掲示板トップページ
メイン
   [08-02. ルームチューニング]ルームチューニング RWL-3&WS-1
     ルームチューニングの決定版
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
RANZAN
投稿日時: 2008/2/27 14:45
長老
登録日: 2008/2/16
居住地:
投稿: 2514
ルームチューニングの決定版
皆さんこんにちは。

オーディオアクセサリーによってこれだけ自分好みの音質に進化してくれることが、いつも素晴らしいことだと感じるのです。
このアコースティックコンディショナーRWL-2もまた調音を完璧にする、ルームチューニングの決定版だと感じました。

逸る心を抑えこのRWL-2をまずはスピーカーの斜め横と、真後ろに設置し順番にポジションを変えて聴いていきました。
以前から見聞していたのはルームチューニング材でも、アコースティックコンディショナーには、吸音タイプと拡散タイプが存在するということでした。
RWL-2は、拡散タイプで反射音の拡散に大変優れていて、その評価が高いことはオーディオ雑誌等で認識していました。
またルームチューニング製品の中でも高密度な音響処理を施した、アコースティックリヴァイブ製は優れものということで、現物を見た途端その気品あるフォルムは、外観の雰囲気からもハッキリ認識できるものでした。

RWL-2においては高級な天然木をフレームと背面ボードで、材質内部に天然シルクを加えトルマリンを含ませ、贅沢にトルマリンを含むシルク材が用いられていることからも、その品質のレベルアップの高さが容認できるものでした。
ましてスピーカーとのマッチングにおいてもベストで、素晴らしい製品だと判断できる優れたルームチューニングです。
そこで期待の音質は、一音が飛び出した瞬間なぜかリスニングルームに静寂感が漂い、それはまるで静かな森の中にいるような音場空間を描き出し、S/N比が今までよりグーンと高くなった感じで弱音のリアルな表情が目の前に浮かび上がってきたのです。

何より「この音だ!」と、真っ先に感じ取ったのです。各楽器の位置がハッキリ目の前に出現し、音のこもりが消え、艶やかさと透明感がより豊かになってきたような響きなのです。
音楽の躍動感は今まで聴くことができなかった再現性は、リアル感を増し響きは豊かで美しく、それはピアノの指先が鍵盤上を伝わり素晴らしいリズムで刻んでいくそのライブ感は、スピードが速まり左右の音場感が広がっていくような素晴らしいものでした。
それはまさに生々しく艶やかで、響きの豊かな表情が抜群に冴えて聴こえるのには魅了されっぱなしでした。
特に中低域の響きが豊かに聴こえ、低音の膨らみもなくなり、ピアノ、ベース、ドラムスの分離感、切れ味、密度、それに広帯域感の
素晴らしさにも感動させられるものがあり、自然な響きの美しさにも魅せられたのです。

特に驚かされたのはジャズ・ベースの低域の抜け、躍動感、解像度がずば抜けて高いことに感心させられました。
まして高域感でのシンバル&スネアはリアリティそのもので、その繊細で透明感豊かな表現は、まるで目の前でライブを見ているような現実性が直に伝わってくるようでした。
またRWL-2を設置することにより、音の全体的な定位のバランスが非常に安定してきたと感じるものでした。
不要な響きが消えボーカルでは見事中央に定位し、繊細な語りかけで歌っている表情が見て取れるようで、思わず身を乗り出したくなるこの感情は、今まで到底味わうことのできないものでした。
その音に思わずうっとり聴き入ってしまう、このような再現性は初めての体験です。
これも高級天然シルクとトルマリンの優れた効用で、他社がなし得なかった拡散と調音を上手く実現した大変クオリティ性の高いことが確認できるもので、この圧倒的で拡大するトルマリンパワーの抜群な音質改善効果に思わず感激しました。

結果、RWL-2は現在での設置位置で一番いいポジションと思えるのは、スピーカーの斜め少し後ろの所(ハの字を描くように設置が、音場空間表現での音の広がりが滑らかで、あのJBL4348が朗々と鳴り出し、これ見事でベストな音像定位を披露てくれています。
今まで味わえなかった未知の音と遭遇したような、感動的な印象を与えてくれているのです。
それはトルマリンパワーがサンサンと降りそそぐ音の森林浴シーンにも似た、より心地よい感触を抱くものでした。

これからも設置例を参考に、設置位置の角度を変え、今のRWL-2を一次反射スピーカーサイドに置き、新しいRWL-3を現在の定位置に置いて、より進化したチューニングが可能になることを想像した時、オーディオの夢が無限に開けていくことを考えると、実に楽しみでもあります。
ピュアーオーディオの高音質で豊かな再現性に向け、ベストポジションを探り出していきたいと意欲を燃やしているところです。



管理人K
投稿日時: 2008/2/28 21:14
管理人
登録日: 2007/12/10
居住地:
投稿: 1831
Re: トルマリンパワーで素晴らしい音の森林浴
以前にも説明させて頂きましたが、RWL-2の音色の良さは表面のシルク材による所が大きいのです。
シルクはあらゆる繊維の中で唯一細胞組織がランダムであるため、
素材自体が圧倒的な拡散効果を持ち、固有の音色やピークを発生しない特徴があります。
ですのでRWL-2は化学繊維が表面材として使われている市販のルームチューニング材のようなピーキーさや音色的な粗さが発生せずに
極めて滑らかで艶やかな音色が実現するのです。

このシルク材の効果を確認するのに簡単な方法があります。
記事屋さんなどに行って、ドレスなどに使われるシルクの紗(オーガンジー)を買ってきて、部屋の各所に吊るしてみて下さい。
この薄い生地を吊るすだけで、音色が一気に瑞々しく滑らかになるのを実感出来るでしょう。これが吸音効果ではなく、シルクの絶大な拡散効果なのです。

RWL-2ではこのシルク生地にトルマリンを含浸させたハイテク素材を採用して、マイナスイオン発生による空気の粘性改善により更に
瑞々しくクリアな音色を実現していましたが、現行のRWL-3では拡散構造の内部の発泡材にもトルマリンを含浸させ、マイナスイオン効果を強化しています。
これにより、音の厚みや密度などが更に向上し、濃密な音場感と空気感、肉厚で立体的な音像表現が高まっています。
RANZAN
投稿日時: 2008/4/10 14:50
長老
登録日: 2008/2/16
居住地:
投稿: 2514
Re: ルームチューニングの決定版

日々オーディオに挑戦していると、新しい発見が生まれてくるのです。

現在使用のアコースティックコンディショナー(RWL-2)でも設置位置を変えると新鮮なリスニング空間が生まれてきたのです。

JBL4348スピーカーの斜め少し後ろの所(ハの字を描くように設置していましたが、今回スピーカーの真後ろ(背面)に替えてみたのす。
これまた位置を替えたという新鮮なことも手伝い、生々しく艶やかで、響きの豊かな表情とより定位のバランスが良くなってきたように感じるのです。
それはRWL-2を何処の位置に設置してもトルマリンパワーが発揮されるのです。

また音場空間表現での音の広がりが非常に滑らかで、JBL4348も気分よく鳴ってくれています。
こうなればより進化したと言われる、RWL-3にも物欲の虫が騒ぎ出すようで、反面怖くもあるのです。

これからもベストな音像定位を探り、オーディオの楽しみを謳歌したいと思います。

管理人K
投稿日時: 2008/4/10 23:56
管理人
登録日: 2007/12/10
居住地:
投稿: 1831
Re: ルームチューニングの決定版
RANZANさん、こんばんわ。

RWL−3はRWL−2同様、拡散効果による音場の拡大や音像定位の圧倒的向上、解像度の向上などはそのままに、音の厚みや滑らかさが格段に向上しています。
貸し出しもございますので一度お試しになってみて下さい。

RANZANさんは左右スピーカー中央にラックがある関係上、中央にRWL−3を置けないのが残念ですが、ラックの裏側になんとか設置してあげれば、中央音像が圧倒的にシャープに定位し、奥行きや立体感も格段に上がりますので、こちらも含めて試してみて頂けると幸いです。
RANZAN
投稿日時: 2008/4/28 18:00
長老
登録日: 2008/2/16
居住地:
投稿: 2514
Re: ルームチューニングの決定版
管理人Kさん、こんばんは。

何時もありがとうございます。

>RANZANさんは左右スピーカー中央にラックがある関係上、中央にRWL−3を>置けないのが残念ですが、スピーカーの裏側になんとか設置してあげれば、中>央音像が圧倒的にシャープに定位し、奥行きや立体感も格段に上がりますので、こちらも含めて試してみて頂けると幸いです。

来週にも仲間が来てくれスピーカーの設置位置を前に出し、その準備に掛かります。
現在スピーカーの斜め横も効果がありますが、仰るように裏側に設置すれば、音像の定位、奥行や立体感が格段に上がるということで、より進化したRWL−3を試すのが楽しみです。

RANZAN
投稿日時: 2008/7/21 15:31
長老
登録日: 2008/2/16
居住地:
投稿: 2514
Re: ルームチューニングの決定版
管理人Kさん こんにちは。

この暑さに負けずRWL-3を現在のスピーカー斜め後ろの設置から、
スピーカーを少し前に出し、スピーカーの真後に設置変更を試みた
のです。

スピーカー斜め後ろの設置での音質も魅力ですが、いろいろ試すと
またその音に魅了され、思わずこれ「癖になりそう!」と思える
もので、様々な設置位置の移動で忙しくもあり、また嬉しい日々が
続きます。

ジャズ・ボーカルのボイスが音場の密度と表現力に富んでいて艶が
あり、音の立ち上がり立下りが素早くなったように感じるのです。
音の不要な響きが消え見事中央に定位し、繊細な語りかけで歌って
いる表情が見て取れるようです。
思わず身を乗り出したくなるこの情感は、今まで到底味わうことの
できない、すごく心癒されるもので、その音に思わずうっとりさせ
られ聴き入っていたのです。

またそれは各楽器の音の奥行きがリアルなまでに見えてきたようで、
立体感も格段に進化した音質の再現性と、シャープな音像定位が
中央に安定している表現を聴いたとき、これますますオーディオの
魅力と楽しさに嵌まり込んでいくようです。

設置位置によって変化するこの音の魅力は、一度使うと手放せない
アイテムです!

RANZAN
投稿日時: 2012/5/1 10:25
長老
登録日: 2008/2/16
居住地:
投稿: 2514
Re: ルームチューニングの決定版
皆さん こんにちは。

RANZANです。

RWL-3は設置角度の少しの変化で音質は激変するのです。
これは多くの方々が実践されていることですが、同じ設置状況でも
各自のリスニングルームの環境状況によっても音は変わって
くるでしょう。

現在SPの設置角度は後ろ壁面より少し内側(20℃)ぐらいに振っています。
その背後にRWL-3を壁面に沿わすように真っ直ぐ設置していましたが、
今回試しにSPの角度に合わすようにRWL-3をSPと同向き方向に変えて
見たのです。

その音は今までどちらかというと、少し柔らかな音の骨格でしたが、
それがRWL-3の方向を変化さすことで、よりがっしりとした音の骨格へと
変化したのです。
この迫力ある音域は音圧も高く、ニュートラルでありながら、底力のある
音であり、その正確な音像定位もよく目の前に浮かび上がるボーカルは、
実にリアルな再現性で迫ってくるのです。また滑らかで躍動感みなぎる音質を
呈してくる感触が豊かに伝わり、ずっしりとしたベースの低域の量感も
ダイナミックに弾き出されるのです。

特筆すべきは、ピアノ・ソロの芯がしっかりして、今までにない艶やかな音の
別世界を感じさせる高度な分解能が実に印象的なのです。
これも思い切って試さなければ判明できないことで、これからもRWL-3等々
各アイテムを様々な角度から検討模索していくことで、その能力が高まる
ことを期待するのです。

RWL-3の角度設定は少しの変化で音は変わります。
これからも様々な角度の設置条件を模索していきたいと思います。

各リスナーの皆さんも試聴の繰り返しで、最も好みとする位置を探し出して
ください。


Plain
投稿日時: 2012/9/15 14:02
長老
登録日: 2008/11/7
居住地:
投稿: 153
Re: ルームチューニングの決定版
みなさまこんにちは。

念願だったRWL-3を一枚追加導入できたのでレポートいたします。

以前よりスピーカー後方で部屋のコーナーを潰すように置いていたRWL-1はそのままにRWL-3は中央ラック後方に設置しました。



音像が中央にピタリと決まるのは当たり前として、いままで口元しか見えなかったボーカルがソースよって顔が見える 上半身が見える 全身まで感じられる
もちろん効果はそれだけでなく密度の向上と前後左右の見通しまで改善されました。

これから設置の高さを上げて調整するのが非常に楽しみです

世の中にはもっと高価で見栄えが?で巨大な製品もありますが、私の部屋程度の広さでしたらRWL-3でお釣りがくるほどの効果でございます。

RWL-1と比べて高級感が増してるのは見た目にもGOODです。
RANZAN
投稿日時: 2012/9/15 17:16
長老
登録日: 2008/2/16
居住地:
投稿: 2514
Re: ルームチューニングの決定版
Plain さん

こんにちは。
RANZANです。

素晴らしいルームの中央にRWL−3を追加されたのですね。
それは一段と進化した音の変化に驚かれたのではないでしょうか。

当ルームもSP間中央に大きなラックを置いていたため、縦向きに設置できなく、
やむなくRWL−3を横向きに置いていたのです。
今回、モノラルパワーアンプ導入で、大きなラックを排除したのです。
そのためルーム中央奥に空きスペースが確保できたため、RWL−3は無事
縦向きに設置できました。
また、両サイドのRWL−3は、一時隅を潰す角度で試みたのですが、現在は
3枚とも正面に向かっての設置としています。

試みて一週間程しか経過はしていませんが、今のところRWL−3の拡散効果は
素晴らしいもので、同時にRR-777の相乗効果も手伝って、音場の拡大や
音像定位、解像度の向上で音の厚みや艶、滑らかさが倍増したような好感を
抱くものです。
そのことでPlain さんと同様、ヴォーカルはセンターにS/Nの高い音像が
シャープに定位し、奥行きや立体感までもがリアルに再現される瞬間が魅力です。

今やRWL−3はどのオーディオ誌の試聴においても、必ず使用される信頼性の
高い優れものアイテムでもあるのです。

これからも様々な設置角度(高さ等)の工夫で、大いにチャレンジしていきたいと
意気込んでいます。

今後もPlain さんが試し工夫された、素晴らしいアイデアを楽しみにして
います。

オーディオはアクセサリーの工夫次第で、今まで体験したことのない未知の
音が待ってくれているのも確かです。

だからチャレンジのし甲斐もあるというものです。
お互い楽しみましょう。

Plain
投稿日時: 2012/9/20 21:26
長老
登録日: 2008/11/7
居住地:
投稿: 153
Re: ルームチューニングの決定版
RANZANさん こんばんは。

設置してから音楽でも映画でもRWL-3追加の効果が日に日に感じられます。
音像定位・密度・クオリティの向上で、ここまで変わるとは!

これから設置の高さを上げれば、ますます良くなりそうなので早く実行したいです。

これからもマイペースで、この趣味を楽しんで行きます。
(1) 2 »
スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 

新しい登録ユーザ

イワッキー 2020/11/27
SHGKWG 2020/11/26
kgwn 2020/11/25
カルボナーラ 2020/11/20
こまつ 2020/11/4
yukioto 2020/11/2
わたなべゆう 2020/10/26
usbl 2020/10/20
den 2020/10/20
ハム-chan 2020/10/14

ログイン


ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

オンライン状況

46 人のユーザが現在オンラインです。 (39 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 46

もっと...