掲示板トップページ
メイン
   [10-06. 吸音材 端子類 切り売りケーブル]バイワイヤーアダプター BWA-4
     バイワイヤーの意義
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
管理人K
投稿日時: 2008/2/20 0:03
管理人
登録日: 2007/12/10
居住地:
投稿: 1850
バイワイヤーの意義
シングルコアーケーブルシリーズPCOCC-Aのコーナーにてバイワイヤーの話題になりましたので、こちらのバイワイヤーアダプターBWA-4のコーナーに以下の文章を転載させて頂きます。


RANZANさんにはSPC-PAのバイワイヤYラグ仕様をご愛用頂いております。
かつてのRANZANさんのように高級ジャンパーケーブルを使用されている方はいまだに多いのではないかと思います。
ここ数年、ようやく弊社のバイワイヤーアダプターBWA-4のような製品が数機種発売されて、バイワイヤーの意義がようやく雑誌等でも取り上げられるようになりましたが、それでもいまだにバイワイヤーの意義を理解されてない方が多いように感じます。
ですので、もう一度ここでバイワイヤーの意義を説明させて頂きたいと思います。

高域側と低域側でそれぞれ別々に入力端子があるバイワイヤー対応スピーカーはジャンパーやジャンパー線で繋いでしまったのではバイワイヤーにしている意味がなくなってしまいます。
確かにジャンパー線を交換した場合には間違いなく音色などは変わりますが、根本的な解決や改善は不可能なのです。

バイワイヤーの目的はウーファーの振幅など低域側で発生する起電力(一般に逆起電力と言われています)が高域側のツィーターなどに流れ込んで歪みや混濁などが発生するのを防ぐものです。
アンプ側から2組のスピーカーケーブルを使って、高域側、低域側
それぞれ別々に配線した場合、低域側から発生した逆起電力はアンプまで戻ってある程度吸収されますが、ジャンパーやジャンパー線を使用してしまった場合は、低域側から高域側へと直ちに逆起電力が流れ込んでしまい、歪みや混濁など著しく音質を劣化させてしまいます。

このバイワイヤの意義すら理解していない専門家の方が多いため、
異様に高額なジャンパー線が存在したり、高域側、低域側のどちらに繋げば良いかの議論や、終いには+−側でたすき掛けで接続するのが良いなどと言い出す方まで出てくるのです。

バイワイヤの本当の理想はアンプも2台使用したバイアンプ駆動ですが、アンプ側から2組のスピーカーケーブルでバイワイヤ接続されるだけでも充分にバイワイヤの効果は発揮しますし、アンプ側で2組のスピーカーケーブルが接続出来ない、または高額なスピーカーケーブルを使用しているので2組目のスピーカーケーブルを購入するのは大変だというような方は、弊社バイワイヤーアダプターBWA-4を使用して頂けば、2組のスピーカ−ケーブルを使用したバイワイヤ接続と殆ど同じ効果を発揮させる事が可能になります。

尚、バイワイヤー接続をした際には低域側から高域側に流れ込む逆起電力が減少する事のデータが計測出来ます。
詳しくは弊社バイワイヤーアダプターBWA-4のコーナーをご参照下さい。
http://www.acoustic-revive.com/japanese/bwa4/bwa4_01.html
RANZAN
投稿日時: 2010/1/30 12:36
長老
登録日: 2008/2/16
居住地:
投稿: 2563
Re: バイワイヤーの意義
皆さん こんにちは。

管理人Kさんが説いておられるように、マニアの多くの方はスピーカー
ケーブルについて、バイワイヤー端子付きスピーカーを使っておられますが、
付属されているジャンパーケーブル等をそのまま使っておられても、バイワイヤー本来の能力を生かし切れていないのではないでしょうか。

実際バイワイヤー仕様で駆動して感じるのは、楽器本来の音を、そのスピーカー
が再現する演奏の空気感、音像、見通し感など全ての情報を引き出す高い
能力を、このバイワイヤー仕様によって引き出せると感じるのです。
そのことからもバイワイヤーSPには、断然バイワイヤー仕様ケーブルが
ベストなのです。

SPC-PA(バイワイヤー仕様)導入しての経験上、ジャンパー線を使用した時の
音と、バイワイヤー仕様で繋いだときの音は驚く程、その違いを聴かせてくれたのです。
その効果はスピーカーが数ランクUPしたくらいの音質向上と言っていいくらいです。
ジャンパー線使用時の音は非常に濁っていて、音場の見通しも悪く、
定位も曖昧な感じであり、低域の力強さもそれほどないような感じでした。
バイワイヤー仕様によって、定位もビシっと決まり、高域の濁りが無く
なったことで、音場の見通しがグゥーンと良くなり空間表現が数段に良く
なりました。
重要な低域に関しても強力なダインピング力で、超低域まで非常によく
沈み込むようになったのです。
ましてニュートラルな質感でありながら、クオリティUPに繋がる音質の
再現を満たしてくれるもので、驚くほどの高次元な音質の再現性を
発揮してくれたのです。

やはりここはご自身のシステムに合った、ニュートラルでバランスに優れた
バイワイヤー・スピーカーケーブルを選択して頂きたいと思います。

バイワイヤー対応スピーカーをお使いの方は、最も高度なバイアンプ接続が
理想でしょうが、それが無理であればバイワイヤー仕様をおすすめします。
またバイワイヤー仕様が無理な方は、ここはACOUSTIC REVIVE製の
バイワイヤーアダプター(BWA-4)を使用して、愛用のスピーカーケーブルを
バイワイヤー仕様にして、質感の高い正確な音で聴いて頂きたいと希望する
ところです。


スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 

新しい登録ユーザ

マロ 2021/2/26
musicおと 2021/2/24
You 2021/2/19
KOROKORO 2021/2/16
kuniaki 2021/2/15
Vivi 2021/2/15
coudutch 2021/2/9
ginevo 2021/2/9
chigirl 2021/2/9
roses K 2021/2/9

ログイン


ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

オンライン状況

41 人のユーザが現在オンラインです。 (32 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 41

もっと...