掲示板トップページ
メイン
   [11-01] USBケーブル USB-1.0SP-TripleC&USB-1.0PL-TripleC / R-AU-1-SP-TripleC&R-AU-1-PL-TripleC / USB-TRES
     USB-1.0SP-TripleCはやっぱり偉大!
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
コージー
投稿日時: 2020/7/2 1:27
新米
登録日: 2018/9/4
居住地:
投稿: 2
USB-1.0SP-TripleCはやっぱり偉大!
電源ノイズと音楽信号を分離するというUSB-1.0SP-TripleCのコンセプトに興味を持ち、購入しました。

それ以前にはクリプトンのUC-HRの50センチを使用しており、それも高音質で、電源・信号分離を目指したものですが、USB-1.0SP-TripleCのように完全分離ではありませんでした。

さっそくUSB-1.0SP-TripleCを使用して、一聴して素晴らしさを感じましたが、とはいえクリプトンと甲乙つけがたい音質でした。

しかし、長さが重要なUSBケーブルで、1メートルなのに、50センチのクリプトンのフラグシップケーブルと並ぶだけで実力の高さは分かりましたね。

そこで石黒様に依頼してまず55センチにカットしてもらいました。そしてデラのUSB端子にUSB-1.0SP-TripleCの端子二つを刺していましたが、音がざらつくのです。おそらくループによるノイズが発生したか、USBから電力と信号をとりますからデラの負担が大きくなったかでしょう。そこでUSB-1.0SP-TripleCの電源端子を特注のリニアアナログ電源に接続しました。デラの空き端子にはRUT-1を刺しておきます。

すると・・・・すごい!
音がクリアになり、さらに清々しい響きも再現されました。
ざらつきがなくなり、シルキーなボーカルが広がります。

皆様、USB-1.0SP-TripleCは絶対に50センチ前後にカットし、電源部はアナログ電源から別取りしましょう!!まったく違う世界が見られますよ!
スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 

新しい登録ユーザ

わたなべゆう 2020/10/26
usbl 2020/10/20
den 2020/10/20
ハム-chan 2020/10/14
peper3 2020/10/13
つじもー 2020/10/12
katsupacino 2020/10/7
泰一 2020/10/5
ひらバッタ 2020/9/29
ムーチョ 2020/9/29

ログイン


ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

オンライン状況

29 人のユーザが現在オンラインです。 (24 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 29

もっと...