エアフローティングボード

RAF-48H

空気で究極の振動抑制効果を実現!ボードとキャビネットに高音質素材のヒッコリーを採用しました。

  • 本体寸法:

    486W×436D×約55H(mm) (空気充鎮時・端子含まず)

  • 天板寸法:

    447W×397D×20H(mm)

  • 重量:

    約5.5kg

  • 対加重:

    最大60kg

  • 価格:

    120,000円(税別)
    空気入れ付属 (ポンプの色は黒・白いずれかが付属)

  • SHARE:

究極の振動遮断特性 エアフローティングボードを安価に実現

空気でオーディオ機器をフローティングすることで、究極の振動遮断特性を実現したエアーフローティングボード RAF-48。2010年オーディオ銘機賞アクセサリー部門TOP賞に輝いたRAF-48が、天然素材をヒッコリーに変えてRAF-48Hに進化しました。天板をバーチ合板からヒッコリーに変えた事で、より低重心で躍動感に溢れた生々音質に向上しました。RAF-48Hは電子顕微鏡台などで使用されているエアーフローティング構造をリーズナブルな価格で実現。空気はバネやゴムなどあらゆる制振材と比べても、圧倒的に振動遮断特性が優れています。RAF-48Hにオーディオ機器を設置すれば、設置面からの振動をほぼ完璧に取り除くことができます。その結果、一般的な構造のボードとは比較にならないほどS/Nが高まります。ヒッコリーボードとの相乗効果で歪みや付帯音が減少し、透明度や音質の向上、また、位相特性まで改善されるため、サウンドステージが広く・深く・高さまで再現される立体感豊かな 音場再生が実現できます。

耐加重は最大60kg。空気補充も簡単

空気の補充は機材を乗せたまま、RAF-48H全面の空気注入口から付属の空気入れで簡単におこなえます。どのエアフローティングボードも毎回の空気補充が必要で、その多くはコンプレッサーなど大掛かりな装置が必要でしたが、RAF-48Hは付属の小型空気入れで簡単に補充できます。

天板、キャビネットには高音質素材を採用

エアーフローティングやマグネットフローティングなどで外的な振動を遮断しても、オーディオ機器が接する部分の素材は必ず再生音に影響します。これはCDプレーヤーやアナログプレーヤー等のモーターの振動、あるいはアンプ内を流れる電流に起因する振動が、天板から機材に戻る事で発生するものです。ガラスやアクリル板、安価な合板などを使ったボードが、低域が痩せた軽い音になってしまうのはこのためです。

RAF-48Hでは天板とキャビネットに音響的に優れたヒッコリーを採用。有機的で生々しく、低域が強靭で雄大な音質を実現しました。

ラップ内にも入るコンパクトサイズ

RAF-48Hは非常にコンパクトな寸法に仕上げておりますので、これまでのエアーフローティングボードやマグネットフローティングボードのようにラック最上段に置いた機器だけでなく、棚板間に設置した機材にも使用が可能です。これにより全てのオーディオ機器にRAF-48Hを使用する事が可能になりました。全ての機器をエアーフローティングすることで、これまで経験した事のない優れたS/N比を達成、圧倒的な情報量の立体音響が再現されます。

クォーツアンダーボード

RST-38H

天然水晶粒子が振動を強力に減衰。有機的で生々しい音色を実現します。

  • 本体寸法:

    482W×382D×約38H(mm)

  • 天板寸法:

    432W×332D×20H(mm)

  • 重量:

    5.9kg

  • 対加重:

    最大200kg

  • 価格:

    64,000円(1枚/税別)
    2枚同時ご購入の場合 120,000(2枚/税別)

  • SHARE:

2013 オーディオアクセサリー銘機賞、アメリカ「Positive Feedback誌」Writers’ Choice Award、オーディオ銘機賞 アクセサリー部門など

スピーカーの理想的な振動処理を実現

アンダーボードとしての理想的構造はスピーカーから発生した振動をいかに床に伝えず、また逆行振動を発生させないことです。ボード内部にどのような制振素材、構造をとったとしても振動はボード表面を伝わって共振させてしまいます。また、床の共振はボードからスピーカーへと逆行し、スピーカーの再生音を著しく汚してしまいます。

RST-38Hは天然水晶粒子充填材の上にトップボードが載るフローティング構造をとっているため、スピーカーから発生した振動はオード表面を伝わることなく、トップボードから天然水晶粒子充填材へと伝わり、天然水晶粒子が振動を熱エネルギーへと変換することにより素早く吸収、消滅させます。

当然、床へ伝わる振動もほとんどなくなるため、逆行振動による影響もなくなり再生音は非常にクリアなものとなります。

音質向上のために贅を尽くした天然素材を採用

RST-38Hはトップボードに音響的に優れた最高級20mm厚ヒッコリー製合板、振動を熱変換し消滅させる充填材には天然水晶粒子を採用し、有機的で滑らかで生々しい音色と質感を実現しました。塩ビシート貼りや御影石、ガラスなどを使用したボードでは絶対に実現不可能な生に近い音色と質感をご堪能下さい。

驚異的なコストパフォーマンスを実現!

RST-38Hはユーザー様がご自身で組み立てるキット方式を採用する事により、天然水晶粒子を大量の充填材に使いながら¥4万円台という驚異的なコストパフォーマンスを実現しました。

最大耐加重は200kg!

RST-38Hは一種のフローティング構造ですが、質感的には完全に強固なリジッドです。最大で200kgの耐加重がありますので、100kg以上のスピーカーやアンプなどを乗せても全くぐらつく事なく強固に支える事が可能です。それでいて振動抑制効果は他の追従を許しません。

オーディオ機器にも絶大な効果!

RST-38Hの構造は外部からの振動抑制効果も非常に強力ですので、スピーカーだけでなくアンプやCDプレーヤー、アナログプレーヤーなどにも絶大な効果を発揮します。S/N比に優れた透明な音場、解像度が高く立ち上がりは早いのに滑らかで柔らかく暖かい音色と質感という相反する要素を両立する唯一のアンダーボードの登場です。

電源タップ用クォーツアンダーボード

TB-38H

小型機器やパソコンなどのオーディオ機器にも絶大な効果を発揮します。

  • 本体寸法:

    348W×218D×約47H(mm)

  • 天板寸法:

    298W×168D×20H(mm)

  • 重量:

    約2.5kg

  • 対加重:

    最大200kg

  • 価格:

    50,000円(税別)(電源タップ・小型機器用)

  • SHARE:

2013 オーディオアクセサリー銘機賞、アメリカ「Positive Feedback誌」Writers’ Choice Award、アメリカ「Stereo Times誌」Most Wanted Components 2009 Award 受賞(もっとも欲しいコンポーネント賞)など

電源BOX用アンダーボードTB-38が天板素材をヒッコリーに変えて新登場!

天板をこれまでのバーチ合板からヒッコリーに変えた事で、より低重心で躍動感に溢れた生々しい質感と音色に向上しました。床や絨毯の上に直接置かれている電源BOXや電源生成装置、ノイズカットトランス等は、スピーカーからの振動を受けて音質が著しく劣化しています。TB-38Hを電源タップや電源BOX、電源生成装置やノイズカットトランスの下に敷くだけで、スピーカーからの振動をカットし大幅に音質が向上します。その効果は、アンプやCDプレーヤーなどにアンダーボードを使用したよりも遥かに大きなものがあります。

優れた振動抑制構造

TB-38Hは天然水晶粒子充填材の上にヒッコリーのトップボードを乗せる構造になっています。その結果、外部からの振動を天然水晶粒子が熱変換して効果的に消滅させるため、振動がボード上の機器に伝わらず、劇的に透明で躍動感に溢れた音質へ向上します。その天然水晶粒子は、共振周波数が可聴帯域の遥か彼方にあるため、熱変換時に固有音を発生させません。

小型オーディオ機器にも絶大な効果!

TB-38Hは電源タップや電源装置以外にも、ヘッドフォンアンプやフォノイコライザーアンプ、昇圧トランス、デジタルアンプなど小型のオーディオ機器にも絶大な効果を発揮します。また、AVラック上などに置かれている小型スピーカーに使用しますとスピーカー自体の音質向上だけでなく、ラックに設置された他のオーディオ機器やAV機器にもスピーカーからの振動が伝わりにくくなるため、非常に大きな音質改善効果があります。

ヒッコリーボード

RHB-20

音質向上効果のあるヒッコリーを採用。有機的で躍動感に溢れる再生を可能に。

  • 本体寸法:

    470W×385D×約20H(mm)

  • 重量:

    約2.7kg

  • 対加重:

    最大200kg

  • 価格:

    24,000円(税別)

  • SHARE:

2012 オーディオアクセサリー銘機賞 オーディオボード部門 金賞、SUMMER ビジュアルグランプリなど

躍動感と生々しさに溢れた再生を可能に

ドラムのスティックなどに使用されているヒッコリー。このように強靭な反発力を持つヒッコリーは、音色に癖がなく、帯域バランスもフラット、有機的で躍動感に溢れた特性をもつ希少木材です。そのヒッコリーを使った薄型アンダーボードがRHB-20です。 RHB-20は音質的に副作用がないことが特徴で、低域が深く沈み込み、躍動感と生々しさに溢れた再生を可能にします。厚みを20mmとしたことで市販のラックの棚板間にも容易に設置でき、ラックの癖を排除する効果があります。また、他のボードやインシュレーターとの併用も可能で、それらが持つ癖を緩和して、ヒッコリー固有の、帯域バランスに優れ、開放感にあふれた再生音が期待で来ます。