掲示板トップページ
メイン
   [12-02. スピーカーケーブルSPC-AV]
     心に染み入る美しい音に変化しました
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
tat-57
投稿日時: 2020/10/22 23:26
新米
登録日: 2013/10/3
居住地:
投稿: 15
心に染み入る美しい音に変化しました
作業部屋のサブシステムで、iPhoneから好きなジャズを気軽に流すことができたらと思い、学生時代に購入したサンスイのLE-8T Mk2(エッジ交換済み)を以前使っていたMacintoshのMA-6600にデジタルメディアトランスポート+DAC接続で鳴らすことにしました。
私のメインシステムは、アコリバの製品で固めることによって好みの音に変化してきたため、予算のことも考えて迷わずSPC-AVを選びました。
アンプとスピーカーの位置が離れているため、11m×2のSPC-AVを購入しました。それまで使用していたB社の500円/m程のケーブル3mは、中域の張り出した元気なLE-8T と相性のよいケーブルだと思っていましたが、SPC-AVに変えると、その考えが一変しました。
ケーブルの長さが違うため、正確な比較とは言えませんが、ここではSPC-AVの私なりの感想を書かせていただきます。
試聴する曲によっても違うとは思いますが、まず、ソロピアノはまるで清流のような心に染み入る美しい音に変化しました。ボーカルは、今まで聴き取れなかったニュアンスが感じられるようになってきました。ウッドベースは、輪郭のはっきりした低音に。楽器の定位も確実によくなり、にじんだような音の重なりも無くなったように思います。LE-8T 特有の太くて味のある音だと思っていたのが、実は付帯音などで音がぼやけていたのだと勘違いしていたことに改めて気付かされてしまいました。
あのLE-8T から、うっとりするような透明感のある美しい音が出てきたので、びっくりです。そして、音楽を聴いていると何故だか妙に心が落ち着いてくるのが不思議です。
ケーブルの撚線と単線の違いはあるのでしょうが、アコリバのよさがはっきり出てきているのだと思います。スピーカーケーブルだけでシステムのグレードが2つ3つ上がったようで、大変満足しています。
これからのエージングによる変化も楽しみにしています。
作業のBGMとしてと考えていたのですが、ついつい聴き入ってしまい、手が止まってしまいそうです。
スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 

新しい登録ユーザ

カルボナーラ 2020/11/20
こまつ 2020/11/4
yukioto 2020/11/2
わたなべゆう 2020/10/26
usbl 2020/10/20
den 2020/10/20
ハム-chan 2020/10/14
peper3 2020/10/13
つじもー 2020/10/12
katsupacino 2020/10/7

ログイン


ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

オンライン状況

37 人のユーザが現在オンラインです。 (28 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 37

もっと...