向上を図る
モリア1さん

こんにちは、PAKAです。

掲示板のチェックを怠ってしまっていて、ずっと前に返信をいただいていたことに気付いておらず大変失礼しました。
返信をくださりありがとうございます。

YTP-4Rはとてもコストパフォーマンスに優れた電源BOXです。
モリア1さん宅のシステム環境であれば、上級のRTP absoluteもお持ちなのでメインシステムでは出番がないかと思いますが、RIO-5やRD-3などの周辺アクセサリーや、その他の機器に給電することで音楽再生のクォリティをより改善させることができると思います。

また、最近取り組んでいることで、我が家のPC周辺のセッティング環境の見直しを行い、更なる音質改善と使い勝手向上を目指しています。
落ち着きましたらこちらで投稿してみようと思います。

それでは、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
モリア1
投稿日時: 2017/12/10 19:27
長老
登録日: 2014/10/27
居住地:
投稿: 222
Re: PC環境を整備してオーディオの音質向上を図る
PAKAさん、こんばんは

>掲示板のチェックを怠ってしまっていて、ずっと前に返信をいただいていたことに気付いておらず大変失礼しました。
返信をくださりありがとうございます。

全然、御気になさらないでください。
むしろ、返信をくださりありがとうございます。

>YTP-4Rはとてもコストパフォーマンスに優れた電源BOXです。
RIO-5やRD-3などの周辺アクセサリーや、その他の機器に給電することで音楽再生のクォリティをより改善させることができると思います。

はい、導入したいと思います。

>また、最近取り組んでいることで、我が家のPC周辺のセッティング環境の見直しを行い、更なる音質改善と使い勝手向上を目指しています。
落ち着きましたらこちらで投稿してみようと思います。

更なる改善ですか。投稿を楽しみにお待ちしております。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
PAKA
投稿日時: 2017/12/17 13:03
長老
登録日: 2008/2/22
居住地: 兵庫県
投稿: 746
Re: PC環境を整備してオーディオの音質向上を図る
みなさんこんにちは、PAKAです。
前回のPC用アクティブスピーカー導入が思いのほか良い結果になったので、更なる進化を目指して改善に取り組んでみました。

今回取り組んだ内容は、主に電源関連の強化とPC回りのセッティング見直しとなります。

まずは、PC関連を給電している電源BOXの「RTP-6ultimate」を「absolute仕様」へのバージョンアップです。
内容的には、RTPultimateシリーズの「赤コンセント」をabsolute仕様の「白コンセント」への交換と、電源BOX内部の導体をPCOCC-A導体からPC-TripleC導体への交換となります。


赤コンセントが白コンセントに変更になり、以前よりも落ち着いた外観の印象です。


また、同時に壁コンセントからRTP-6ultimateを給電していた電源ケーブルの旧POWER REFERENCEの内部導体を、「PCOCC-A導体」から「PC-TripleC導体」へのバージョンアップを実施し、電源BOX直前の「RAS-14」も「RAS-14TripleC」に変更しました。
その際、壁コンセントから電源BOXの取り回しが最適な長さになることと、導入予定の新機材のための電源ケーブルとして1本のPOWER REFERENCEを分割していただき、2本のPOWER REFERENC TripleCとしていただきました。
新規に新しい電源ケーブルを用意するコストを軽減できるだけでなく、ケーブルの取り回しもスッキリして使い勝手も良くなり、本当にユーザーにはありがたい対応にいつも感謝しております。


長い方が壁コンセント→電源BOXへ使用する予定で、短い方が新規機材へ使用予定です。
また、分割による不足分プラグは、見た目だけでなく音のクォリティも高いフルテックの高級プラグにしていただきました。


PC回りのセッティング見直しに関しては、前回クリプトンのアクティブスピーカー「KS-3HQM」を導入して、想像以上にしっかりとした躍動感とエネルギー感があってスピーカー間の音像密度が十分なので、もう少しスピーカー間を広げても希薄にならず広がりある音場を獲得できると感じていました。
しかし、現在のPCを設置しているラックの状況では制約が多くて難しいので、一度セッティングのレイアウトを見直してみよう、という感じで取り組みました。
色々と試行錯誤とシミュレーションをして、結果的にこんな感じになりました。


今まではラック右側にRST-64を配置して、その上にRD-3やRIO-5などのアクセサリー類を設置していて、ラック左側の空いたスペースにPCやスピーカーを設置していましたので有効スペースが狭い環境でした。
今回、ラックの中間にRST-64を配置して、その上にPC本体を設置し、ラックの空いた左右のスペースにスピーカーやアクセサリー類を設置する、というような感じに変更してスピーカー間を広げることができました。
当初、RST-64の天板よりもPC本体の足部分の方がわずかに広いため乗せることができず悩みましたが、RST-64用のベースとして敷いていた「RST-64の底板と同じサイズで制作していただいたヒッコリーボードのRHB-20」と上下を入れ替えて対応することができたのは幸いでした。
また、そのおかげで高さを稼ぐためにRMF-1でPC本体を持ち上げる必要もなくなり、RMF-1を他の箇所に回すことができるので、どこに使おうか模索中です。

肝心の音への影響です。
まずは電源環境が大きく改善されているためだと思いますが、これまでも一切不満なく十分なクォリティだと感じていたところから、音が更にストレートで滑らかな出方となって、大きく質感が改善されていることに驚きました。
また、スピーカー間を広げたことによってもちろん音場は広くなり、左右のセパレーションも良くなって混濁感と圧迫感の軽減されたスッキリとした方向に改善されました。
スピーカー間のエネルギー感も十分で、ボーカルなどの定位も良好です。
今回の取り組みで、小型スピーカーでのPC再生としては贅沢なくらいにかなりのクォリティアップが達成できたと思います。

P.S.
上記のような満足のいく施策となりましたが、実はこの施策の以前からデモ機を借用しているTELOSのアースノイズ低減機「Grounding Noise Reducer」の効果も、アクティブスピーカー変更時の音からの比較だとかなり大きいです。
我が家では、特にPC回りへの効果は絶大でした。
またこちらは、まとまりましたら追ってご報告しようと思います。
PAKA
投稿日時: 2018/1/10 10:17
長老
登録日: 2008/2/22
居住地: 兵庫県
投稿: 746
Re: PC環境を整備してオーディオの音質向上を図る
みなさんこんにちは、PAKAです。

本日は、以前から我が家で音へ悪い影響を与えていると認識している「PC関連のネットワーク機器」への対策を更に進めてみた内容を投稿してみようと思います。
特に光回線の「回線終端装置」「ルーター」「モデム」といったネットワーク機器を給電しているACアダプターが著しくノイズを放出しているということに気づいてからは、色々と施策をして大きな改善効果が得られていました。

その中で、現在は「回線終端装置」「ルーター」「モデム」の3機器にiFI-Audioの超低ノイズAC/DCアダプター「iPower(12V)」を使って給電して確かな効果があることを体験していましたが、まだ決定打には感じず、更に良い電源環境にすればもっと改善できるのではないか、という印象がありました。
そこで、我が家でもRR-777の給電で大活躍している「RBR-1」を思い切って使ってみようかと思いましたが、残念なことに生産完了となってしまったということで入手することができませんでした。
ただ、こちらは時期はまだ未定ながらRBR-1を凌駕する新電源を開発中ということで、期待が高まりますね。
新電源の完成も楽しみでどうしようか考えましたが、とりあえず今できることをやってみようと思い、他社製品でもいくつかDC電源を発売しているようなので調べてみると、その中でもメーカーのページでのしっかりとした製品説明と評判も良かったことから、オーディオデザインというメーカーの高音質低ノイズDCアダプター「DCA-12VHC」を試してみることにしました。

3台到着して、各接点をECI-100で洗浄後、早速「回線終端装置」「ルーター」「モデム」の各機器へ給電してみました。
また、DCケーブルと各機器の間には、以前から使用していて大きな効果を確認しているiFI-Audioの「iPurifier DC」を挿入しています。
音への影響は、初日はPC・オーディオ共に音はキレイになったものの少し大人しく上品さの勝った印象でしたが、丸一日も経つとアナログ電源らしい力強さも出てきて、トータル面での確かなクォリティアップが確認できました。

その後、更なるクォリティアップを狙って、QR-8をあれこれ色々な箇所に1枚ずつ効果を確認しながら貼り付けていくお決まりの施策を実施。
結果的に、DCA-12VHC本体の底面、DCケーブルのプラグ、電源ケーブルのインレットへの貼り付けに落ち着き、音の滑らかさや密度感などの質感改善が得られています。

また、導入前から懸念していたことで、今回のDCA-12VHCは設置場所が限られていて、給電する電源BOXのRTP-6からわずか20cm程度しか離れていません。
DCA-12VHCに付属している電源ケーブルは一般的なもので、さすがに長すぎて電源BOXとDCA-12VHCの間でトグロを巻いています。
そこで、RBR-1を使っている経験から、「DC電源といえど電源ケーブルの質がクォリティに大きく影響している」「電源BOXからDCA-12VHCまでをスッキリとした配線にしたい」という点から3本短い電源ケーブルを制作していただきました。
今回は少しでもコストを抑えたいということに加えて資源の再利用もできるということから、各ケーブルをPC-TripleC導体へバージョンアップしていただいた際の交換返却品でたくさん余っていたPCOCC-A導体を使って、プラグやシースなどを加えて新規に電源ケーブルを制作する、という対応をしていただくことができました。
いつもながら、ユーザー視点に立ち寄り添った対応は本当にありがたいです。

完成して到着した電源ケーブル3本です。
長さは35cmが2本と40cmが1本、プラグとインレットにはPOWER STANDARD TripleCの物、メッシュチューブや内部の銅管などはPOWER REFERENCEの物を使っていただきました。


早速接続してみました。
長さもちょうど良く、スッキリと配線することができました。


音への影響も期待どおりのもので、PC・オーディオともにS/Nが更に高くなり、ストレートで鮮度の高い、押し出しが強化された音に改善されてPCOCC-A時代のPOWER REFERENCEを機器に使った時の印象を思い出しました。
いつも本当に不思議ですが、このような実際のオーディオ機器に使用していない場合でもそのケーブルの持つ音質傾向が確かに音へ現れてきて、オーディオの奥深さを感じます。
その後、制作していただいた電源ケーブルのインレットにもQR-8をペタリと貼り付けて今回の施策は完了となりました。

今回も満足のいく施策となりました。
今後もコツコツとやっていこうと思います。
« 1 2 (3) 4 »
スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 

新しい登録ユーザ

わたなべゆう 2020/10/26
usbl 2020/10/20
den 2020/10/20
ハム-chan 2020/10/14
peper3 2020/10/13
つじもー 2020/10/12
katsupacino 2020/10/7
泰一 2020/10/5
ひらバッタ 2020/9/29
ムーチョ 2020/9/29

ログイン


ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

オンライン状況

27 人のユーザが現在オンラインです。 (24 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 27

もっと...