掲示板トップページ
メイン
   [00-01]ACOUSTIC REVIVE全般
     はじめまして
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
タカボー
投稿日時: 2008/2/22 21:49
一人前
登録日: 2008/2/18
居住地:
投稿: 82
はじめまして
はじめまして。タカボーと申します。
アコリバの製品は多数使わせてもらってます。
以前は他のメーカーのアクセサリーも使っていましたがアコリバのアクセサリーに出会ってからはアコリバオンリーになってしまいました。単に低音やら高音を強調するのでなく限りなく自然で生の演奏を聴いているような音の変化にいつも驚かされます。
特にトルマリンや水晶を使ったアクセサリーは音を有機的かつみずみずしくさせ,まるで目の前で本当に演奏してるかのようで大変気に入ってます。
これからも期待してますので様々なアクセサリー製品を世に出していってください。
























管理人K
投稿日時: 2008/2/22 22:46
管理人
登録日: 2007/12/10
居住地:
投稿: 1831
ご投稿ありがとうございます
タカボーさん初めまして。
ご投稿並びに弊社製品ご愛用、誠にありがとうございます。

>単に低音やら高音を強調するのでなく限りなく自然で生の演奏を
>聴いているような音の変化にいつも驚かされます。

ありがとうございます。その部分を聴き取って頂けた事はメーカー冥利に尽きますね
弊社のアクセサリーやケーブルが目指しているのは、使用した事による極端な変化ではありません。
オーディオ再生において電気的な刺激成分や疲労感に繋がるノイズや歪み、付帯音など余計なものだけを取り除き、エネルギー感や躍動感などは決して引かず、オーディオシステムの本来の性能を引き出す事です。
そのためシステムや環境によっては、変化量自体は地味であったり控えめに感じられる事も多いかと思います。
しかし、その積み重ねこそがオーディオの理想である「原音再生」や「生の質感」に繋がると思うのです。

オーディオファイルの方の中には、最初から「原音再生」や「生の質感」などをオーディオで出すのは無理!などと決め付ける人もいますが、これは大間違いですね。
確実に必要なものを引かず、余計なものだけを取り除いて行けば
極めて「原音」や「生の質感」に近付けて行く事は可能なのです。
オーディオは個人的な趣向が反映される趣味ですので、どのような音で鳴らそうが自由ですが、「原音」や「生の質感」から余りにかけ離れた音で鳴らしていては、オーディオに興味のない音楽ファンや一般人から認められる事などありませんし、それこそ只の自己満足でしかなくなってしまいます。
ACOUSTIC REVIVE製品を「原音再生」や「生の質感」に近付けるための作業にご利用頂ければ幸いですし、その目的に対して期待を裏切る事はない事を保証させて頂きます。
今後も宜しくお願い致します。
スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 

新しい登録ユーザ

カルボナーラ 2020/11/20
こまつ 2020/11/4
yukioto 2020/11/2
わたなべゆう 2020/10/26
usbl 2020/10/20
den 2020/10/20
ハム-chan 2020/10/14
peper3 2020/10/13
つじもー 2020/10/12
katsupacino 2020/10/7

ログイン


ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

オンライン状況

37 人のユーザが現在オンラインです。 (25 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 37

もっと...