掲示板トップページ
メイン
   [00-01]ACOUSTIC REVIVE全般
     Carot One チューンUP
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
lagrima
投稿日時: 2020/5/14 11:55
新米
登録日: 2020/1/14
居住地:
投稿: 19
Carot One チューンUP

 Carot One ERNESTOLO 50k LIMITED チューンUP内容:
 完全分解による
 ・内部のコンデンサーヘのアンテナキャンセル処理
 ・内部配線への帯電防止処理
 ・各所の制振対策
 ・各接点の導通向上処理
 ・真空管脚への導通向上処理と真空管消磁
 ・その他
 ・特注3.5TRSリアリティエンハンサー
  (正面3.5PHONES用)
 を、処理して貰いました。


 到着後、
 脚(QR-8 4個)・天板(QR-8 1個)
 正面3.5RAC IN(QR-8 1個)
 に貼付けました。

 当初は、ヒッコリーキューブの上にQR-8を貼付け
 脚にと思っていましたが設置したらバランスが悪く
 安定しなくやむなくQR-8のみにしました。
 その後日、ケーブルインシュレーター RCI-3Hで、RACケーブル
 を浮かせて無事、ヒッコリーキューブ+QR-8の3点
 脚にできました。








ノーマルのサウンドにもビックリしましたがチューンUP後、ノイズが減少しよりクリアで明解、音全域がパワフルになり・・・同じCarotOne!!!

特注3.5TRSリアリティエンハンサーの導入により音の角が取れ、艶のある大人なサウンドで有りながらW76×H75×D150mmの手のひらサイズの真空管プリメインアンプからこれでもかというほどのパワー溢れるサウンドを聴かせてくれます。
ELAC BS312 Jubileeとの相性が抜群に良いです!
まさに小さな巨人なシステムです!
大満足です。

今回、LUXMAN EQ-500の左ch不調の為メンテナンス中で
まだレコードの試聴が出来てないのが残念です。

最終的には、LUXMAN EQ-500と組み合わせて日常用(サブ)の全段真空管のレコード試聴システムにしたいと思っています。

管理人Kさん 
今回も有難うございした。
また、よろしくお願いします。







試聴機材
ELAC BS312 Jubilee & JBL L100 Classic
SPC-TripleC
AS-55 2台(アンプ3台スピーカー2台のセレクター)
SPC-TripleC
Carot One ERNESTOLO 50k LIMITEDチューンUP
RCA-1.0TripleC-FM 1.4x1.8mm
ESOTERIC K-07Xs
(COX-1.0TripleC-FM-BNC 1.4x1.8mm + TEAC CG-10M)
USB-1.0PL-TripleC
ノートPC(SSD 2TB / Roon)
POWER STANDARD TripleC-FM-MG + ACアダプター

使用アクセサリー
K-07Xs デジタルIN リアリティエンハンサー RES-RCA
K-07Xs デジタルOUT リアリティエンハンサー RET-RCA
CarotOne用特注3.5TRSリアリティエンハンサー
CarotOne用ACアダプター部ケーブルインシュレーター RCI-3H (2個)
PC用LANターミネーター RLT-1
PC用USBターミネーター RUT-1
PC用クォーツアンダーボード TB-38H
PC用ACアダプター部ケーブルケーブルインシュレーター RCI-3H (2個)
QR-8 各機材の内外部 (計29個)

[10-02]リアリティエンハンサー 入力端子用:RES-RCA・RES-\XLR 出力端子用: RET-RCA・RET-XLR へ
”特注 3.5TRSリアリティエンハンサー”にて投稿しています。


管理人K
投稿日時: 2020/6/10 19:00
管理人
登録日: 2007/12/10
居住地:
投稿: 1831
Re: Carot One チューンUP
lagrimaさん、皆様こんばんは。

Carot OneのチューンUPおよび3.5TRSヘッドフォン端子用のリアリティエンハンサーご購入誠にありがとうございました。

Carot Oneは前モデルからその小さな筐体からは想像出来ないスケールの大きな音質が魅力のアンプですが最新版は更にクオリティが向上していますね。

ACOUSTIC REVIVEのチューンUPは機材内部のノイズ対策、制振対策、導通向上処理などを行うことで機材の持ち味や魅力はそのままに本質的なクオリティを向上させることが可能です。

これらの機器の対策はメーカーとしてのノウハウが無く、またあったとしてもコストの関係で出来ないのですが、その効果は正に絶大で何倍何十倍のグレードの機器に買い換えた以上のクオリティUPが実現します。

3.5TRSヘッドフォン端子のリアリティエンハンサーは今回弊社としても初の試みでしたが、やはり大きな効果を発揮したようで何よりでございます。
空き端子への対策は必須という事が証明されましたね。

オーディオ機器は最新型が最高という事はありません。
場合によっては旧モデルの方がクオリティが高かったということも多々ございます。
またオーディオは使いこなしによって廉価版の機材が上級機のクオリティを凌駕してしまうことも珍しくありません。

機器の買い換えを考える前に一度ACOUSTIC REVIVEのケーブルやアクセサリー、チューンUPを御検討頂けましたら幸いです。
スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 

新しい登録ユーザ

カルボナーラ 2020/11/20
こまつ 2020/11/4
yukioto 2020/11/2
わたなべゆう 2020/10/26
usbl 2020/10/20
den 2020/10/20
ハム-chan 2020/10/14
peper3 2020/10/13
つじもー 2020/10/12
katsupacino 2020/10/7

ログイン


ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

オンライン状況

28 人のユーザが現在オンラインです。 (18 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 28

もっと...