掲示板トップページ
メイン
   [11-01] USBケーブル USB-1.0SP-TripleC&USB-1.0PL-TripleC / R-AU-1-SP-TripleC&R-AU-1-PL-TripleC / USB-TRES
     録り音に楽器が見えてくるUSBケーブル
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
JIRI
投稿日時: 2020/6/4 18:00
新米
登録日: 2020/3/30
居住地:
投稿: 4
録り音に楽器が見えてくるUSBケーブル
先日、簡易録音の案件があり、
自宅スタジオにてエレアコバイオリンをラインで録音しました。
JIRIでは以前よりオーディオインターフェースとDAWを使うケーブルにUSB-1.0PL-TripleCを使ってきました。
より良い環境で音を作りたい作曲担当者の拘りだったのですが、
甘んじて使わせてもらうだけだった私は知る由もなく。。。

今までその凄さを比較検証したことが無かったのですが、
比較検証してみました。
今までも、他の場所でライン録りした時にはずいぶんエレキっぽい音だなぁと思ったことがあったのですが、
木の調子のせいかなとか、私の気持ちが出てるのかな、くらいに思っていました。苦笑


インターフェースに付属されるような細いUSBケーブルで弾いてみると、
どうも音がエレキすぎる。木のぬくもり感があまり出ず、なんだか迫力が出ないので力をこめる→弓への圧力がまたエレキっぽい線の細い金属的な音として聞こえる。。。

あれ、、、、と。

USBケーブルをUSB-1.0PL-TripleCに戻して弾いてみると、
聞きなれたラインの音がヘッドホンに返ってきました。
エレキ楽器らしい強さはありつつ、エレキとは違う、エレアコ独特の木のぬくもりや、より自然な弓の返し、和音で濁らせた時の感覚が、もちろん生とは違うけれど再現性が高い音になりました。
Fレンジが広がるおかげで、E線の劣化がバレる。。。と焦ったほど。


単線と撚り合わされたケーブルの違いや、
何より電源ラインと信号ラインを分けることによって、こんなにも差がでるのか、と感激しました。
取り回しの良さだけで、撚り合わせたケーブルの迷走電流や、電源ラインからの信号への影響を犠牲にしてはいけないのですね。
今日も一つ学びました 😊

管理人K
投稿日時: 2020/6/13 2:57
管理人
登録日: 2007/12/10
居住地:
投稿: 1831
Re: 録り音に楽器が見えてくるUSBケーブル
JIRIさん、皆様こんばんは。

USB-1.0PL-TripleCお試し頂き誠にありがとうございます。

USBケーブルの違いで

楽器の音色や質感が別物になってしまう・・・

弾き方まで変わってしまう・・・

怖いですね〜(苦笑)

ACOUSTIC REVIVEの製品は御存知の通り多くの演奏家やミュージシャンにご愛用頂いておりますが、その理由は自身の求める音がそのまま引き出されるからに他ありません。

自身が望む音が出ない理由がケーブルであると気付いているミュージシャンもまた多くおられるのは悲劇ですね。

今後もACOUSTIC REVIVEがJIRIさんの音楽活動のお役に立てれば光栄です。
スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 

新しい登録ユーザ

わたなべゆう 2020/10/26
usbl 2020/10/20
den 2020/10/20
ハム-chan 2020/10/14
peper3 2020/10/13
つじもー 2020/10/12
katsupacino 2020/10/7
泰一 2020/10/5
ひらバッタ 2020/9/29
ムーチョ 2020/9/29

ログイン


ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

オンライン状況

23 人のユーザが現在オンラインです。 (19 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 23

もっと...