ACOUSTIC REVIVE CLASSIC     

世界的演奏家の演奏を良質な音響空間にて収録し、演奏と音質を高次元に融合させた
最高峰のハイレゾ音源を提供するクラシック専門レーベル「ACOUSTIC REVIVE」設立

AR-1004-12

SHUNSUKE SATO| J.S.Bach : Sonatas and Partitas for solo violin
AR-1004A・AR-1004B/CD/2018年11月3日/4,500円(税込)

1

SHIZUKO NOIRI | aure nove
AR-1001/UHQCD/2017年11月15日/3,000円(税込)

2

HUKUHARA AKIMI|Brahms: Klavierstucke
AR-1002/UHQCD/2017年11月15日/3,000円(税込)

3

HUKUHARA AKIMI|Brahms: Klavierstucke
AR-1003/UHQCD/2017年11月15日/3,000円(税込)

distributed by diskUNION

ACOUSTIC REVIVEではこれまで新垣隆と小池ストリングスのDSD11.2Mhzのシューベルトの鱒などをリリースしてきましたが、この度、世界的演奏家の演奏をトーンマイスターと組み、海外の良質な音響空間にて収録し、演奏と音質を高次元に融合させた最高峰のハイレゾ音源を提供するクラシック専門レーベルとして正式に発足しました。
録音にはACOUSTIC REVIVEのケーブル、アクセサリーがフルに使用され、電源ケーブルや電源BOX、ラインケーブルはもちろん、マイクケーブルまでも全てACOUSTICREVIVEの高級ケーブルが使用され、これまでにない超高音質を実現しています。

第1弾 野入志津子

aure nove (薫る風)

品番 : AR-1001
フォーマット : UHQCD
価格 : 3,000円(税込)
発売日 : 2017年11月15日

レーベル第一弾となるアルバム 「aure nove」は、世界的リュート奏者である野入志津子をオランダ・ハーレムの教会にて24bit/96khzで録音したもの。天井の高い教会の空間へ浸透するアーチリュートの極上の響きが味わえる。

【PERSONNEL】
野入志津子

録音: 濱瀬祥

録音場所:オランダ

以下のサイトで予約受付中
    

以下のサイトで予約受付中
    

第2弾 パトリック・デネッカー

HANDEL RECORDER SONATAS

品番 : AR-1002
フォーマット : UHQCD
価格 : 3,000円(税込)
発売日 : 2017年11月15日

レーベル第二弾はフランス・ブリュッへンの後継者であるリコーダー奏者パトリック・デネッカーによるヘンデルのリコーダー・ソナタ集に、ヘンデルと同時代に活動したイタリア出身の作曲家・ヴァイオリニスト、ニコラ・マッテイス(1670頃-1713以降)の「エア集」をカップリング。ベルギーの教会で24bit/96khzで録音され、暖かく有機的な響きの融合が楽しめる。デネッカーと永らくタッグを組むチェンバロ奏者グイ・ペンソンと、世界的ガンバ奏者である上村かおりを迎えたグループ「RedHerring baroque ensemble」の名がクレジットされている。

【PERSONNEL】
パトリック・デネッカー(リコーダー)
上村かおり (ヴィオラ・ダ・ガンバ)
グイ・ペンソン(チェンバロ)

録音: 濱瀬祥

録音場所: ベルギー

第3弾 福原彰美

ブラームス: ピアノ小品集

品番 : AR-1003
フォーマット : UHQCD
価格 : 3,000円(税込)
発売日 : 2017年11月15日

レーベル第三弾はチェロの女王クリスティーヌ・ワレフスカとの共演で一躍、世界的に注目を集めているピアニスト福原彰美のブラームス ピアノ小品集。こちらは相模湖交流センターホールにて鈴木智雄氏のDSD11.2Mhz録音で行われ、ピアノはベヒシュタインが使用された。ベヒシュタインの艶やかな響きと福原彰美のダイナミック且つ繊細な奏法がDSD11.2Mhzにて鮮やかに蘇る。

【PERSONNEL】
福原彰美 (ピアノ)
使用ピアノ:C.Bechstein

録音: 鈴木智雄 / 鈴木事務所
マスタリング: 吉川昭仁

会場: 神奈川県立相模湖交流センター(神奈川県相模原市)

以下のサイトで予約受付中
    

第4弾 佐藤俊介

J.S.Bach : Sonatas and Partitas
for solo violin

品番 : AR-1004A/AR-1004B
フォーマット : CD
価格 : 4,500円(税込)
発売日 : 2018年11月3日

レーベル第四弾となるアルバムは、オランダバッハ協会の第六代音楽監督に就任した、佐藤俊介のバッハ無伴奏をオランダ・ハーレルム教会にて24bit/96khzにて録音したもの。エンジニアは第一弾、第二弾においても録音を務めた、トーンマイスターの濱瀬祥。初の2枚組となる本作は、ハーレルム教会の極上の音響空間に漂うバロックヴァイオリンの繊細かつ鮮烈な響きを克明に収録したバッハ無伴奏至上最高峰の録音と言える仕上がりとなっている。

【PERSONNEL】
佐藤俊介 (ヴァイオリン)

録音: 濱瀬祥

録音場所: オランダ