掲示板トップページ
メイン
   [00-02]オーディオ全般
     オーディオの夢、何処までも!
投稿するにはまず登録を

| 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
RANZAN
投稿日時: 2008/4/9 14:53
長老
登録日: 2008/2/16
居住地:
投稿: 2458
オーディオの夢、何処までも!

皆さん、こんにちは。

4月に入りどこも美しい桜が見ごろでしたが、天気がなかなか安定しなく、荒れ模様で肌寒い日々が続いています。
もう少し初春らしく暖かな気候にならないでしょうか。

しかしこれからは日々暑くなる季節です。そのためリスニングルーム(3F)は日中の気温となれば、30度を遥かに超えているような温感が続くのです。
だからこれからは到底エアコンなしではこのルームに居られない状況です。
しかし負けてはいません。それを吹き飛ばすかのように毎日オーディオと音楽に没頭していているのです。
オーディオに関しては連日各アクセサリー類をいじっているような状況です。
それはオーディオボードの位置を変更したり、インシュレーター及びラインケーブルを交換したり、プラグ及びコンセント用のプレートを替えてみたりと、それは良質なオーディオの再現に向けて少しでも好みの音に近付くよう、目まぐるしいくらいの変化で楽しんでいます。

このことはラジオ組み立てに夢を馳せた少年時代の頃と一緒のようで、時代は変われどもオーディオへの愛着心は同じような感がします。
それは5球スーパー、8球スーパーラジオという高性能なラジオが出現し、ハイファイラジオという高感度なラジオも存在したいました。この頃からオーディオ機器の魅力に取り付かれていったのです。
その頃78回転のSP盤がかかるモノラルでの卓上電蓄が高級機でした。まだこの頃LPレコードは発売されていなかったのです。
ラジオは真空管の球が増えるほど受信状態が良好で音もよく精度の高いラジオが作れたのです。
また受信感度状態を目で確認するのに欠かせなかったのが、あの美しい光輝を発する「マジックアイ」というものでした。薄暗い部屋に淡いグリーンの光が美しく映えるのです。
それは今もなつかしく脳裏に甦ります。

これからもオーディオと音楽には夢が一杯詰まっていて、自分がやりたい事はまだまだ沢山あります。
趣味としてこれほど楽しくやり甲斐あるオーディオと音楽で若さと元気を貰い、これからも大いに満喫してオーディオの夢を何処までも追い求めていきたいと思います。

管理人K
投稿日時: 2008/4/10 23:17
管理人
登録日: 2007/12/10
居住地:
投稿: 1831
Re: オーディオの夢、何処までも!
RANZANさん、こんばんわ。

これから暑い季節になりますね。
私のリスニングルームもA級アンプのPASSアレフ4台が寒い季節は暖房代わりになってますが、これからの季節は冷房を入れても部屋が冷えないくらい強烈な熱を発して地獄になります

最近はアクセサリーで楽しまれているとの事ですが、機材の買い換えやアクセサリーやケーブルの買い換えで堂々巡りをされずに確実に良い方向に向かっておられるなら結構な事ですね。

RANZANさんはラジオの組み立てなどでオーディオに目覚められたとの事ですが、私の周りにもそういった年輩の方は多いですね。
私は中学高校時代に通ったオーディオショップや友人の応接間で聴いた音に衝撃を受けて依頼のオーディオ人生が続いていますが、オーディオはそれだけ飽きずに長く続けられる趣味なのだと思います。
RANZANもこれからもずっとオーディオを楽しんで行かれて下さい。オーディオを続けられればきっと若さも保たれると思います。オーディオ業界にも年齢を感じさせない若さを保たれた先生方が多いですから
RANZAN
投稿日時: 2008/7/1 17:55
長老
登録日: 2008/2/16
居住地:
投稿: 2458
愛機を暑さから守る!
皆さん こんにちは。

7月に入りました。沖縄以外日本列島はまだ梅雨は明けて
いませんが、これからが暑くて長い夏本番が続きます。

オーディオ機器にとっとも暑さは大敵で過酷な日々です。
そのため勿論オーディオルームはエアコンなしでは
リスニングできない状況ですが、大放熱を発するパワーアンプ
にとっては一段と過酷な季節です。

そのため毎年蒸し暑くなる6月頃からパワーアンプに向けて、
扇風機を当て少しでも放熱での温度を逃がしてやっています。

我々リスナーはエアコンだけですが、オーディオ機器類には
空調と扇風機は欠かせません。

皆さん 愛機を暑さから守る手法で、何か特別な案を講じて
おられるでしょうか。

RANZAN
投稿日時: 2008/8/3 10:52
長老
登録日: 2008/2/16
居住地:
投稿: 2458
Re: オーディオの夢、何処までも!
管理人Kさん こんにちは。

いつも有り難うございます。

仰るようにオーディオを通じて、いろんなリスナーとの出会いで若
さを保持しています。
しかし管理人Kさんの活性感ある、その若さには勝てません!!

その若さを保つ秘訣とは? もちろんオーディオでしょう。

常に「前へ前へ!」の精神を糧にエネルギッシュで、それは豊富な
知識と経験、まして優れた製品のアイデア及び開発技術に注がれて
いるのです。
これからどんな優れた製品が開発、発売されるか楽しみでならない
のです。

この暑さ!健康には十分気をつけられ頑張ってください。

RANZAN
投稿日時: 2008/8/28 16:36
長老
登録日: 2008/2/16
居住地:
投稿: 2458
Re: オーディオの夢、何処までも!
皆さん こんにちは。

何時までもどこまでも!JBLとMclntoshでオーディオの夢を追いかけ続けているのです。

オーディオとJAZZに魅了され愛し続けていますが、それは何と言っても
JBLとMclntoshが醸し出す、独自の濃密な音調と質感がJAZZに最もよく似合う
王道と言うべきものだと思っているからです。

それは60年代後半Mclntosh伝統の美しい漆黒のガラスパネルにブルーアイズが映える光景を見た瞬間から、オーディオ心を擽る永遠に忘れることのできない憧れのアンプとなって行ったのです。

当時JAZZ喫茶が持てはやされ、何しろJAZZが好きで豪華なオーディオで
いい音を楽しむため、JAZZ喫茶にはよく足を運んだものです。
それも必ずJBLとMclntosh でなければ満足できなかったのです。

薄暗く照明を落とした空間の中にJAZZが流れ、その合間に見て取れるのが、あの青い光を放つブルーアイズのMclntoshアンプでした。
漆黒のパネルにブルーアイズとグリーンの仄かな光が、思わず虜にさせるようで「世界で一番美しいアンプだ!」と言わしめ、オーディオの境地へと誘ってくれたのです。

カリフォルニアの空のように乾いたJBLの音、夜間空港の情景の美しさに似た
Mclntoshのブルーアイズとグリーン、それはまた気分を爽快にさせてくれるものでした。

オーディオとJAZZに魅了されて、永遠に所有する喜びを感じるものです。


RANZAN
投稿日時: 2008/9/10 18:12
長老
登録日: 2008/2/16
居住地:
投稿: 2458
Re: オーディオの夢、何処までも!
皆さん こんばんは。

前述しましたように、”オーディオとジャズ”に魅せられてからはその熱いジャズを
聴くには、JBLとMclntoshでなければ満足のできないものとなっています。

皆さんの中にも聴かれる音楽ジャンルは違うかもしれませんが、
オーディオ愛機での深い思い入れ等で、何か熱く語れることはないでしょうか。

RANZAN
投稿日時: 2008/9/22 10:26
長老
登録日: 2008/2/16
居住地:
投稿: 2458
Re: オーディオの夢、何処までも!
管理人Kさん Aさん 皆さん こんにちは。

最近は夜ともなれば虫の音と共に秋風が爽やかに感じられるようです。
そのことからも“オーディオと音楽”には、絶好のシーズンに一歩一歩近づいて
いるようです。
そのことによって「オーディオの夢、何処までも!」と、その意気込みが一層高まるのです。

今のオーディオシステムの音質は、SACDプレーヤー、プリアンプでのアコリバチューンUPの偉大なる成果によって、とにかくこの重厚で濃密なサウンドがたまらなく快感なのです。
ピアノ・トリオを聴けば、その音質はCDの録音の良さも手伝って、ピアノの音の立ち上がりの速さと、鋭い音の切れ味が心地よく太い響きを導き出し、ジャズ・ベースはいままでの低域感より、より引き締まった気持ちのいい押し出し感を前面に放ってくるのです。
(チューンUP直後引き締まった感触を抱いたのですが、現在少し低域は出過ぎの感です)

ドラムスもその弾け飛ぶようなシンバル&スネアは、まさに繊細感、透明感を遥かに通り越し今まで体験した中でも一番であろうという響きには驚くのです。
その抜きん出た見事な音質の再現性を聴かせてくれたのには感心しきりの毎日で、「これは何時までも聴いていたい素晴らしい音だ!」と、聴き入ってしまうのです。
この高音質を何時までも保ち、そのことでいい音に出会えるのであれば、「オーディオは何でも試してやろう!」という前向きな姿勢を何時までも持ち続けたいと思うのです。

『このチューンUPがなければ現在の素晴らしい音との“遭遇”に巡りあえていなかったかも知れない』 と、強く感じるのです。

RANZAN
投稿日時: 2008/11/17 22:46
長老
登録日: 2008/2/16
居住地:
投稿: 2458
Re: オーディオの夢、何処までも!
皆さん 今晩は!

アコリバチューンUPによって、オーディオに魅せられる毎日です。

SACDプレーヤー及びプリーアンプをチューンUPして、3ケ月が経過しようと
しています。
その後のエージング効果によって、ますます進化の程が分かるようです。
優美なピアノの音は鮮明度が増し、分解能もよく密度があり切れも味も抜群
なのです。
特にドラムスでのブラッシュ・ワークのコントラストと透明感が非常に高くなり、
まるでブラシの本数までもが見えてくるような、その音像の線をしっかりと
描ききっている感じが、今までにない素晴らしい再現性なのです。
またベースの弾むような躍動感と最低域の力感にも、断然優れた特色を備えて
いることがよく判断できるのです。

それは日に日に我がオーディオ心を擽り続けるのです。
このチューンUPの音質効果に気をよくして、最終的にパワーアンプにも実施
したいと、意気込んでいるところです。

更なるエージングで音質アップを期待できることが、楽しみでならないのです。

まさに “オーディオの夢、 何処までも!” の心境です。

Plain
投稿日時: 2008/12/14 23:58
長老
登録日: 2008/11/7
居住地:
投稿: 153
Re: オーディオの夢、何処までも!
皆様こんばんは。
めっきり冬になりましたが、体調等は大丈夫でしょうか?

さて、先日のことですが我がシステムの音を確認に、二名のお客様が遠いところお越しいただきました。

人に聞いてもらうのは久々なので、ちと緊張しました

いやぁ、やはり人様に聞いてもらい意見を頂戴するのは非常に参考になりますね
一人では気づかなかった事に気づかせていただく絶好の機会ですね。
とりあえず今後の課題として
1 高さ方向の表現が足らない
2 スピーカーの存在を消す

どっちも非常に難題です(--;)

これを乗り越えるのもオーディオの楽しみ
がんばって精進しようと改めて思いました
Yossy
投稿日時: 2008/12/15 9:47
長老
登録日: 2008/3/7
居住地:
投稿: 402
お邪魔しました。
おはようございます、Yossyです。
2名の内の一人でございました(^^;

大変楽しい時間を過ごさせていただきありがとうございました。
難題、意外とあっさり解決したりします(笑
またお会いできる時を楽しみにしております
(1) 2 3 4 ... 8 »
| 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 

新しい登録ユーザ

ARATA 2020/6/26
ぬん 2020/6/22
bon 2020/6/22
Audio-ence 2020/6/12
青い空 2020/6/11
hashiyasume 2020/6/9
tomochin 2020/6/8
pommedamour0615 2020/6/8
koko 2020/6/2
t.m 2020/6/2

ログイン


ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

オンライン状況

25 人のユーザが現在オンラインです。 (20 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 25

もっと...